第4話 魔王インタビュー

 異世界のトイレから――

 今回は、魔王と一緒に連れションです。



 ♪チャラッチャッチャッチャチャーララー



  ――――――――――――――――


      提     供


     カ  ク  ヨ  ム


  ――――――――――――――――



    ♪チャーラー ラー







 さて、魔王の尿は臭いとのことでしたが、真っ黒なことも含めて何か秘密があるのでしょうか。せっかくの機会なので、そこのところをうかがいたいと思います。魔王にインタビューだなんて普段は恐ろしくてできないでしょうが、そこはトイレに不思議な魔力があるのでしょうか。何となく話せそうな気がしますね。



 ――魔王さん、なぜおしっこが黒いのでしょうか?


「ほう、余のことに興味があると申すか。人間のくせにたいした心がけではないか。いいだろう、余の尿の秘密を教えてやろうではないか」


 ――本当ですか? ぜひお願いします!



  BGM ♪♪魔王



「実はな、余は毎日イカスミを飲んでおるのだ。1リットルな」


 ――イカスミを? 1リットルもですか?


「ああ。絶対に真似するでないぞ。まずいからな」


 ――まずい……味は想像通りですか。陰で苦労なさっているんですね。


「貴様……、話がわかる人間だな! そう、余は魔王らしさを維持するために、とてつもない労力を払っているのだ。イカスミを飲んで体の内側を黒くするとともに、日焼けサロンの機械で日夜日焼けをしておる。実は本来、余の肌は恥ずかしいことに真っ白けなのだ。魔王というのは魔王の間から出られぬからな。普段は引きこもっているのと何ら変わらぬ」


 ――散歩もできない生活なのですか?


「その間に冒険者が来てしまったら、申し訳がないだろう。魔王がでかけていたとわかったら、そやつの冒険が台無しになってしまうことこの上ないからな。今まで何のためにレベルを上げてきたのか、その努力が無に帰してしまうのは、余としても喜ばしいことではない」


 ――優しいんですね。


「な、何を言っておるのだ! 余は魔王なのだぞ!!」





 魔王はおしっこを続けながらも照れているようです。


 先に小便が終わった私は、いちもつをズボンの中にしまうと、手を洗った後で魔王にふたたび質問をすることにしました。




 ――私もその冒険者のひとりですが、殺そうとは思わないのですか?


「貴様は礼儀正しい冒険者だ。戦う意味がない」


 ――礼儀正しい? 普通だと思いますが……?


「冒険者は全員クズだ。あやつらは魔王城にトイレがあるとは思わないのか、廊下だろうと客間だろうと構わず用を足していく。まるで野蛮人そのものだ。この前なんか空っぽの宝箱を回収していたら、小便だけでなく大便まで入っていたのだぞ! せっかく宝を用意してやったというのに、この仕打ちは何だ!」


 ――それはそれは……。確かに冒険者はみんな、魔王城にトイレがあるだなんて思ってもないでしょうね。すみません、人間を代表して謝らせて下さい。


「よい。貴様が悪いわけではないからな。むしろ貴様は、こうしてきちんとトイレで用を足してくれている。しかも余の部下と同じように綺麗に使ってくれて、余は感激しておるぞ。……人間の中にも、貴様のようなやつがおるのだな」


 ――そんな、大げさですって。


「もっと早く、貴様のようなやつに逢いたかった。そうすれば、魔物と人間の戦争など起きなかったかもしれぬというのに……」




 まさか、トイレからこんな話にまで発展するだなんて。

 トイレに隠れた闇は、以外と深いようですね。


 深いと言っても、ボットンではなく水洗式ですが……。




 あ、魔王さんが笑ってくれてる。

 こんなくだらないジョークなのに。


 本当に優しいんですね……、魔王さん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー