ゾンビが大量発生中だけど、三尾森美緒は狙われない

作者 ゴッドさん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全15話

更新

  1. 第1話 ゾンビが大量発生した世界で一人生き残った三尾森さんの食生活はカップラーメンが中心となっており、そろそろ自分で料理を作ろうと思うがなかなか手がつかないという悠々自適スタイルマイバッグ戦闘
  2. 第2話 一人ぼっちの生活の寂しさを紛らわすためペットを飼うことを考えたが、ペットOKな物件だったのか気になってきたようで飛び出すフライングネットレビューの恐ろしさに反応したのか防犯ブザーも鳴る始末
  3. 第3話 三尾森さんは最近まで猫派だったが、犬もいいものだな、と思い始めた今日この頃(やっとゾンビ以外のクリーチャーの登場だよ、とは言いつつも振りきり落としスタイリッシュ白目)
  4. 第4話 無垢で健気そうな純白清楚天使少女がペットショップで「あの子を飼いたい」と指差すものは子犬じゃなくて、その体表にいる巨大ノミかもしれない可能性が微レ存
  5. 第5話 ミオチャン、キョウハナニシテアソブノ? オニゴッコハミオチャンノホウガハシレルカラ、ボクガフリダヨ・・・・・・と嘆く静かな朝にも届くシャイニング・ホーリー・ソードはひんやりコンクリ
  6. 第6話 遠くへの移動手段として自動車の運転方法を学んでおいた方が良いかもしれないと感じても既に後の祭りだった三尾森’sLife
  7. 第7話 デス・パラダイス・オブ・ホームセンター・アンド・ウォッチング・フロム・セイリング・アンド・デンジャラス・サイクリング・ガール
  8. 第8話 吸血虫の殺意(血飛沫と露出する臓物と砕かれる骨のグロテスク&暴力&ぐちゃぐちゃ&ちゅるちゅる&うねうね回はついに訪れてしまったのだ、と憂うサッカー選手は心臓を蹴り飛ばして)
  9. 第9話 世界の混沌と終焉の中で人々が願うのは平穏と奇跡と彼女を導く人材(特に人材が重要になってくる)しかしそこに立ち塞がる無気力という名の怪物集団
  10. 第10話 現れた男が運ぶのは驚愕の真実と自給自足へのお誘いだったけど、彼女の意識は異次元の最果てに旅をする探査船スーパーロケット三尾森号(凍りついた部屋の空気搭載型汎用無表情兵器)
  11. 第11話 死神たちとコンクリートの部屋(番外編だよ、これまで出てきたクリーチャー全員集合して目標に向かい、ホップステップ噛み砕く、なんてこれまで以上になんて惨いことなんてどうだろうかなんて?)
  12. 第12話 狙われない人間たちのカレーライス教室(1+1=???)、そして深夜の男女による熱中と、誘惑にも負けず必死に耐える現代に生息する草食系男子を見よ
  13. 第13話 目と目が合っても恋に発展する確率はほとんどゼロに近い状況でもこの世界を生き抜く僕らはきっと常識崩壊してると言われても、その常識とは何処にあるのやらと穴を覗く
  14. 最終話 明日も見えないまま希望も見出せない、むしろ不安の方が大きいけれど、失敗を恐れずそこに向かって歩き出して行く旅立ちの僕らへの祝福には適度な量のお酒を乾杯サバイバル起床
  15. エピローグ こうした世界になるちょっとした要因の一部分を貴方に伝えようとしたけれども全ては闇に葬られ誰の目にも留まらぬまま永久に消えた真実など誰が掘り起こしたり信じたりするものか