ゾンビが大量発生中だけど、三尾森美緒は狙われない

作者 ゴッドさん

46

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

謎のウィルスにより死体がゾンビとなり、生き残った人類と戦う物語。私はそう信じて拝読いたしました。タイトルと概要をほとんど、いえ、正直に申せばほぼすっ飛ばして第一話に目を通しました。
確かにゾンビと戦うシーンは、見事に表現されております。
でも、ちょっと待って。え〜っと、主人公の三尾森さん? 普通ゾンビ物とくれば、敢然と立ち向かうのではありませんか?
主人公であれば。

ここで改めて、タイトルと概要を凝視いたしました。
お読みになろうとレビューをご覧のおかたに、ご忠告申し上げます。しっかりと、まずタイトルと概要を頭に入れてからお読みください。

それでは面白くなかったの?
そう訊かれたならば、こう申し上げます。
つまらなければ、レビューは書きません。自信を持ってお奨めいたします。親指をグイッと立てながら!

★★★ Excellent!!!

すごいわ三尾森さん!
この凄まじい世界でのんびり過ごすなんて、シュールすぎるじゃないですかー!!

しかも後半は他の人たち巻き込んで、いろいろやっちゃうものだから、怖くて仕方がありません。
でも目が離せない面白さがあります!

ラストは綺麗に終わっててすごくよかったです。ぜひ三尾森さんの日常を楽しんでください!

★★★ Excellent!!!

ゾンビに狙われないサバイバル生活。
これだけ聞けばちょっと斬新な軽いサバイバルものという雰囲気だが、この小説はひと味違う。
三尾森さんなる主人公の天然(?)ぶりがそこはかとない恐怖を醸しているのである。
生存者が目の前で死んでもなんのその、不気味な生き物をペットとしてかわいがり、いつものん気にマイペース。怖いわ、この子怖いわ。

そんな三尾森さんの生活にも10話にしてついに危機が?
どうなる三尾森さん。そして、マックスはまた出て来るのだろうか。