アクセス数

エピソードごとの累計PV数

其の一 青春幕開――、女子高生なのにタピオカを知らないと、恥をかく可能性があるので気を付けた方がいい
14
343
PV
其の二 想い芽吹き――、一輪の黒百合が揺れて、晴天の青空にたい焼きが漂って
8
202
PV
其の三 三度の起立――、人の恋路ほど甘い果実もないものだ
9
136
PV
其の四 桃色推理――、いつの時代も情報弱者は肩身が狭いわけであって
10
109
PV
其の五 無邪気罪――、たい焼きを食べ過ぎると、お尻から茶色い尻尾が生えてくるらしい
10
104
PV
其の六 沸点越え――、「熱っぽいな」と思ったら、体温を測る前に想い人に連絡するといい
9
87
PV
其の七 小悪魔子猫――、泣く子と地頭と幼馴染とはいくらやりあっても勝てないらしい
10
97
PV
其の八 心憂吐息――、タメ息を吐くと幸せが逃げるというが、タメ息をやめたら幸せになれるわけでもない
9
111
PV
其の九 恋慕炸裂――、巨乳は時として、そのままの意味で武器になる……、かもしれない
8
104
PV
其の十 亜麻色想い――、夏虫の鳴き声が、時計の針を再び動かして
8
71
PV
其の十一 思慕暴走――、コップいっぱいの恋は、例え溢れていても注ぐ手を止めることができない
7
60
PV
其の十二 解呪師募集――、恋の病にかかったとしても、薬局でロキソニンは処方されないらしい
7
66
PV
其の十三 奇天烈夜行――、「生まれた時代を間違えた」と悲観する必要はない、百年前に生まれたとしてもたぶん同じことを言っている
6
60
PV
其の十四 炭酸飲料――、青春をあますことなく謳歌したところで、ビタミンを体内で生成することはできない
6
46
PV
其の十五 不可解奇怪――、乙女の秘密は、大文字英数合わせて八ケタくらいのパスワードでロックした方がいい
6
60
PV
其の十六 宵闇夢夜――、リアリティは、想像していたより何倍もくっきりとした輪郭で形どられている
6
51
PV
其の十七 三色乙女――、「今でしょっ!?」……、今、らしい
5
49
PV
其の十八 魔窟突入――、「ウソ吐き」に向けてウソを吐いたところで、およそ生産性のある会話は産まれない
5
43
PV
其の十九 百億里眼――、攻略本がないとクリアできないRPGなんて、やらない方がいい
5
40
PV
其の二十 夕焼け焦がれ――、想いが橙色に染まり、記憶の声が彼の襟首を掴んで
5
45
PV
其の二十一 群青音色――、恋の駆け引きとはよく言うが、楽しんでいる余裕があるあなたは青春の景色を忘れている
5
48
PV
其の二十二 浮き足差し足――、空中をスキップしている友人を見かけたら、全力で止めに入ったほうがいい
5
38
PV
其の二十三 偶然唖然――、人の運命は、大概が突然の邂逅によって定められる。意識しなくても人生は勝手に回れ右をする
5
36
PV
其の二十四 現在過去系――、どんなに悲願しても過去には戻れないし、どんなに懇願しても今は勝手に過ぎゆく
5
41
PV
其の二十五 七色乙女――、和娘がくるりと舞えば、手放しで誉めるのが相場というもので
5
36
PV
其の二十六 射的大敵――、運命の弾丸は魔法の玉と化し、聖騎士が石畳の地面にコロリと転がる
5
43
PV
其の二十七 光が咲いて――、疑問符は人の足かせとなり、リアルは物陰に鳴りを潜める
5
38
PV
其の二十八 解夏吹雪く――、うだるような暑さは、しかし曇天模様など露知らず
5
43
PV
其の二十九 青春輪廻――、人の気持ちなんて、しょせん人の気持ちでしか動かせない
5
39
PV
其の三十 寂寞余韻――、突然は、突然でしかなくて、ハッとなった瞬間、それはもう突然とは呼べない
5
35
PV
其の三十一 夏風ヒラリ――、水陸両用の戦車は、而して抱き寄せてみると驚くほど柔らかい
5
42
PV
其の三十二 色恋暴挙――、恋は盲目とはよく言うが、猪突猛進を止める勇気なんて誰にもなかったりする
6
49
PV
其の三十三 初恋上等――、タイトルに巨乳という字が入ってるラブコメなんて、およそ〇〇なのは明らかだったわけで
6
161
PV
閉幕――、ハルカゼが夏に舞って、冬のアジサイが芽吹いた
7
76
PV