ロマンスは移ろいゆく時代とともに

作者 藤屋順一