第12話「真実の、その先へ」

 リンに連れられるまま、アレヴィは人けのない方へと歩かされる。渋谷の繁華街も少し遠ざかれば、いわゆる町中の死角が点在していた。確か、平成の時代前後を契機に、日本でも本格的に道路上の防犯カメラが増えたはずだ。

 それを知っているのか、リンは終始緊張感をにじませていた。終始視線を振りまきながら、見えない何かに怯えるように警戒心を尖らせる。アレヴィが聞いても「奴らが見てるかもしれない」と言うだけだった。

 そして、二人はようやく地下の駐車場へと入り込む。

 ようやく安心したのか、リンが年相応の笑顔を見せた。

 そう、ウェルとそう見た目も変わらない、十代半ばの少女だと思えた。


「こっちだ、来てくれ!」

「ま、待ってくれ。まず、事情を」

「説明する! けど、長く同じ場所にいると危険なんだ。移動しながら話すから!」


 リンは一番奥の黒いライトバンへと近付く。スモークガラスの向こうから、こっちを凝視する気配があった。

 ややあってドアが開くと、その奥へ入り込んでリンはアレヴィを呼ぶ。

 少しためらったが、急かされ結局アレヴィも車中の人となった。

 運転席では、体格のいい大男が振り返る。

 昨日、発煙筒を使ってリンを助けた巨漢だ。年の頃は、四十代半ばくらいだろうか。

 やはり彼は、リンの仲間だったのだ。その男へと身を乗り出して、リンはすぐに小さく叫ぶ。車を出すよう言われて、すぐにライトバンは走り出した。

 それで安心したのか、リンは大きな溜息ためいきこぼす。そして、アレヴィの視線に気付いてようやく説明を始めてくれた。


「まず、紹介するよ。こいつはダリウス・ライゼンシュタイン、あたしより後に来たんだ。でも、今やあたしらのリーダー格さ」


 バックミラーの中で、ちらりとこちらを見たダリウスは、なにも言わない。巨体とは裏腹に、繊細せんさい寡黙かもくな性格のようだ。

 だが、名前と苗字が気になってアレヴィは思わず問いかける。


「ドイツ系だね。もしかして君は」


 だが、ダリウスは黙して語らない。

 運転に集中する彼に代わって、隣のリンが教えてくれた。


「ダリウスはドイツ人だよ。ユーロ圏でも、はずっと昔から進んでたんだ。たまたまサーバの設置と運営を引き受けたのが、日本ってだけ」

「あの計画?」

「おいおい話すよ。それより……教えてくれ、あ、ええと……アレヴィだっけ?」


 リンは身を乗り出して、まるで急かすように問いかけてくる。


「今、外はどうなってる? 国は、あ、いや、そんなことより……かなり話題になってる筈だな、随分と時間が経ったものな」

「ま、待ってくれ。ええと、まず時系列を整理して話させてくれ。俺は仕事でこの平成オンラインに来た。一応、一般ユーザーとして。制作や運営を行ってるマインドスフィア社には、まだ捜査の話すらしていない」

「なんだって!? ったく、どーゆーことだよ!」


 リンが声を荒げて、今にもつかみかからん勢いで唾を飛ばしてくる。

 運転席のダリウスが「リン」と、たしなめるような声を発した。初めて聞いた声は、流暢りゅうちょうな日本語だった。

 それにしても、いちいち話が噛み合わない。

 彼女たちはなにと戦っているのか?

 そもそも、敵とは、彼女たちが奴らと呼ぶ存在はなにものだろうか?

 ただ、ひたすら享楽的きょうらくてきに百年前の日本で遊ぶだけのゲーム、平成オンライン……ここには、経験値や資金のために倒す敵もなく、全員で協力して戦うべきドラゴンや魔王もいない。ただ、ひたすら与えられた娯楽を満喫して、平成という一時代に思いを馳せる、懐かしむだけのコンテンツなのである。

 その中で、彼女たちは戦っている。

 それはアレヴィに、即座に先程の光景を思い出させた。


「……君たちが戦っているのは、あの警官、警察組織なのか?」

「それは敵の末端、外部で活動する組織に過ぎない。平成オンラインは、完璧に平成の日本を再現しているからな。だから、ユーザーのゲーム内でのあらゆる手段が、当時の日本と同じものに限られる。ここでは外部とはあらゆる回線が繋がってないし、ユーザー同士で連絡を取る時も携帯電話や固定電話を使う。メールも一緒。手の甲にデータは表示されるけど、それでは連絡は取り合えないし、場所を指定してのワープ等もない。こうして車も必要になる訳」

「それは、わかってる。つまり」

「奴らも一緒なの。あたしたちをうとましく思って排除にかかってるけど、だからといって物理的に外部からデータを破壊することは避けたい。だから、ゲームの中で警察を繰り出してくるの。そうすることで、あたしたちがあの時代で横行したテロリストであるかのように見せてるのね」


 なんとも壮大な、遠大な話だ。

 つまるところ、リンたちが奴らと呼んでいる敵は?


「敵は、運営サイドのマインドスフィア社かなにかなのか? この平成オンラインの」

「違うわ。そもそも、この平成オンラインを制作した会社も、この瞬間も運営している会社も存在しない。あたしたちの本当の敵は――」


 その時、アレヴィの携帯電話が鳴った。

 リンは興奮して喋り続けていたが、コールを知らせるアニメソングが気になるのか、腕組み座席へと沈み込む。


「電話、取れば?」

「ああ、すまない」


 断りを入れて電話を取り出しつつ、アレヴィは窓の外を見やる。今、どの辺りを走っているのだろうか? 平成の東京はアレヴィの慣れ親しんだ首都とはまるで違う。空は狭いし、緑も少ない。東京大震災の前は、こんなにも無節操な都市整備がなされていたのかと驚くばかりだ。

 とりあえず電話に出ると、耳元でウェルが叫んだ。


『アレヴィ! 連絡待ってたんですけど、どうかしたんですか? あの、わたしは』

「ああ、すまないウェル。こっちも少しあってね。でも、もしかしたら事件の解決の糸口を見つけたかもしれない。やはり、この平成オンラインにはなにかカラクリがある」

『やっぱりですか? よかったです。あ、いえ、よくはないですけど、解決に向かうなら』

「やっぱり? やっぱりって、それはどういう意味で」

『こっちでも、手がかりらしき事態を目撃しました。今、尾行しています』

「尾行!? そ、それは……危険だ、単独での尾行だなんて。ツーマンセルが基本だからこそ、俺とウェルは組んで仕事をしてきたんじゃないか。うかつな」

『ごめんなさい、でもタイミングがなくて。今、丁度尾行対象が建物の中に入りました。メールで場所を送ります』

「全く、危険な真似をして……誰に似たんだ?」

『危険なゲームの真似ばかりしてるアレヴィじゃないでしょうか』

「減らず口を、もう」

『そこもアレヴィに似たんだと思います。……似た者同士、ですよね?』


 否定はできないと笑ったが、事態は逼迫ひっぱくしている。アレヴィがこの世界の異端者たちと接触したその時、ウェルは彼女なりの捜査で新たな謎に近づいているらしい。

 とりあえず、軽はずみな行動を窘めつつ、アレヴィも人のことを言えなかった。

 リンたちに接触した段階で、ウェルに連絡するべきだったのだ。

 しかし、そのことには触れずにウェルは簡潔に報告をまとめる。


『アレヴィ、この平成オンラインは、おおやけの目的である平成時代への観光、そして行楽や旅行以外の用途が隠されているように思えます。わたしたちがこうして一般ユーザーとして参加してる限り、それは隠蔽いんぺいされて影にひそんでいるのではと思いました』

「……それは今、俺も感じている。そっちはなにで知った? なにか発見があったんだな」

『警察に連行されてる市民、つまりユーザーを見ました。NPCではないことは明らかです。それが、おかしいんです。警官たちは違法業者の摘発だと言ってたんですが、その……』

「なにを売ってた? ?」

『そうです、その……同人、誌? って言うんでしょうか。えっと……その、えっちな漫画本を、売ってました。あ、これって普通に摘発対象かもしれませんよね』

「本の内容はわかるかい? レーティング的な部分もできれば」

「アレヴィ、もぉ……バカッ! わたしにあんなことやこんなことを言えっていうんですか? 酷いです。でも、様子が変だったのは、本の内容が摘発理由ではなかったみたいで」

「……なるほどね、こっちと同じだ。つまり、なにかしら創作物を売ってたら警官たちに連行されたと。俺も似たような光景を見たよ」


 ちらりと横目で、アレヴィはリンを見る。

 話したくてうずうずしているようだが、口を挟んでこないところを見ると、アレヴィの言ってることはあながち間違ってはいないらしい。

 どうして、ゲーム内での創作行為が取り締まられているのか。

 そもそも、ゲームの規約としてその行為自体を禁じていなかった筈だ。極めて再現度の高い仮想現実バーチャルリアリティだからこそ、その中での自由度を求めて探るユーザーだって出て来る。そういった者たちへの答が、警官たちによる検挙なのだろうか。

 ちらりとリンを一瞥いちべつして、アレヴィはウェルに最後の返事を投げかけた。


「とにかく、位置情報を送ってくれ。俺らもそっちに向かう。いいかい? 俺らがそっちに行くまで、自重するんだ。絶対に独断専行で動かないこと」

『了解です、アレヴィ。それと、あの……』

「ん? なんだい」

『今日の午後で、ログインから二十四時間が経過します。一度接続を切る必要があるので、急ぎましょう。それと、ですね……ええと。また、こういう機会を作ってもいいですか?』


 意外な言葉で、アレヴィは思わず「は?」とマヌケな声を発してしまった。

 だが、ウェルはもじもじといじらしく言葉を続けてくる。


『頻繁にじゃなくて、いいんです。なにもなくても、しなくても……できなくても。また、仮想現実のどこかで、一緒に過ごしてくれないかなって』

「……考えておくよ。リアルでも、現実でもそういう時間を作れるようにする。俺は人間の君がとか、君の躯体がとか、そういう興味は感じないからな。君は君だろうに、入れ物や互いの立場を気にしたらきりがないよ」

『そう、ですね……ふふ、なんだかアレヴィって、時々格好いいですよね!』

「バカ言わないの」

『では、メールします。待機してますので、なるべくお早く』


 通話が切れて、気付けば隣でリンがニヤニヤとしている。そのあどけない顔は、間違いなく年端もゆかぬ少女のものだ。


「誰? 恋人?」

「いや、仕事の相棒だ。っと、メールが来た。この場所に向かってくれるかい?」


 アレヴィが携帯電話を向けると、リンは覗き込んで片眉を跳ね上げた。


「おいおい、あんた……なにを言ってるんだ? ここがどんな場所か知ってるのかよ!」

「うちの相棒が掴んだ、この平成オンラインの秘密の尻尾さ。君たちは知ってるのか? このゲーム内で、なんらかの行為……恐らく創作活動が取り締まられてる。違反者はここに集められてるんじゃないのか?」


 リンの沈黙が答で、百の言葉より雄弁に真実を語っている。

 そして、彼女は重々しい声音で付け足した。


「この場所は、奴らの中枢の一つだ。そう、奴らは……その敵の名は、日本」

「日本……? つまり、俺たちの国か?」

「そうさ。正確には、日本の提唱した計画に乗った、ほぼ全世界の国家だ。アメリカにロシア、ユーロ圏各国に中国……名だたる先進国は全て、参加している」

「ちょっと待ってくれ……話がデカ過ぎる。それに、中国だって? 中国、中華人民共和国は半世紀も前に解体されてる。共産党の一党支配体勢が崩れてから、道州制の合衆国になったんだ。まだ混乱は続いてるけど」


 今度はリンが難しい顔をした。

 そして、その訳を話してくれる。


「なあ、アレヴィ。あんた……西暦何年の人間だ? お互い平成の人間じゃないのはわかってる。あたしが来た時にはもう、現実の平成は終わってた」

「俺は、西暦2098年から来てる。え、ちょっと待ってくれ……リン。もしかして、ダリウスもか? 君たちは……いや、そんな馬鹿な。でも、そう考えると辻褄が……!?」


 アレヴィの脳裏に、一つの可能性が生まれる。

 それは、リンの言葉で確かな事実として、真実へと彼をいざなった。


「あたしたちは……西暦2066年のあの日から、ずっとここにいる。あれからずっと、平成オンラインの閉じた時の中にいるんだ」


 それは、かつて日本を震撼させた大事件が起こった年だ。

 突然、肉体だけを残して失踪した10,000人の日本人は……ここに、このゲームの中にいたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます