俺達の異世界転生物語がどうにも思ってたのと違う件について(原題『盈虚の円環、あるいは朔望の終焉』)

作者

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

完結済 全20話

更新

  1. 序章 ついえし夢の鳴り渡る
  2. #1 時の呼び声
  3. 【起】第一章 其の地、アルフェイム
  4. #2 うつろな陥穽 うつろえる娘
  5. #3 目指す者 点しゆく影(ひかり)の路
  6. #4 勇者 眼灼く燈(ひ)のたばしりよ
  7. 【承】第二章 彼の地にて君を待つ
  8. #5 子 その名のさだめは、追憶
  9. #6 強き者 汝の名は女
  10. #7 開かれた扉 泪にやどる靈(すだま)
  11. #8 雑駁 身じろぎする睡(ねむ)れる海
  12. #9 宿運 涙色の劔を背に
  13. #10 交叉する運命 糾える因果の巴
  14. #11 潜入 熄滅の時告ぐ欷歔(なげき)の聲
  15. 【転】第三章 吾が地より火は踴る
  16. #12 出現 上天に崩るる光
  17. #13 静かなる侵略 幻燈の灯りに焔降る
  18. #14 襲撃 遥か碧落に昏みて墜ちる夢を見よ
  19. #15 天穿つ 天より降る炎を腕に
  20. #16 決着 灰の日に落ちるともしび
  21. 【結】第四章 此の地にて人は謌う
  22. #17 神殿 白き彼方からの残響
  23. #18 真相 呼び声は遥か遠く
  24. #19 我らが御名の奉られんことを
  25. ---------
  26. あとがき

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!