覚書《リコルディ》~フィレンツェ宝飾職人の事件簿~

作者 橋本圭以

42

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 裁判官に任命されたぐうたらな宝石職人のジャンニ親方と、その弟子ミケランジェロ、荒っぽい警官レンツォの三人の視点を通して、葡萄酒運搬人ヤコポの殺人事件、さらには過去の大きな暗殺未遂事件の謎が解き明かされて行きます。
 舞台となるルネサンス時代のイタリアが非常に緻密に作り込まれています。描写はくどくないのに読んでいて景色が浮かんできました。様々な謎が徐々に明かされ、ところがそのたび謎が増え、最後の最後になるまで一体だれが犯人かとドキドキしながら、駆け抜けるように読みました。
このサイトではそうそうお目にかかれないであろう、本格的なミステリーです。

★★★ Excellent!!!

舞台は中世のフィレンツェ。メディチ家という名を歴史の教科書などで目にしたり耳にしたことはあるかと思います。そんな歴史の裏舞台で起きていた殺人事件を、三人のメインキャストの視点から追いかけた極上のミステリー作品☆

当時の体制や政治の絡みなども出てきますが、決して難しく構える必要はありません。作者様の軽快な筆捌きとコミカルな表現のおかげで、何の苦も無くスムーズに読み進めることができます。フィレンツェの優雅な建造物や一面に広がる葡萄畑の景色、禍々しいスラム街の裏の顔など、本筋以外の部分でも大いに想像を膨らませながらフィレンツェを旅することができると思います。登場人物は多いですが、それぞれのクセを上手く引き出してイメージしやすく描いているというのもポイントです。特にメインキャストの三人は魅力満載。豊富な経験と知識で真相に迫る表裏比興の彫金師ジャンニ、妥協を是としない直情径行の熱血漢レンツォ、若さに任せて抑制の効かない血気盛んなミケランジェロ。誰かしらに気持ちを預けたくなること間違いなしです。

事件簿なので、他の事件も覗いてみたくなります☆

★★★ Excellent!!!

中世フィレンツェを舞台にしたミステリー。

警察の若い役人・レンツォと、市民からなる裁判官・八人委員会の一人に選ばれた彫金師・ジャンニ親方、その若い弟子・ミケランジェロの三人の視点で語られるのですが……、このジャンニ親方のキャラクターが、飛びぬけて魅力的です!

公爵様から頼まれた仕事はやる気なし、市民の義務である八人委員会の仕事はもっとやる気なし。

でも、深い洞察力と人生経験で少しずつ事件の真相に迫っていきます。

この過程も、大小、さまざなま事件が起こり、なかなかすんなりとはいきません。

絡まった糸玉のように、読者を翻弄するようなもどかしい構成に、作者様の実力がうかがえます。

ジャンニ親方の含蓄ある台詞だけではなく、他の人物もみんな魅力的で、台詞回しがとても素敵です。

さまざまな人物が複雑に織りなす珠玉のミステリー、ぜひご一読ください!

★★★ Excellent!!!

1545年フィレンツェ。
八人委員会の裁判官に選出された、彫金親方のジャンニ。
市民から選ばれ、4ヶ月間、刑事裁判に携わる行政職だ。
会議はサボりたいが、事件現場には割と積極的に行く。
(本業の彫金仕事をサボっているとも言う)

何といっても、ジャンニ親方のキャラがよいです。
周囲も本人も、何でコイツが裁判官? と思うような冴えないおっさん。
八人委員会は割と多忙で。
細々した事件の関係者を聴取したり、嘆願書を読んだり。
本業の依頼人がたまった仕事の催促にくるわ(←これは自分のせい)。
徒弟の一人は小金をくすね、一人は人妻に夢中で。
大きな殺人事件だけではなく、雑事が次から次から降ってくるのです。

面倒がったりサボったり、悪態ついたりしつつも。
いざとなれば、親方の観察力と頭脳は冴え渡る。
全然関係ないと思ってたいろいろな事実が、繋がっていくのは圧巻!
イタリアも歴史も全然知らなくても、とても面白かったです。

★★★ Excellent!!!

まず、作者橋本圭以様がイタリア在住である事を明記しておかなければなりません。

更に歴史マニアという才能を十二分に活かした物語でもあるので面白くない訳がないのです。

舞台は中世イタリア、フィレンツェ。
金細工師(親方)の中年男性が主人公です。

風体はカッコイイとはお世辞にも言えないのですが、彼の言動や行動はカッコイイの一言に尽きます。一見、面倒くさがりでスケベな上に仕事もろくにしない。大抵は弟子に任せっきりの駄目中年にみえて……ってな感じなのですが、粋な台詞にキレまくる頭脳、人間味溢れる性格が読み手を惹き付けます。

注目すべき点は主人公だけではありません。
登場キャラクターすべてに活き活きとした人物象があり物語を色鮮やかに仕上げています。

例としてトニーノという作品に登場するキャラクターを紹介しましょう。
このキャラは単なる役人で小間使い的なキャラなのですが、彼の心情が僅かな登場シーンで読み取れるのです。他にも沢山のフェレンツェ市民が出て来ます。

医者や召使い、酒場の主人や憲兵に聖職者。それぞれに魂がこもった人物描写。私達が知らない中世の臨場感が作品の完成度を格段に高め、本格的なミステリーテイストが読み手を満足させてくれます。

海外の日常。それも中世です。
この現代人の私達には想像する事は難しい雰囲気が、この作者さまの手にかかると面白いほど伝わってきました。

街並みの描写から人々の人間関係、暮らしを描く文章は流麗で想像力を掻き立てます。読みやすい文章は、複雑な物語展開をすんなり理解させ、ストレスのない読み応えです。登場人物の活き活きとした表現は映画を見ているような感覚に陥るでしょう。

読めばお気に入りのキャラが出来ると思います。
主人公である金細工師(中年男性)は刑事コロンボとも、名探偵ポワロとも違う素晴らしい魅力のおっさんなんです。

キレ者の人物像はち… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 フィレンツェで起こる殺人事件。
 宝飾職人と警官、二人の視点で紡がれる物語です。
 登場人物は決していい人物ばかりではありません。むしろ悪いやつが多いです。
 ですが彼らが紡ぎ出す話は、時として殺人事件の解決から遠ざかっているようで真相に近づいていきます。
 特に気になるのが、八人委員会の存在です。
 彼らは敵なのか、それとも……

 無法地帯で紡がれる一風変わったイタリアンミステリー。
 是非とも読んでみてはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

皆さんこんにちは、ミケランジェロです。

自分は皆さんがよくご存知のミケランジェロではなくて、この小説に出てくるミケランジェロ(人妻マニア)です。

さてこの小説ですが、この僕ミケランジェロが中世のフィレンツェで推理に捜査に大活躍して、見事に殺人事件を解決するスリルとサスペンスの物語です!
今のはウソです……、僕は人妻好きの少年で、こともあろうに自分の義理の母親に懸想をして家を追い出され、花の都フィレンツェの宝飾職人ジャンニ親方のところへ修行に来ました。

そして今、フィレンツェでも貴族の人妻に恋をしそうになっています。

――父さん……、僕の性癖は一生治らないと、ここフィレンツェの都でも悟った訳で――

ちなみに今までの話は小説のメインストーリーにはほとんど関係無い話です。


さて事件のあらすじは大商家の老主人が教会で吊るされ、殺害されたことから始まります。
メインタイトルにもある「覚書」に秘められた謎でこの老主人は殺されたようです。

この物語の主人公の一人、僕の師匠である宝飾職人のジャンニ親方を紹介します。
とにかくジャンニ親方は口が悪くてズボラなオッサンで不真面目な中年男。恐ろしいことにフィレンツェ公であるコジモ様をアンタ呼ばわりする不届き者ですが、どうやら八人委員会というフィレンツェの警察機構に選ばれているようです。

そしてこのオッサン、失礼、ジャンニ師匠は犯罪捜査にうつつを抜かし自分の店を放りっぱなしにしているのです。

おかげで仕事の納期は守らないわ、フィレンツェ公から預かった大切なルビーを無くすわで、この僕が大変な目にあっています。
たまに仕事場にいるかと思ったらエロ本を読んでいるジャンニ親方、本当に当代随一の宝飾職人なのか疑わしい限りです。


そしても一人の主人公、僕はまだ会っていませんがレンツォさんという豪腕の刑事さんが出てきます。
元々不良少年… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

最新48話までを読んでのレビューになります。
ちなみに物語が佳境に入ってきて面白いところです。

普通のミステリー小説と違うのは、もちろんその時代性と舞台にあります。
誰もが馴染みのない世界観だと思うのですが、魅力的な風景描写、知識に裏打ちされた丁寧な時代説明、そしてなにより魅力的な登場人物により一気に世界に引き込まれます。
とくに登場人物は当時の市井の人々の生活、思考、などまでリアルに描かれており、とても読み応えがあると同時に魅力的な人物が多数登場します。

これらの人々をつないでいくのがミステリーパートです。
宝飾職人でなんともだらしない感じだけど、なにやら鋭い知性を感じさせるジャンニ親方。
若くて無鉄砲で、それでも正義感にあふれた警官のレンツォ。
この二人がフィレンツェの隅々まで歩き、走り、沢山の人と出会い、話を聞きながら、無茶したり、のらりくらりとしながら、そしてたまに危ない目にあいながら、殺人事件の真相へと迫っていきます。

張り巡らされた伏線を考える楽しみ、そこに暮らす人々の生活を垣間見る楽しみ、登場人物の人間模様が織りなすドラマの楽しみ。
それらを詰め込んだ骨太な物語でありながらも、軽快に楽しく読ませる文章力の鮮やかさも素晴らしいです。

物語はいよいよ佳境へ。
ぜひ連載中のうちに読み始めて欲しい作品です。

★★★ Excellent!!!

ミステリーファンには、ご馳走のような上質の正統派ミステリー。
物語が進行するにつれて、謎が謎をよび、いつのまにか中世フィレンツェの住人になったように物語の中に引き込まれる。

実際の登場人物と架空のキャラクターを上手く物語の中に登場させていてリアルな感覚を持たせている。

セリフまわしが、とても洒落ていて、作者の想像力の力量を感じさせる。キャラクターの設定も魅力的で、いつか一緒にお酒でも飲んでみたいな・・・などと思ってしまったほど・・・。

そして肝心なミステリーの構成。
文章にほとんど無駄がないことが素晴らしい!
読者への謎の問いかけが巧妙で、決して途中でやめられない。

情景や情感がとてもよく伝わり、格闘シーンのスピード感は映画を観ているよう。

ミステリーファンにはもちろんのこと、ミステリーはあまり読まない・・という読者の方々にも、超!お勧めの作品です。


★★★ Excellent!!!

とても面白い。★★★
数百年前のフィレンツェが舞台で、当時の貴族名などもそのまま登場し、臨場感抜群の背景をバックに書かれている。

ジャンニ、レンツォ、ミケランジェロの複数視点で話は進み、小さな事件の断片を繋ぎ合わせ、本命の事件に辿り着くスタイルだと思われる(7/14現在、その方向性は作中で示唆されていないので、私的な予想ではあるが)

登場人物の会話は、ネイティブが話すピーキーな口調では無く、映画の『日本語訳』的な印象。
こちらの方が日本人には馴染み深いので、その配慮が嬉しい。

ガツンと自説や思想をぶつけてくるような作品でも、斜め上から加速を伴って急展開が来る作品でもなく、ただただ純粋に正統派の文章で攻めてくる堅実な作品。

故に、作品の背景や登場人物、話の内容が面白いので、読んでいるうちに物凄く惹き込まれる。

この作者様の投稿作を読むのは初めてだが、こんなにも綺麗な文章を書く方がおられるのを知ると、さすがカクヨム、捨てた物じゃないなと改めて思う。