覚書《リコルディ》~フィレンツェ宝飾職人の事件簿~

作者 橋本圭以

映画化希望の超大作ミステリー

  • ★★★ Excellent!!!

メディチ家が実質的な支配者として君臨するフィレンツェにて。
宝石彫金師としての腕を持つジャンニ、その弟子ミケランジェロ、粗暴な警官レンツォ。
ある日、ジャンニの友人であるヤコボが死体で見つかって……。

まるで絡まる糸を丁寧に解きほぐしていくような繊細で、しかし意表を突くミステリー。
ジャンニ親方の魅力的な人柄を中心に、細かく描かれ尽くされた人間模様は、まるで海外の連続ドラマのよう。

登場人物はかなり多いのですが、相互関係がセリフや状況説明でうまく綴られているので、あまり問題にならないです。
これだけの相互関係をパズルのように書き分け、ピタリとピースが嵌る爽快なミステリーは初めて読みました。

読み始めは少しずつ大事に拝読していましたが、50話を過ぎた頃から物語が自分の中でもぐるぐる勝手に回りだして……ページを進める手が止まらなくなりました。
危険です、先が気になって仕事できません・笑。

一気に3部に入ってしまいました、それだけの引力がある作品です。
出会えてよかったです!^-^

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

本編読了後のレビューになります。

16世紀のイタリア、しかもメディチ家が今まさに隆盛を極めんとしているフィレンツェが舞台という、ロマンあふれるミステリー。
しかし、その主役の二人が一癖も二癖もある… 続きを読む

コノハナサクヤさんの他のおすすめレビュー 755