覚書《リコルディ》~フィレンツェ宝飾職人の事件簿~

作者 橋本圭以

仕事しない親方が、過去に根差す事件を解決する16世紀イタリアミステリ。

  • ★★★ Excellent!!!

1545年フィレンツェ。
八人委員会の裁判官に選出された、彫金親方のジャンニ。
市民から選ばれ、4ヶ月間、刑事裁判に携わる行政職だ。
会議はサボりたいが、事件現場には割と積極的に行く。
(本業の彫金仕事をサボっているとも言う)

何といっても、ジャンニ親方のキャラがよいです。
周囲も本人も、何でコイツが裁判官? と思うような冴えないおっさん。
八人委員会は割と多忙で。
細々した事件の関係者を聴取したり、嘆願書を読んだり。
本業の依頼人がたまった仕事の催促にくるわ(←これは自分のせい)。
徒弟の一人は小金をくすね、一人は人妻に夢中で。
大きな殺人事件だけではなく、雑事が次から次から降ってくるのです。

面倒がったりサボったり、悪態ついたりしつつも。
いざとなれば、親方の観察力と頭脳は冴え渡る。
全然関係ないと思ってたいろいろな事実が、繋がっていくのは圧巻!
イタリアも歴史も全然知らなくても、とても面白かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

舞台は中世のフィレンツェ。メディチ家という名を歴史の教科書などで目にしたり耳にしたことはあるかと思います。そんな歴史の裏舞台で起きていた殺人事件を、三人のメインキャストの視点から追いかけた極上のミス… 続きを読む

卯月さんの他のおすすめレビュー 272