覚書《リコルディ》~フィレンツェ宝飾職人の事件簿~

作者 橋本圭以

こんなに冴えなくてこんなに格好いい探偵役、他にはいません!!

  • ★★★ Excellent!!!

中世フィレンツェを舞台にしたミステリー。

警察の若い役人・レンツォと、市民からなる裁判官・八人委員会の一人に選ばれた彫金師・ジャンニ親方、その若い弟子・ミケランジェロの三人の視点で語られるのですが……、このジャンニ親方のキャラクターが、飛びぬけて魅力的です!

公爵様から頼まれた仕事はやる気なし、市民の義務である八人委員会の仕事はもっとやる気なし。

でも、深い洞察力と人生経験で少しずつ事件の真相に迫っていきます。

この過程も、大小、さまざなま事件が起こり、なかなかすんなりとはいきません。

絡まった糸玉のように、読者を翻弄するようなもどかしい構成に、作者様の実力がうかがえます。

ジャンニ親方の含蓄ある台詞だけではなく、他の人物もみんな魅力的で、台詞回しがとても素敵です。

さまざまな人物が複雑に織りなす珠玉のミステリー、ぜひご一読ください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

舞台は中世のフィレンツェ。メディチ家という名を歴史の教科書などで目にしたり耳にしたことはあるかと思います。そんな歴史の裏舞台で起きていた殺人事件を、三人のメインキャストの視点から追いかけた極上のミス… 続きを読む

綾束 乙さんの他のおすすめレビュー 474