レナ先生と僕とクラスメイトの日常が卑猥過ぎる

作者 パイ吉

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全19話

更新

  1. 第1話 こんな先生が担任って幸せ……なのか?
  2. 第2話 通勤ラッシュは嫌い……じゃないかも!?
  3. 第3話 レナ先生の授業は面白くて分かりやすいけれど、色々と問題だ
  4. 第4話 美術の時間もレナ先生は無駄に卑猥だ
  5. 第5話 レナ先生が言うと保健室がエロい場所に思えてくる
  6. 第6話 保健室に行くとHなイベントが発生するんじゃないかと淡い期待をよせてしまう
  7. 第7話 レナ先生はマジメな意味でもHな意味でも面倒見がいい!?
  8. 第8話 レナ先生が車に乗るとシートベルトが卑猥な道具に見えてしかたない
  9. 第9話 レナ先生が着ると柔道着がエロい服装に見えてしまう
  10. 第10話 レナ先生の柔道技はルール的にはナシだけどエロ的にはアリだと思う
  11. 第11話 レナ先生のおっぱいは巨乳を愛する僕の対象であるが先生に恋愛感情なんかないんだからねっ!
  12. 第12話 レナ先生のおっぱいについて小論文を書くとしたら字数制限を無視して小説10冊分は書いてしまうだろう
  13. 第13話 美月先生のおっぱいとレナ先生のおっぱいを比較するとかなりレベルの高い戦いになることは間違いない
  14. 第14話 渡辺君が抱える悩みの大きさはとレナ先生のおっぱいの大きさに比べたら大したことはない
  15. 第15話 高校生にしたら確かに大き目であるスズちゃんのおっぱいが別の意味で気になる
  16. 第16話 レナ先生が真面目なときでも彼女のおっぱいは彼女の意思とは関係なくいつでもエロい
  17. 第17話 巨乳好きは決して小さいおっぱいを軽視しているわけではなくてもしそんなヤツがいるとしたら巨乳好きを名乗る資格は無いと断固言いたい!
  18. 第18話 スズちゃんに巨乳ネタをふった場合とレナ先生に貧乳ネタをふった場合の反応が少し気になる
  19. 第19話レナ先生の巨乳には、おそらく膨大な知識も詰まっている……はず