彼女が欲しかった俺が、恋のキューピッドになるまで。

作者 小倉桜

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全21話

更新

  1. 第1話 「あんたのせいよ!」 涙目の少女は、俺を指差しそう言った。
  2. 第2話 「よかったわね」 ドヤ顔でそんなことを言われても、俺には効果がない。
  3. 第3話 「席を立つのは許しません」 どこからか、怯えたような声がした。
  4. 第4話 「……なんでもない」 俺は思わずドキッとした。
  5. 第5話 「ん~おいしぃ~♪」 とろける笑顔でほっぺを押さえた。
  6. 第6話 「……きも」 蔑んだ目で見られた。
  7. 第7話 「ららちゃん変身第一弾」 謎のメッセージと共に、画像が送られてきた。
  8. 第8話 「あ、じゃあ……麗さん」 少し控えめに、名前を呼んだ。
  9. 第9話 「お兄ちゃんおかえりぃ」 エプロン姿の妹が、出迎えてくれた。
  10. 第10話 「顔が聞いてきた」 斬新すぎる物言いだった。
  11. 第11話 「こう呼んだりもしてるんだ……」 わざとらしくタメを作り、言葉を紡いだ。
  12. 第12話 「たしかにそれもありだねぇ」 納得するように頷きながら答えた。
  13. 第13話 「いいわよ別に」 ちょっと照れたように、でも誇るように微笑んだ。
  14. 第14話 「やだっ」 それは小さくも、大きな抵抗だった。
  15. 第15話 「ごめん。起こしちゃった?」 変な態勢で固まっていた。
  16. 第16話 「ん? アタシ?」 あまりの驚きに言葉が詰まった。
  17. 第17話 「じゃーん!」 元気に見せてくるが、俺からは見えないんだが。
  18. 第18話 「楽しむぞー!」 天高く、拳を突き上げた。
  19. 第19話 「おはよぉ」 二人は、ハイタッチまでしていた。
  20. 最終話 「あんたのせいよ……」 涙目の少女は、顔を上げてそう言った。
  21. 後日譚 「「こいつに」」 お互いに相手を指した。