いつもの日々を、とくべつに感じていく。

作者 柳なつき

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全25話

更新

  1. 忙しさのなかでも、なにかを掴みとろうとしている。
  2. エデンといえばエデンだったかもしれない。
  3. 二十七歳の誕生日の所感
  4. やりきったあとのアイスコーヒーがおいしい
  5. 10分休みで、なじまない子どもだった。
  6. 「作家として認めない」と言いたがるひとびと
  7. 「作家として認めない」ことと対応して、「若いひとたちにやたら言いたがる」ひとたち
  8. まあこういうのも書きますねえっていうある意味すごくどうでもいい宣言みたいなそんな感じな
  9. かっこよく言えば、自分と向き合うこと。でもじっさいは、
  10. さて、ここからは
  11. いまどうやら重要だってとっても言われてるらしい、「分野横断的な幅広い知識や俯瞰力」についてを、ひとむかし前から言っているひとがいた。
  12. 傘を貸してくれようとしたよ
  13. 自然においての、経験(1)
  14. 書く、ということ
  15. 劣等感、そして砂
  16. なにかを「語れる」ひと
  17. 水のころ
  18. 「忙しい」という言葉
  19. 書く、ということ、ふたたび
  20. 目立つということ、異質ということ
  21. 自信、傲慢、さばくこと
  22. 「異」と、なにか
  23. タイミング、とか
  24. 季節のように、すすんでいくこと
  25. 思考と表現