ぼくを葬る その他の詩

作者 @koumoto

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全86話

更新

  1. 彼を待つ
  2. ぼくを葬る
  3. 道ばたの死
  4. 雪ふりつむ
  5. 詩とはなにか
  6. 雨傘ワルツ
  7. 夜の疑念
  8. 虎と末世
  9. 予言する勧誘員
  10. わたしが消えていく
  11. 死の代行者
  12. 詩の対価
  13. 子どもにあたえられた三つの黙示
  14. 朝の疑念
  15. 小箱
  16. 魔法陣
  17. 腐らせてしまった詩の備忘録
  18. 廻廊を影と
  19. 白い景色
  20. ダンスを踊ろう
  21. クモと鳥たちの聖戦
  22. 水死体の日常
  23. 糸と待ち人
  24. 焼きついたもの
  25. 暗闇に恋が
  26. 彼の人を待つ
  27. 七十七の月
  28. 死にぞこなった恋
  29. 一人暮らしのアキレス
  30. 冬の残像
  31. 幼子の眠り
  32. 死後の幻燈
  33. 小さな声
  34. 深海のゲームセンター
  35. いずれ死体になるきみへ
  36. 刑務所とスペースコロニー
  37. 心魂神死
  38. 手話詩をみて
  39. 弱き所、弱き詩
  40. 鏡の中の死
  41. 朝の霊
  42. 海風
  43. 遺された歌を聴きながら
  44. アリスではない投身者たち
  45. コンビニで見かけた死神
  46. 言葉の涙
  47. 雨が降っていた
  48. 猟奇歌三十首
  49. 宗教戯れ歌十首
  50. 詩を読む歓び
  51. 彼岸へのバス
  52. 泣かない世界
  53. 天球破砕
  54. 真夜中の誘い
  55. 盲目な恋歌
  56. 指先までの距離
  57. 人はある日、詩人になる
  58. 厭わざるを得ない歌への口汚い罵り
  59. 幽霊のようなきみの涙
  60. 最後の詩
  61. 名盤 Title もじり歌
  62. 夕日の受けた傷
  63. もうひとつの季節
  64. 生まれなかった詩への墓碑銘
  65. 自殺者の霊はおのずから死ぬ夢を見るか?
  66. 見放された詩
  67. くるめき
  68. 祖父は言った
  69. 時計の針で人間を測ると
  70. 季違い季重ね瘋癲駄句
  71. 死にたがり暦歌
  72. 僕にないもの
  73. 逢魔が時の水たまり
  74. ハムレットの愛読書
  75. 雨と死
  76. あのね、あのね、人はね
  77. 壁に貼られた子どもの絵
  78. 年老いた死の臨終
  79. 遺影
  80. 吃りつづける祈り
  81. 女神たる詩神の夢
  82. 冬空のようなぼくのネガティブ
  83. 病み疲れた眼
  84. 砂時計
  85. 雪と氷とあなたへの告白