親愛なる自殺志願者へ

作者 祖父江直人

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全133話

更新

  1. はじめに
  2. 前書き―ある自殺志願者の思考
  3. 何故、人は自殺するのか。
  4. 何故、私は死にたかったのか。
  5. 何故、彼らは死んでしまったのか。
  6. 何故、彼らは死なないのか。
  7. 何故、金が無いと人は死ぬのか。
  8. 何故、孤立すると人は死ぬのか。
  9. 自己肯定感なる物に対する疑義
  10. 気楽論
  11. 適当的幸福論
  12. 自傷と自虐の禁止
  13. ある自殺志願者の身体的困難
  14. 頑張らなくていい
  15. 働くと、人はおかしくなる
  16. 身体の反応こそがすべて
  17. 活き活き生きることの何が良い
  18. 検索を捨て、ゲームをせよ
  19. 生を、どう処すか。
  20. 命とは、宝石であると同時に、塵である。
  21. 他者からの不当な評価をどう処すか
  22. 罪悪感をどう処すか
  23. 死の痛みをどう処すか
  24. 生誕の暴力をどう処すか
  25. 微かな怒り
  26. 治療が必要なのは個人か、社会か
  27. 殺人を軽蔑する
  28. 戦争・紛争・テロを軽蔑する
  29. 人間である自分を軽蔑する
  30. 自殺の否定を軽蔑する
  31. 虐待についての私見 生んだ者が育てる社会への疑義
  32. 反出生主義
  33. 反出生主義について
  34. 死にたくない人々への憐憫
  35. 生も死も、納得するしかない
  36. 人生という山の中腹で、座り込む
  37. 生んだ者は悪くない/生まれてきたことは悪くない
  38. いくらあれば子供が育つのか
  39. 自分の話
  40. 発見する自分自身について
  41. 自己分析
  42. 分裂
  43. 悩みも困りもない
  44. 適応できない私に投げつけられた「死ね」について
  45. 『無限の奉仕者』としての私
  46. スキゾイドという仮説
  47. あなたの話
  48. あなたであれ
  49. 死を想う、故に我あり
  50. 学校について
  51. 仕事と健康について
  52. 人生に納期などない
  53. 死後の世界はあるか
  54. 脅しはもう通じない
  55. 正しさの空虚さ
  56. 生まれ変わったら、何になりたいか
  57. ある日の手紙
  58. これからの話
  59. 絶望のあと
  60. いつだって、あなただけが辛い
  61. 見えざる門の先
  62. アーサー、君にもいつか手紙を書きたい。
  63. 筋金入りの無気力
  64. 明日も働くあなたへ
  65. 自殺の文脈
  66. 日々の話
  67. 捨てろ、捨てろ、少し残せ
  68. 命に価値など無い
  69. 意味なんていらないんだよ
  70. 誰が為に生きてもいい。生きなくてもいい。
  71. 真面目な奴が多すぎる
  72. 安楽死の蠱惑的な魅力について
  73. 喜怒哀楽について
  74. 自殺とは少し違う話
  75. 終わりの風景
  76. 殺人という名の自壊
  77. 寿命と貯金
  78. とはいえ、子供を優先すべき
  79. 人は何歳まで生きるのか
  80. 誰も彼も主語の小さいことばかり
  81. 誰かを殺したくなったら
  82. 今の話
  83. はからずも完璧な私の生活
  84. 毎日、何を食うかだけを考える
  85. 最後の晩餐
  86. 未来のことはすべて妄想
  87. 他人事は放っておけ
  88. たまたまだ
  89. 何がそんなに“不安”なのか
  90. 人間について
  91. 命のルールは昨日と変わらない
  92. 命の罠
  93. 踊るのであればもっと楽しそうにせよ
  94. 2011年3月11日
  95. 執着について
  96. 嘘を吐いてはいけない
  97. よく知りもしない人間を、なぜそこまで憎めるのか
  98. 物語と死
  99. ワニと魔王とメメント・モリ
  100. 楽園にあって、死を望まれる命について
  101. 「死にたい」の意訳
  102. ちゃんと生きる、とは
  103. それが貴様らの仕事だろう
  104. みんないつか死ぬ、そしてそれは今日かもしれない。
  105. 新たな、思索の日々
  106. 商人の言葉が、人を殺すか
  107. 今の私は、果たして、何者なのであろうか
  108. 人生を嫌いにはならない
  109. 幸せの才覚
  110. かつての友たち
  111. 大切なのは人でも命でもなく、楽であること
  112. “降りる”選択肢がないことについて
  113. 社会の異分子として、今何をするべきか
  114. 一人くらいいなくなっても構わんだろう
  115. あきらめはすべてに通ず。しかしながら。
  116. これでも人事は尽くしている
  117. どう引き受けてくれようか、この死の痛み
  118. 怒っている話
  119. あのとき、私は怒っていたのだ
  120. とっくに壊れたものを指して、壊れそうだと言っている
  121. やめさせてもらうわ。
  122. 自殺対策基本法を読む
  123. 自殺も二十歳になってから、だろうか。
  124. 始めることすらできないまま。
  125. 死を見つめる
  126. 輪切りになった脳を見た日。
  127. 死の味
  128. 気に食わない話。
  129. 限りない性欲
  130. 不死について
  131. あなたが死んだら。
  132. 友よ、死はそう気に病むものではない。
  133. 死にたくなった夜への手紙
  134. あなたは真面目な良い子であったか。
  135. 理性の奴隷。
  136. 日本対私。
  137. 大切な人はいるか。
  138. こんなところで、よかろうよ。
  139. 続・スキゾイドという仮説。
  140. 生まれてくる意味など無い。
  141. 生きている話
  142. どんな死に方がいい?
  143. 希死念慮は狂気か。
  144. 生きる理由に足る、死ぬ理由。
  145. これからも、死ぬまで生き恥をさらし続ける。
  146. とはいえ、死ななければならないのだ。
  147. 不健康になってから「死にたい」と思っても遅い。
  148. なんにせよ「生まれちゃった」が先にある。
  149. 無駄と怠惰を愛されよ。
  150. 「死にたい」について
  151. ふと湧き上がる心地の良い希死念慮。
  152. 言葉に現実を変える力など無い。