春にとける、透明な白。

作者 葵依幸

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全27話

更新

  1. 始まりで終わりのプロローグ
  2. (1-1) 出会いと別れの始まり
  3. (1-2) 病室と彼女の提案
  4. (1-3) まだまだ子供な僕たちは
  5. (1-4) いつだって言葉は後からやってくる
  6. (1-5) 静かな始まりと終わり
  7. (2-1) 勉強不足な受験生
  8. (2-2) 冬の訪れ
  9. (3-1) 積もった埃を払い落として
  10. (3-2) 抱えた願いと煩悩の数
  11. (4-1) 神様に願い事を
  12. (4-2) 冬場の電車は眠たくなるから仕方ない
  13. (4-3) 一日の夜に見る夢を初夢という
  14. (5-1) 彼女と父はきっと違うのに
  15. (5-2) その時はともに
  16. (5-3) 僕らの元に彗星は落ちてくる
  17. (6-1) 隣の芝は青く、ここはもう雪景色。
  18. (7-1) 彼女のいない病室
  19. (7-2) 微かな希望と絶望
  20. (7-3) もう一人の作家と
  21. (8-1) 少しだけ残酷な現実
  22. (8-2) 沈んで行く、太陽に。
  23. (8-3) 打ち砕かれ、落ちていく。
  24. (9-1) それはきっと許された奇跡という名の夢
  25. (10-1) あとがきのない物語
  26. (10-2) 春にとける花の名前
  27. (11-1) 他愛のない夢物語を最後に