ヤスデ人間――あるいは人の価値に関するいくつかの不安――

作者 既読

197

74人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あなたは差別の正体をどれだけ理解していると言うのか?
言うまでもないことだが、『変身』はナチスにおけるユダヤ人差別の比喩として書かれた小説である※。この作品は、現代における差別されるべき存在としてヤスデ人間となってしまった主人公の葛藤がユーモラスに描かれている。

勿論、差別されるべき存在など許されてはならない。だが差別はいけないなどと、口先では言いながら、この中にヤスデ人間を目にして嫌悪を感じない人間がどれだけ居るだろうか。
私には恐らく無理だ。生理的に無理なモノは無理。それを人間に置き換えた時、私の中に眠る差別の正体が浮き彫りになるのである。

ちなみに、私は小学生の頃に『変身』をSF小説だと思って(授業中に)読んでいたので、教師に見つかっていたく褒められた時には逆に驚いてしまった経験がある。それ以来、夏休みの読書感想文は毎年『変身』を題材にしたので感想文も徐々にブラッシュアップされ、大変良い物になった。担任が違えば案外バレないものなのだろう。そう言えば、ここに書いた文章の一部は当時にも書いた覚えがある。

何が言いたいかと言うと、私はそのくらいカフカには詳しいんだぞ!というアピールである。一見分かりにくいとは思うが、この作品は随所に原作の文体模写まで取り入れられており、詳しい者でさえも唸らせる出来だ。
実を言うと私は最近『こたつ女』というオマージュを書こうとして、あまりに安易な発想だったのでボツにした経緯があるのだが、今は書かなくて良かったと心から思う。どう考えてもこの作者に任せた方が面白いし何より楽チンだから。

もし叶うならば、長編として続きを書いて貰って、人間の醜さや愛について更に深掘りして欲しいと思う。

※(という解釈もある)

★★★ Excellent!!!

ヤスデになってしまったという悲劇を、ポジティブに生き抜くとしまさ。
ポジティブに生きる中でも、時たま見せる不安の色がとても効果的。

みんなが優しくしてくれるだけでなく、辛い当たり方もあるという双方の対応を見れたのがとても良かったです。

どんな悲劇も自分の行動次第で喜劇に変わる。

そんなメッセージ性を感じました。

いいな、ヤスデ人間。

★★★ Excellent!!!

突然、主人公がヤスデになるという突拍子のない設定から始まりますが、主人公や周囲の反応がやたらと冷静なのが、読んでいて何ともおかしかったです。
でもあれはあれで、ある意味、リアルなのかもしれないですね。

それ以上に、非現実的な外見でもすんなり受け入れてくれる世界が優しく、とてもいい読後感でした。

★★★ Excellent!!!

人間は異常を排除する。
それは普通の人間の姿であっても同じです。
見た目と心のどちらかが異常だったり欠けていたとしたら、人間はその異常者を容赦なく排除するでしょう。
人間社会が心や顔の歪んだ障害者を隅に追いやっていることと同じです。

だから主人公は幸運です。
見た目が異常でも、心は人間で、だから見た目なんて関係ないと家族に思われたからです。
まあ、人間の言葉を話せるという部分もあったからではあるのでしょうが、それでも家族の愛の強さが、見た目の異常を乗り越え、彼を生かしたのだと、私は思いました。
カフカのザムザも、家族の愛を示したのが妹だけでなければ・・・

けど、カフカのザムザの方が世の中の反応としては悲しいことに普通です。
だって、異常なのですから。
でも、だからこそこういう優しい物語の結末がとても良いものだと思いました。

★★★ Excellent!!!

身に起こった変化はとてつもなく大きく奇怪であったにもかかわらず、社会はとしまさを受け入れた。
彼は普通の人間――ヤスデでない人間よりも、少しだけ幸せなのかもしれない。周囲の人間がそう思っていなくとも、『幸せ』の定義は人それぞれなのだから。

少しだけ心が温まった。

★★★ Excellent!!!

人を人たらしめるものとは何か。人間は何を持ってして自らを人間と定義しているのか。まあ身もふたもない事を最初に言えば、まず第一に遺伝子、肉体、生態、外観。つまり物質的な存在としての「みため」が定義の要因であろう。しかし、外観さえ人間であれば人間であると必ずしも言えるだろうか?「ひとでなし」という言葉がある。人の道から外れた外道に対して付けられる人間用の蔑称(豚にひとでなしと言ってみても始まるまい)である。即ちここに、もう一つの人間の定義がある。周囲の人間から人間であると認められること。人間として帰る場所があること。受け入れてくれる人がいること。それさえあればきっとどんな「みため」になっても、ひとはひとでいられるのだろう。ーーあなたには、ひととして帰れる場所がありますか?

★★★ Excellent!!!

この作品で面白いのは、主人公の抱く不安な予想がことごとく裏切られていく様相にあります。案外人間という生き物はしぶといものだし、多少予想外なことが起こっても話と理解さえ怠らなければある程度は何とかして受け入れる力を持っている、そんな社会への信頼を感じ取れました。またアイデア元となっているカフカの虫との違いを読み比べて見るのも一興かもしれません。

★★★ Excellent!!!

変身のグレゴール・ザムザは不幸を受容し諦めて死んだ。あれを初めて読んだ時、僕は全ての表情を失った真顔になったものだ。

けれど、このヤスデ人間を読んだ後の僕は今、ニヤニヤと笑っている。

明日起きた時、ヤスデになっていたらあなたはどう行動するだろうか。僕はとりあえず悪い夢だと思って二度寝して会社をやすんで(ヤスデだけに)いつもの習慣でxvideos見たりして、でも自分自身のヤスデがどこにあるか分からない事にショックを受けたりすると思う。

話が横に逸れた、面白いから読んで。
僕からは以上です。

★★★ Excellent!!!

人はどんな姿に成り果てても、人間でいられるだろうか。
たとえ、気持ちの悪いヤスデの姿であっても。
本作は軽く読めるようでいて、その実人間とは何か?という鋭い問いを読者に突きつけてくる。
どんな条件が整えば、人は人でいられるのか。本作はこの問にひとつの答えを出したものと言えると思います。

★★★ Excellent!!!

どんな突発的な不幸だってちゃんと向き合って話し合って折り合いをつけていけばどうにもならないなんてことはないのかもしれない。
としまさは運が良かっただけって、ひょっとしたらそうなのかもしれないけれど、運だってちゃんとやってる人のところに多く巡ってくるものなんだから。

★★★ Excellent!!!

フランツ・カフカの変身をさらっとよんだ程度だけど、あれは欝々としてどうしようもない不快さをもたらす作品だった。
これはうって変わって、人間社会もそれほど捨てたものではないと思わせる明るいものになっている。
諦めずに前を向けば多分、運もまわってくるし希望も見えてくるんじゃないかなと思わせてくれる短編だった。

それはそれとしてムカデもヤスデも不快害虫なので目の前に現れたら排除しちゃうかもしれない。にんげんはエゴイスト。