ヤスデ人間――あるいは人の価値に関するいくつかの不安――

作者 既読

これこそ真のノーマライゼーション

  • ★★ Very Good!!

異形のモノとなった男に対して、家族や知人はどう接するのか。それを現代的に描いていて、興味深い作品。
ラストに悲壮感がないのも、この作品らしいくて良いところ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ザイキッカーさんの他のおすすめレビュー 4