ヤスデ人間――あるいは人の価値に関するいくつかの不安――

作者 既読

これは喜劇だ

  • ★★★ Excellent!!!

ヤスデになってしまったという悲劇を、ポジティブに生き抜くとしまさ。
ポジティブに生きる中でも、時たま見せる不安の色がとても効果的。

みんなが優しくしてくれるだけでなく、辛い当たり方もあるという双方の対応を見れたのがとても良かったです。

どんな悲劇も自分の行動次第で喜劇に変わる。

そんなメッセージ性を感じました。

いいな、ヤスデ人間。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

屈橋 毬花さんの他のおすすめレビュー 14