騒音注意

作者 RAY

132

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

昔から度々問題になる「騒音」。勿論その原因は騒音を出す側に多いかもしれませんが、一方で騒音に耐える側も耐える側で様々な事情を抱えていることもたまにあるようです。

ですが、その作品のような「事情」にまで至ってしまうと、それこそ大変な事態につながりかねない…かもしれないですね。
意外なオチがあっと言わせる、ショートショート作品です。

★★★ Excellent!!!

ああそうだ、確かにそうですよね、うんうん私もそう思います、だってそうだよ!と、読み進めていくうちに――。

一度でも楽しい、2度目でさらに楽しい、3度目はもっと。
再読の楽しさも味わさせてくれる作品です。

私も、騒音を出さないように気をつけなきゃ、と素直に思いました。

★★★ Excellent!!!

読んでいく間は、ほのぼのとしたお話だ、と口許を緩ませたが、おや?これは……と。
読み終わった後に、また読み、一語一語確認し、そして、再度読み……なるほど、これは面白い。
軽く読んでも深く読んでも二度も三度も楽しませてくれるお話でした。
是非、御一読を。あ、繰り返しお読みするのをお勧めします笑

★★★ Excellent!!!

あっしもね、色々な短けぇお話を読んじゃあレビューなんてもんを書かせてもらってやすがね、こいつぁ久しぶりに「やられたっ」て思いやしたね。
えっ、静寂な土地が舞台かえ?
なるほどなあ、きょうびは都会に住もうたって数えたことねえ0がいっぺぇ付いてて、とてもじゃねえが、庶民にゃあ手が届きゃしない。
そんでもって、話の続きがどうなるかってえと。
ここから先は、タダちゅうわけにはいけねえやな。
おまえさん、時間あるかい?
だったら読んでみない。
あっしが唸ったんだ。おまえさんならオチまで読んだら腰を抜かしちまわぁ。
ってな具合のショートショートです。

★★ Very Good!!

いやホント、心の中ですみませんと頭を下げたくなりました。自分は少々離れたところに住んでいる人間ですけど、騒音を出す側なので。すみませんすみませんだから呪わないでくださいお願いします。

騒音という時事ネタを、コミカルかつシュールに描写した良作だと思います。まさかこんなオチが待っていたとは……。

★★★ Excellent!!!

うなりました。
考え抜かれた構成、適切なキャラクター配置、必要かつ最小限のセリフ、それらをコンパクトにまとめながら、物語は進みます。
よくよく見ると伏線はいろいろとあったのです。
ですがミスリードされてしまいます。
そして明かされる驚愕の真相!
なぞなぞのようなレビューはこのあたりにして、ぜひ本編にお進みください。楽しいですよ!

★★★ Excellent!!!

ある朝突然近所の空き地で始まった騒音。
その非常識ぶりに憤る夫を、穏やかな古女房が宥めるのですが、夫の血気盛んな血筋の話題になっていき…。

変化球の得意な作者様が今回はどのようなオチをつけるのだろうとワクワクしながら拝読しましたが、今回も見事にストンと落ちてました!

この変化球、癖になります☆