• ラブコメ
  • 異世界ファンタジー
プロフィール
自分の書いた小説がいつか紙の本になって本屋に並んで誰か手に取って読んでくれたら……もう何年もそんな夢を見てため息をついています。 かつてはライバルを釘バットで撲殺して消去法でデビューしようと試みたり…続きを読む

作家にギフトを贈る

いただいたギフトは小説の資料費にしたいけど、多分、食うや食わずの生活の足しになってしまうと思います
カクヨムサポーターズパスポートに登録すると、作家にギフトを贈れるようになります。

おすすめレビュー

もっと見る