異世界戦車奇譚 小さな希望を紡ぐ姫と鋼鉄の王虎を駆る勇者

作者 ニセ梶原康弘

94

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こちらの方は才能が半端なくあります!かじぃさんはお金出して読みたい小説ばかりです!何故プロになれないのか?不思議です!作家希望の方は多いと思いますがかじぃさんは天才だと思ます!プロより面白いです!作家になったら必ずお金出して買います!そうはみなさん思いませんか?プロになっても売れないならプロ辞めてください!デフヲタも最高に面白かったですし!かじぃさんは必ずプロになります!私は必ず買います!売れない作家はプロじゃないです!

★★★ Excellent!!!

 これまで一般的だった(個人的見解)チート勇者=善、魔族=悪という固定概念をひっくり返した設定で進んでいく異世界ファンタジーです。

 人とは力を手に入れると傲るのが普通です。いくら前世の記憶を残して転生したところで、急激に悟りを開き成熟するわけではありません。
 この作品に出てくるチートな勇者たちは『力』を振りかざし、ただただ弱い者いじめをして『強さ』を勘違いしているに過ぎないのです。

 『魔族』というだけで不要な攻撃を受け、逃げるしか術の無くなった彼らを執拗なまでに追い掛け回す……そんな彼らに救いの手を差し伸べたテツオも『チートな勇者』なのですが、彼は人に傷つけられた『痛み』を知っています。

 事故で死にました、チートあげるから別の世界で生きなはれ的なものとは一線を画した人間ドラマだと思います。現在連載中ですが、今後の展開に期待の持てる作品です。

★★★ Excellent!!!

これは素敵なティーガーII最強伝説。
難しい理屈とかはいりません。
彼はただ撃ちます。
弱き者たちのために。

「ティーガーが来た!」
これだけで蘇る希望。

なんて格好良い!
スカッと爽快。

ですが、これ実は
勇者とは、希望とは……
いろいろ考えさせられる作品だったりもします。
是非見てみてください。

★★★ Excellent!!!

著作の『デブオタ~』にも通ずる、作者が恐らく一番得意な、弱者側の情感が籠もったチート勇者作品です。
いじめや迫害などを異世界チート物に置き換えた感じで、俺tueeeにありがちな一方的な”悪”への無双を行うジャイアン的な勇者から、”悪”にされている弱者達を剣でも魔法でもなく戦車で守ろうする主人公という構図は聞いたことがなく、非常に新鮮です。

★★★ Excellent!!!

異世界転生してきた勇者たち――に、虐げられる魔族たち。

この物語は、魔族たちの国がチート勇者の魔の手によって侵略を受けているという世界観となっております。魔族たちは、圧倒的な力を持った勇者たちの手により、殺戮されたり、あるいは虐げられたりしております。

なすすべもなく逃げ惑い、絶望のどん底にいる魔族たち。そんな彼らの前に現れたのは、何の力も持たない一人の少年と――ナチス・ドイツのティガー戦車でした。

痛快な物語に必要なものは、胸糞悪い悪役であると思います。この物語に出てくる勇者たちは、実に素晴らしいほどに胸糞悪いです。魔族を悪だと決めつけ、独りよがりな正義感に酔っており、エロゲーのヒロインみたいな美少女たち(なぜか目は虚ろ)を囲ってハーレムを築いております。そして、何の罪もない魔族たちに対して悪逆非道の限りを尽くしているのです。

そんな勇者たちに対し、主人公とティガー戦車が正義の砲身を向けます。

しかし、ただの勧善懲悪でないところもまたこの物語の醍醐味です。

ティガー戦車を作ったのは、かのナチス・ドイツです。

日本のアイドルがナチスの軍服を着て騒動になった・漫画に出てきたハーケンクロイツが規制された――などという問題は多くの人が知る通りでしょう。ティガー戦車を始めとするナチスの兵器にも、似たような問題は常につきまとっています。

では、異世界で虐げられている人々をナチスの兵器が救うという本作にも、何かしらの倫理的問題が発生するのではないか――という疑念が発生してきます。

実を言うと、この物語の大きな魅力はそこに隠されているのです。いや、全面的に押し出される魅力ではなく、あくまでも物語のスパイスとしての魅力ではありますが――しかし、私はまさにこの点を推したいのです。

それは、虐げられる者の視線と、虐げる者の視線です。

この物語には、特に虐げられる者の視点… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

ラノベに限らず、世界中どこにでも、強い勇者が冒険して、魔物をばったばった倒して気持ち良い! すっきり! というエンターテイメントが楽しまれているわけですが……
モブとして現れモブとして消えていくはずの世界にスポットライトを当てた、世にも珍しいお話です。
新しい視点で、面白かったです!

★★★ Excellent!!!

今まで本屋でたくさんの転生勇者のチートハーレムを読んだけど、「あーおれまたまたやっちゃいましたぁ」「あんぎゃー」で瞬殺。後はキャッキャウフフでグダグダのままおしまい。このお話って作者は何が言いたかったの?っていうのが多くて異世界ものは好きだけど正直うんざりしてました。
瞬殺される魔王様ってかわいそうだな、と私のように思っている人は結構いるんじゃないでしょうか。
救われるお話ってないだろうかと探していて、いろんな話を読んできたけど、これですよ!こんなお話を読みたかった!と思いました。

「お前たちがしていることはいじめと同じだ!」と叫んだテツオくんに「そうだよ!そのとおりだよ!」と心の中で拍手しました。

テツオくんと戦車にはどうか泣き虫のかわいそうなお姫さまと魔族のみんなを最後まで守って欲しいです