ティーガー戦車異世界戦記 ~小さな希望を紡ぐ姫と鋼鉄の王虎を駆る勇者~

作者 ニセ梶原康弘

これは読ませるお話だ、間違いない。

  • ★★★ Excellent!!!

これは、読ませるお話だ。そう思う。

ミリタリー物は、とかく細かいところをつつきまわしたい読者がいる。でもそういうものは一端置いておくと良い、そこにこのお話の本質はないので。

デウスエクスマキナとして戦車を使い、調子に乗り倒した勇者を吹き飛ばすという、わかりやすいルサンチマン。

ありきたりかもしれない、だが、世の中には面白いお話というのが確かにある。
それは、読み始めると先をついつい読んでしまうお話だ。

文章のリズム、構成、キャラクターへの感情移入。

これは読ませるお話だ。
そして読ませるお話は面白いお話なのだ。

お話は、誰が書くかで価値が決まるわけじゃない、何を書くかで価値が決まる。
このお話は面白い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー