揺籃の国

作者 滝野れお

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全169話

更新

  1. 第一章 西伯国
  2. ●別れと始まり●
  3. 序 水神の贄
  4. 一 岩の里
  5. 二 智至国の使者
  6. 三 別れ
  7. 四 西伯へ
  8. 五 千代姫の呪い
  9. 六 アカルと山猫の神
  10. 七 呪い返し
  11. 八 炎の夢
  12. 九 鴉の王の誘い
  13. 十 西伯(さいはく)の巫女
  14. 十一 大地の揺らぎ
  15. 十二 大神岳の王
  16. 十三 地鎮めの珠
  17. 十四 智至(ちたる)の王
  18. 十五 新たな依頼
  19. 十六 旅立ち
  20. 第二章 金海国・智至国
  21. ●恋と陰謀●
  22. 一 千代姫の輿入れ
  23. 二 毒虫
  24. 三 末弟ソナ
  25. 四 遠い夢
  26. 五 邂逅
  27. 六 ソナの決意
  28. 七 智至へ
  29. 八 小宴
  30. 九 泡間(あわい)
  31. 十 白い女
  32. 十一 修練
  33. 十二 巫女の影
  34. 十三 求める者、拒む者
  35. 十四 誓約(うけい)
  36. 十五 隠(なばり)の海賊
  37. 十六 恋の終わり
  38. 十七 八神の疾風
  39. 十八 帰郷
  40. 第三章 姫比国(前編)
  41. ●再会●
  42. 一 雨宿り
  43. 二 姫比の阿知宮
  44. 三 鳥柴(とりしば)
  45. 四 黎明
  46. 五 夜祭り
  47. 六 アカルと鷹弥
  48. 七 昇多の頼みごと
  49. 八 焔の一族
  50. 九 炎の傷痕
  51. 十 焔の城
  52. 十一 地下牢
  53. 十二 再会
  54. 十三 闘犬
  55. 十四 闇人の正体
  56. 十五 脱出
  57. 十六 仇討ち
  58. 十七 軛(くびき)
  59. 十八 富谷の里で
  60. 十九 帰途
  61. 第四章 姫比国(後編)
  62. ●流転●
  63. 一 幽霊騒ぎ
  64. 二 書庫
  65. 三 角石(つのいし)の報せ
  66. 四 冷たい月
  67. 五 シサム
  68. 六 黄色の衣
  69. 七 海竜の使者
  70. 八 水仙の庭
  71. 九 野望
  72. 十 冬至の儀式
  73. 十一 炎の鳥
  74. 十二 幽霊
  75. 十三 新しい年
  76. 十四 恋と憎しみ
  77. 十五 策謀
  78. 十六 告白
  79. 十七 流転
  80. 第五章 都萬国(前編)
  81. ●魔物●
  82. 一 古の壺
  83. 二 座敷牢
  84. 三 黒蜘蛛
  85. 四 姫比の新王
  86. 五 西都(さいと)
  87. 六 十世とアカル
  88. 七 萌芽
  89. 八 一陣の風
  90. 九 罠
  91. 十 奴婢
  92. 十一 ヒオクと長青
  93. 十二 繭糸の檻
  94. 十三 隼人の姫
  95. 十四 光と闇
  96. 十五 八洲の地図
  97. 十六 鈴釧(すずくしろ)
  98. 第六章 都萬国(後編)
  99. ●呪縛●
  100. 一 暗御神(くらおかみ)
  101. 二 宇奈利(うなり)の神話
  102. 三 共闘の誓い
  103. 四 蛇の洞
  104. 五 楓の予言
  105. 六 異変
  106. 七 決裂
  107. 八 真砂島
  108. 九 黒き蛇神
  109. 十 炫毘古(かがびこ)
  110. 十一 疑惑
  111. 十二 一撃
  112. 十三 鳴動
  113. 十四 導く者
  114. 十五 過去の呪縛
  115. 第七章 與呂伎(よろぎ)
  116. ●悠久の時●
  117. 一 雨の誓い
  118. 二 目覚め
  119. 三 白虹貫日
  120. 四 海竜の群れ
  121. 五 岩の巫女
  122. 六 泡間(あわい)の魔物
  123. 七 貴島(たかしま)
  124. 八 梟
  125. 九 来訪者
  126. 十 歌垣の夜
  127. 十一 白昼夢
  128. 十二 北海の旅
  129. 十三 與呂伎(よろぎ)の櫛比古
  130. 十四 八洲の歴史
  131. 十五 武早(たけはや)
  132. 第八章 尹古麻国
  133. ●慟哭●
  134. 一 軍船(いくさぶね)
  135. 二 雄徳山の砦
  136. 三 尹古麻(いこま)の国主
  137. 四 畏(かしこ)の谷
  138. 五 炎の首環
  139. 六 地獄で・・・
  140. 七 交錯
  141. 八 山津波
  142. 九 逝く者
  143. 十 夢の残り香
  144. 十一 人喰い
  145. 十二 底なし沼
  146. 十三 戦士の遠吠え
  147. 十四 それぞれの想い
  148. 十五 大王の影
  149. 第九章 八真都国
  150. ●志貴の大王●
  151. 一 大王の都
  152. 二 即位と成婚
  153. 三 御祖神(みおやがみ)の助言
  154. 四 遠い記憶
  155. 五 光の力
  156. 六 怪異
  157. 七 十世の覚悟
  158. 八 恋情
  159. 九 開戦の狼煙
  160. 十 空と大地の密使
  161. 十一 男童(おのわらわ)
  162. 十二 過去視
  163. 十三 矢速(やはや)
  164. 十四 運命の神の手
  165. 十五 約束
  166. 十六 懺悔
  167. 十七 アカルの告白
  168. 十八 月下の婚姻
  169. 第十章 大八洲
  170. ●真秀●
  171. 一 霊木の枝
  172. 二 身の処し方
  173. 三 穴戸海門
  174. 四 波紋
  175. 五 美和山の巫女たち
  176. 六 十世と依利比古
  177. 七 救いの手
  178. 八 昔話
  179. 九 巫女集結
  180. 十 尹古麻の守護神
  181. 十一 命の梯子
  182. 十二 矢速と豊比古
  183. 十三 戦いの行方
  184. 十四 山神
  185. 終 真秀(まほろば)
  186. あとがき
  187. 番外編
  188. 「筑紫へ」 (全三話)
  189. 1. 長青
  190. 2. 十世
  191. 3. 安波岐の宮にて