彼女が欲しかった俺が、日常に変化をもたらすまで。

作者 小倉桜

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全20話

更新

  1. 第1話 「そういうのは本人から聞くもんだよ……」 ため息交じりに答えた。
  2. 第2話 「気にしなくていいんですよ」 はい、残機が減りましたね。
  3. 第3話 「まだ連絡先交換してなかったね……」 忘れてたというように苦笑した。
  4. 第4話 「こう持つのよ!」 しんどい戦いになりそうだ。
  5. 第5話 「ありがとね」 この笑顔は反則レベルだ。
  6. 第6話 「うん。そうだね」 思い出しつつそう答えた。
  7. 第7話 「特に予定ないんだよねぇ」 ゴロゴロしながら答えた。
  8. 第8話 「二人ともお願いしますっ!」 また俺の出番はなさそうだ。
  9. 第9話 「ふふふふ……」 くすくすと笑っていた。
  10. 第10話 「すっごいおいしいねぇ」 頬を押さえながら言った。
  11. 第11話 「なにそれ……」 表情を変えずに答えた。
  12. 第12話 「お待たせ」 とても似合っていてかわいかった。
  13. 第13話 「ほら、早く行きなさい!」 心配そうに送り出した。
  14. 第14話 「おはよう!」 さすがに違うと思う。
  15. 第15話 「え゛っ」 今の声どこから出たんだ?
  16. 第16話 「これ、私からのプレゼント!」 喜んでいる姿が見えた。
  17. 第17話 「もーう!」 もはや恒例行事である。
  18. 第18話 「あたしもバイトしよっかな~」 反射的に聞き返した。
  19. 第19話 「ど、どう?」 思わず本音がポロリと零れた。
  20. 最終話 「あ、あの……」 小さく声が上がる。