南風に背中を押されて触れる

作者 郷倉四季

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全85話

更新

  1. 2013年【行人】目が合ったら三秒以内に声をかける。
  2. 2013年【行人】「優子さんの行方、探してくれない?」
  3. 2013年【行人】秋穂はお姫様で僕は用心棒。
  4. 2013年【行人】「お前が動く理由なんて、それしかねーだろ?」
  5. 2013年【行人】「中谷勇次って知ってる?」
  6. 2013年【行人】あの頃と今で僕はどれほど変わったと言えるのだろうか?
  7. 2013年【行人】「ロマンはどこ行った?」
  8. 2013年【行人】「ねぇ行人くんって万引きしたことあるかい?」
  9. 2013年【行人】「ねぇ、私のどこが、好き?」
  10. 2013年【行人】「他の女の臭いがする」
  11. 2013年【行人】今日は安藤朝子の命日だった。
  12. 2013年【行人】「あずきって彼氏いないの?」
  13. 2013年【行人】「ねぇ未来予想図ってある?」
  14. 2013年【行人】『そーいう意味で消えて無くなりたいんだよ』
  15. 2013年【行人】ま・て・て。待ってて?
  16. 2013年【行人】ブレーキを踏め。
  17. 2013年【行人】山の神様は女なんだ。
  18. 2013年【行人】どちらともなく手を繋ぎ、夜の町を歩いた。
  19. 2013年【行人】「私はね。もう席で待つことが当然だって思う人生は送りたくないんだ」
  20. 2013年【行人】なら、最後まで行くしかない。
  21. 2013年【行人】女の子はゲームに熱中する時期が必ずあるのだろうか?
  22. 2013年【行人】「生物学的に確認されていない未知の動物」
  23. 2013年【行人】「行人くん、君は秋穂と一緒にいるべきじゃない」
  24. 2013年【行人】「どれだけ回り道、寄り道、迷子になるかが人生の醍醐味だ」
  25. 2013年【行人】UMAと言うより、神様だと思った。
  26. 2013年【行人】「オカルトがどうして無くならないか、考えたことある?」
  27. 2013年【行人】『コンビニ強盗は深夜って決まっているじゃないか』
  28. 2013年【行人】全ては偶然で、僕はそれに意味を見出している。
  29. 2013年【行人】「神様」
  30. 2013年【行人】「連れのハメ撮り動画で抜くか、死ね」
  31. 2013年【行人】必死であることが恐い。
  32. 2013年【行人】「秋穂」「なに?」「好きだよ」
  33. 2013年【行人】今の僕に、この小さな光は必要だった。
  34. 2013年【行人】――これは祭りなんだ。
  35. 2013年【行人】「お姫様の用心棒です」
  36. 2013年【行人】「生きてるより、死んでくれていた方が良いこともあるのかも知れない」
  37. 2013年【行人】「時に生かされるような、時には殺されるような夢ってあるか?」
  38. 2013年【行人】田中さんの万引きは、上手くいった。
  39. 2013年【行人】愛と暴力の歌がある、
  40. 2013年【行人】秋穂を慰めんのは僕の役目だから。
  41. 2013年【行人】普通だ、何の捻りもない、平凡な結論だ。
  42. 2013年【行人】「でもね、その結果、君の言葉は軽く、薄く、弱い。誰にも届かないものなんだよ」
  43. 2013年【行人】目を覚ますと秋穂がいなくなっていた。
  44. 2013年【行人】秋穂だとしたら、チャイムは鳴らさない。
  45. 2013年【行人】もう関係は終わったのです。
  46. 2013年【行人】僕は本当に自分のことしか考えていないのだろうか?
  47. 2013年【行人】「行人、私はあんたを今から殴る」
  48. 2013年【行人】僕の無力。問題はここに帰結する。
  49. 2013年【行人】『そうせずにはいられない』
  50. 2013年【行人】ブレーキを踏んで、しないといけないこと。
  51. 2013年【行人】「仕事人間」
  52. 2013年【行人】例えるなら正義の味方に、僕はなれるのだろうか?
  53. 2013年【行人】問題の全ては結局ここに帰結する。
  54. 2013年【行人】当時の僕は今よりも、弱く脆かった。
  55. 2013年【行人】しかし、事件はもう起きてしまった。
  56. 2013年【行人】純粋な他人の人生。
  57. 2013年【行人】まさに叶わぬ恋というヤツだった。
  58. 2013年【行人】私は私の人生に納得していたし、幸せだった。
  59. 2013年【行人】人生はシーソーみたいなものだと私は思う。
  60. 2013年【行人】喪失することが必ずしも成熟へ繋がると私は思わない。
  61. 2013年【行人】相手のことを信じることが恋愛だって、俺は思うんです。
  62. 2013年【行人】楽で傷つかない方法を僕は選び続けている。
  63. 2013年【行人】せっかく生きてるんだから、ゆっくり進みなよ。
  64. 2013年【行人】僕達はいかにして始まり、終わったのか。
  65. 2013年【行人】それでも、僕は「ただの秋穂」の横に立つことを選ぶ。
  66. 2013年【行人】「あたしの理想であり続けて」
  67. 2013年【行人】あずきは怒っている。
  68. 2013年【行人】私は幸せになったんだ。それを、知らせに来たの。
  69. 2013年【行人】人生はゲームじゃない。現実だ。
  70. 2013年【行人】あんたは間違いなく、私の子でしょ?
  71. 2013年【行人】兄貴が出版した本「南風」。
  72. 2013年【行人】ヒーロー気取り、探偵気取り、主人公気取り
  73. 2013年【行人】加害者の身内。
  74. 2013年【行人】僕にとってこの時間がなければ前には進めない。
  75. 2013年【行人】「井口さんは秋穂のことが好きなんですよね?」
  76. 2013年【行人】川島疾風は本当に神様のような存在だったのかも知れない。
  77. 2013年【行人】僕と秋穂の生活は全て終わった。
  78. 2013年【行人】僕に何か出来るとも思えなかった。
  79. 2013年【行人】できれば僕の知っている人、みんな幸せになってほしい
  80. 2013年【行人】行人はまだ西野さんのこと、好きなんだな
  81. 2013年【行人】僕が秋穂と契約をした場所。
  82. 2013年【行人】正しい正義の血筋の家。
  83. 2013年【行人】「やくざの人もナンパしたの?」
  84. 2013年【行人】「秋穂に会いに行こうと思います」
  85. 2013年【行人】目があったら三秒以内に声をかける。