フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

レビューを書いた小説

ピアニーに恋をしたのは、妻も子もいる男性だった。 それも、己が仕える貴人の夫。 この時点で逃げていれば良かったのにと、思うのです。 あろうことか、若いピアニーはそれを『ゲーム… 続きを読む

★★★Excellent!!!

主人公の宝余は、強いひとだ。 別に、クマを倒せるとか一日で千里を走るとか、そういうことではなくて。 平穏な暮らしを終わらせられても、嫁いだ先で理不尽な仕打ちを受けても、必ず前を… 続きを読む

★★★Excellent!!!

子猫を拾ったことから始まる一連の出来事と、その中で筆者さんが感じたこと考えたことを赤裸々に書いてくれたエッセイ。 私は生き物を飼ったことがない人間だけど、いろいろと考えさせられた… 続きを読む

★★★Excellent!!!

本人は「社畜」だと謙遜する。 だけど、最後の最後まで読めば、一言では言い表せない何かに突き動かされて生きているのだと、胸が熱くなる。 誰かを助けたい。役に立ちたい。見返りなんて… 続きを読む

★★★Excellent!!!

あまり書くと全部ネタバレになってしまうけれど。 切ない時間の最後に、もう一度進むことができて良かった、と。彼らのこの先の幸いを祈るばかり。 涼しい夜にしんみりと、どうぞ。

★★★Excellent!!!

SNS『映え』のためならなんでもする。 なんでもしたのだけど…… そんな現代の病を描いた掌編。 言葉の選び方、並べ方が素晴らしい。 余計なものは何もないのに、だけど足りない… 続きを読む

★★★Excellent!!!

『必死』ってなんだっけ。 死力を尽くすとか、命を賭けるとか、他にも言い換えた言葉がなかったっけ。 ……命あるもの『必ず死ぬ』んだけどさ。 発想に拍手。

★★★Excellent!!!

石頭、と言いますか。己が見たものを見たままに受け入れる素直な方、と申しますか… アルノルド・サガフィ少尉は、清廉潔白そのもののお人。騎士道に、誇りに準じるまま、生きている。 だ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

これが全く関係ない――例えば、職場の端と端に座っているような間柄だったら――その人がどんなマヌケでも気にならないものではないだろうか。 そんな他人だったら気にならないだろう「忘れ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

前略、信長様。 そろそろ「わんぱたーん」に飽きたでしょう。恋愛小説書きとしては、次は濃姫様とのラブラブハッピーエンドが見たいなぁ。 え? これももう既出? はっはっはっ、仕方ない… 続きを読む

★★★Excellent!!!

十五様が書かれる『諜報員・明智湖太郎』シリーズの中でも、目下一番古いエピソードが綴られたこちら。 まだまだ新米の諜報員たち、どこかお茶目で、頼りなくて、お互いの信頼関係もちぐはぐ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

「片付けられない」と一言でいっても、理由はいろいろあるのだ。 ベティは紫の壁に阻まれて、動けないでいる。 模範的ゴミ屋敷をピカピカに磨き上げた、マキカとトリシャのその後のお話… 続きを読む

★★★Excellent!!!

マユミ・タカムラ・ロバチェフスキー大尉。己の知性と胆力を頼りに、宇宙に飛び出した女性。 アルミ・ロビンソン。幸運と一身に注がれた愛を抱いて、故郷を飛び出した女性。 二人の女性の魅… 続きを読む

★★★Excellent!!!

最近レビューを書く時は「この作品をどんな方に読んでもらいたいだろう」ということを考えている。 さて、この作品は? おにぎりスタッバーを楽しんだ人? 航空機バトルが好きな人? 戦… 続きを読む

★★★Excellent!!!

通常は口座振替なり振込なり源泉徴収なりで支払う税金。手続きをすっぽかすと、必殺取立て人が現金以外の方法で回収にやってきます。 その「取立て人」たちを描いた作品がこちら。 語り口… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ポリグラフというと聞き慣れないけれど。嘘発見器といわれると、なんとなく馴染みがあるような。 そんな犯罪調査手法が絡んだミステリー。 捜査についての簡単な説明も作中にあります、気軽… 続きを読む

★★★Excellent!!!

歴史小説、中国・則天武后の物語ではあるけれど、難しく構えることはありません。 権力抗争ならびに女の恐ろしさと哀しさの物語としてお楽しみになればよろしいかと思います。 読み終え… 続きを読む

★★★Excellent!!!

突然ですが、整理と整頓は違うものだということをご存じですか? 整理は、要るものと要らないものを分けること。整頓は、要るものを正しい位置に片付けること。これをごちゃ混ぜにすると、物… 続きを読む

★★★Excellent!!!

顔を見るだけでドキドキするのが第一歩。 存在にウキウキするのが、二歩目。 そして、なんとか接触の機会を持とうと、近い場所をウロウロするようになる。 傍にいる時間が増えればそれだけ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

小説を書く時に、どのようなポイントを考え、設定するか。特にファンタジーを書く際に多くの方が悩むに違いないのは、星とレビューの数が物語っている。 舞台の地図は序の口だろう。そこか… 続きを読む

★★★Excellent!!!

子どもの頃好きだった料理。暮らしていた家に、使っていた道具。 無くなってしまう物がある一方で、いつまでも大切に手元に残しておける物もあって。そんな物たちに、気持ちが救われて、良か… 続きを読む

★★★Excellent!!!

難しいことは何一つない作品。 だから、エピソード一つ一つに「あるあるっ」と頷かされると思う。 語り手の感情にするりと寄り添えると思う。 そして、読んだ後にはきっと、カーネーション… 続きを読む

★★★Excellent!!!

きらめく高校生活、盛り上がるのは勉強だけではない。スポーツも、友情も、恋も。 ことが盛り上がれば盛り上がるほど、人の心は熱くなっていく。 その高校でも、おっとりした詩春を中心に… 続きを読む

★★Very Good!!

空前絶後と言っていい揺れと、破壊の跡と、命と生活と。それらに間近で接せられたおおさわさんでしか書けないことが、これでもか、これでもか、と書かれている。 読んでいると苦しくなる。泣… 続きを読む

★★★Excellent!!!

軽快な言い回しだけど、そこに秘められたのは熱くて優しい願い。 私たちは、「お残しは許しません!」と肝に銘じておかなきゃね。

★★★Excellent!!!

感情と言う名のスパイスがふんだんに盛り付けられた、燃え上がる赤の軍艦。その攻撃から逃れることなどできるだろうか!? 次の犠牲は、あなただ。

★★★Excellent!!!

ドールブティック。その名のとおり、人形のドレスを作る専門店。お店の売り子であり、縫い子として目下修行中のメルが、この物語の主人公です。 お店を訪れるのは、大切なドール――分身を… 続きを読む

★★★Excellent!!!

高校生に悩みはつきもの。大きかったり小さかったりするけれど、恋だったり家族だったり、毎日何かしら悩んでいる。 そんな疲れた心を癒してくれるのは、可憐な保健室の先生と知性派スクール… 続きを読む

★★★Excellent!!!

敢えて名前を伏せられている、本編ではイケメンスパイだった彼ら。果たして誰がどうなったのか、は本編を楽しんだ私たちが必死に考えるしかないのです。 後日談ですからね。先に本編からど… 続きを読む

★★★Excellent!!!

太平洋戦争の足音が近づいてきている東京を舞台に、頭脳明晰な諜報員たちが見えない敵に迫り、戦う物語。 スリリングかつ人情味溢れる物語から目を離せないのは勿論、登場人物たちの魅力から… 続きを読む

★★★Excellent!!!

トラックに跳ねられて転生はよくあるパターンだけど、目覚めた瞬間が転生先人生のクライマックスって新しい感じじゃない?その中で悩んだり困ったりすることもなくクライマックスを駆け抜けち… 続きを読む

★★★Excellent!!!

か弱い女子ですもの、ボクシングには興味がなかったの。でも、熱い生き様を見せてくれる背中には、付いていきたくなるでしょう? 物語の舞台は、赤道直下のジャカルタにあるボクシングジ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

あらすじそのままのストーリー。 三葉様の意図とは違うかもしれませんが、私は親心の持ち方を問い直された気分です。 我が子には過不足のない人生を送ってほしい――人並みを祈ることが、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

シリーズ物の二作目、主要な登場人物たちにいろいろな角度から迫りつつあるこちらですが、そこを抜きにしても、ストーリーが面白くてしかたない一編です。 迷い込まされた少女、胡散臭い猫… 続きを読む

★★★Excellent!!!

おおやま、です。 天気が良いと江ノ島まで見渡せるこの山は、雨降り山とも呼ばれる、山岳信仰の地です。 今では、神奈川県内小・中学生の遠足などで賑わう観光地でもあります。 バスの終… 続きを読む

★★Very Good!!

スモーカーなダーリンを持つと、非喫煙者は苦労するのよ! 分かるわー! ……では終わらなかった。 とっても素敵なダーリン。二人のこれからもキラキラしたものでありますよう。 可愛い… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ちょっと横浜に行ってきてもいいかしら? この物語を読みながら、同じ道を歩いてみたいわ! みなとみらい、中華街、ホテル街と開港の地・横浜を彩るものたちがこれでもかこれでもかと押し… 続きを読む

★★★Excellent!!!

羨ましいじゃないですか。 危機管理能力も高いし、喧嘩も強いし、お料理も上手。そして、お嬢様のためなら、例え火の中水の中、颯爽と登場してくれる執事さんなんて! 母親を喪って、途方… 続きを読む

★★★Excellent!!!

たくさんの作品をご覧になった方なりの「好みはこれ」というお話。 決して声を大きくされているわけでも、強い言葉を使ってらっしゃるわけでもないけれど、「分かる分かる!」となる方もいら… 続きを読む

★★★Excellent!!!

就職したばかりの頃、「しゃくじい」が読めなくて恥ずかしい思いをしたことが。 それはさておき、いかにも曰く因縁のありそうな音と字を持つこの池に向かった小学生たちを描いたこのお話。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

安珍清姫伝説。聞いたことはありました。 それをノリノリな文章で復習させていただきまして。 そして、まさかまさかのところまでお聞かせいただいて、ただビックリ。 面白かったです。あ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

キッカケを探して話を聞いてくれる男子、イケメンじゃないですか! しかも上っ面を聞いているだけじゃなくて、どんな想いでそれを言ってくれるか考えてくれるなんて…! 表向き、お寺やそ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

まず、ごめんなさい。日本武道館と混同してました。千代田区と足立区では全然違うのに… 千代田区のそれより、もっとずっと昔からの『武』に近い雰囲気を持っているのでしょう。 古今東西… 続きを読む

★★★Excellent!!!

下町武道具店

★56 エッセイ・ノンフィクション 完結済 1話 1,990文字 2016年10月24日 18:40 更新

東京都伝統文化

明日に命を繋ぐための食べ物さえない。 そんな絶望を知っていながら、名も無き主人公は生きる意志が誰より強い。むしろ、絶望を知っているから、より貪欲なれるのかもしれない。 生きること… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ハゲと言われれば、確かにハゲ。気分としては、涙でメイクがドロドロに溶けた状態でしょうか… 災難に笑いで立ち向かう強さが羨ましい。 肥後の国の心意気が伝わってきました。ありがとう。

★★★Excellent!!!

ミュージカルってワクワクしませんか? 喋って動いて歌って踊って、それを追いかけるのがとっても楽しいと思っているんです。 …といいながら、私は都会の劇場でミュージカルを観ているので… 続きを読む

★★★Excellent!!!

いいなぁ、花筏。 弘前公園の春を飾るその光景を見てみたい。 作中の「彼」は、その美しい光景を愛でていた一人。 ただ、残念なことに、花びらと一緒にいろんな感情が儚くなったようでし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

抜けなくなった棘は、大人になったからこそかしら? お見事でした。 「先生」と呼ぶ相手がいたから、夏目漱石っぽいなと。また、気のきいたダジャレに、しっとり進む会話の魅力もあって、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

愛し合っている者同士幸せになれないなんて、そんなおはなし聴きたくない。私も、かつてはそう夢見てました。 かぐや姫だって幸せになってほしいよね。そんな夢の続きをお知らせいただきまし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

日本人が何気なく感じている霊的なものと、信濃の美しさが、やさしく描かれたお話。 日本の神様って、荒ぶる面と和やかな面両方をお持ちの神様が多いんですよね。このお話に出てくる二柱に、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

持久走も受験勉強も、時間が決められているから頑張れる。それが寿命にも言えるというのは、どうなのでしょうね。 自ら決めた最期の時まで、全力で生き抜く幾子おばあちゃん。読み始めて10… 続きを読む

★★★Excellent!!!

こんなキャッチをつけちゃうと、ホラーと誤解されそうだ。違いますよ。 ぼっとん便所、照明のない廊下、日が沈む前に始まる帰り支度、などなど子ども心に恐ろしい存在は出てくるけどね。 ほ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

訪れたことのない日南海岸の空気が、光が、これでもかというくらいに迫ってくる。 銀鏡さんの日南海岸への想いが溢れてて、今すぐ私をドライブに連れて行って、とお願いしたくなる。でも、こ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

憧れに手を伸ばすのは大事なことだけど、そこは触れちゃいけない場所でしょう? そんな危うさと恐ろしさにゾクゾクしながら一気に読ませていただきました。 着飾ることってなんでしょうね。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

可愛いは正義。だから共存共栄は避けられない。 刑に処された悪魔の末路に、微笑むことも避けられない。 最近急に涼しくなったから、コタツの魔力も半端ない。 テンポの良い文にサクッと… 続きを読む

★★★Excellent!!!

どうしよう、笑っちゃった。ニヤニヤが止まらなくなっちゃった。 咲子ちゃん、幸せになってね! 簡潔に申し述べますなら、時流に乗った幼馴染ラブストーリー、だと思われます。 是非是非… 続きを読む

★★★Excellent!!!

「つ、続きが気になる~!」と毎回の更新を身もだえしながら待っていたweb小説、書籍化したので手に取ったら、そこまでワクワクしなかった――とか。 逆に「盛り上がりに欠けるなぁ… こ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

少子化の世の中では東京でも廃校というのは珍しくない。過疎が進む地域では推して知るべし。 廃校になった小学校の卒業生たちが、校舎の取り壊しに際して、集まってきて――というところか… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ちょーカッコよかった! 誰がって、ウイスキーを飲んじゃうクロエさんとお喋りなバグさんが。 何がって、頭脳戦であり肉弾戦でもある、暗殺?シーンが。 主人公の流れるように続く語り口… 続きを読む

★★★Excellent!!!

カッコいい! …のひと言に尽きると思うのですが、いかがでしょうか? ちょっと気怠げな主人公に、凛とした美人の平さん、真面目な純ちゃん、いろいろ狂ってるウィズ。それぞれの熱いハート… 続きを読む

★★★Excellent!!!

人って優しいなぁ。最後まで読んで思ったのはこのこと。 葵を最初に不幸にしたのは人だけど、そこから掬い上げてくれたのは「人」だし。 そして今度もまた、周囲の人々が救ってくれたと思う… 続きを読む

★★★Excellent!!!

夢の舞台に向かって、脇目もふらず走るミリちゃん。 きっと笑顔の素敵な女の子なんだろうな。 落ち込むことも勿論あるけれど、必ず立ち上がる。周りも手を差し出したくなってしまう。 そん… 続きを読む

★★★Excellent!!!

読んでいる間はハラハラしっぱなし。 とある高校で繰り広げられる凄惨な復讐劇に、実は異能が使われていて――という物語ですが、そこに謎解きと黒幕捜し、ラブコメ要素がミックスされている… 続きを読む

★★★Excellent!!!

寡黙。左利き。無敵の剣。多重間者。 巷に溢れる「斎藤一」のイメージをあますところなく盛り込んで、それでいてハッとさせれる「斎藤一」像を見せつけてくれる。 他にも「伊東甲子太郎」「… 続きを読む

★★★Excellent!!!

そりゃ惚れるしかないよね、彼もカノジョも。 …なんて思うのも、相手のことを考えていないことかしら。 恋愛は相手あって成り立つもの。最後の一ヶ月で彼が得た教訓は、そういうことだと思… 続きを読む

★★★Excellent!!!

粉雪舞う中で、女主人公の一人語りが淡々と進んでいきます。その中で描かれるのは、周りの人から寄せられる優しさや信頼。丁寧な言葉遣いもとても魅力的です。 決して長くない物語、なのに訴… 続きを読む

★★★Excellent!!!

時の流れは残酷なもので、起こった出来事の記憶を曖昧なものに変えていく。 記録でさえ、改竄され、真実を伝えてくれないものになってしまう。 真実が分からなければ、今それがそうある理由… 続きを読む

★★★Excellent!!!

答えはもちろん、物語の中に。 ただ一人の男の死が、世界中のいろんな立場の人たちの心を揺らしていく――という、群像劇。個人的にはリーリヤの物語が、日常的で残酷で清らかで好きです。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

※ただし、同性である。 女子力を高めて帰ってきた幼馴染(男)に、転がされる両親と主人公。だけど、しょうがない。可愛いんだもの。 リアルにこんな男の娘がいたら、わたし、嫉妬しちゃ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

冒頭で延々と聞かされる「ダメ人間とは」。この時点ではコメディかなーと思ったのですが… …コメディでしたよ。私にとっては予想外の方向での。 ラスト一文、笑うか、ゾッとするかは、読み… 続きを読む

★★★Excellent!!!

浮気はいけない。そういうことをしでかす男はフって良し、復讐して良し。 そんな道を突き進むヒロインを草葉の陰?から見守るオカマが、すごく優しい。優しくって、ビャービャー泣きたくなる… 続きを読む

★★★Excellent!!!

不慮の事故というには悔しい事故のせいで外に出かけなくなったお兄ちゃんと、その事故のおかげで重度のブラコンとなった泪ちゃん。泪ちゃんの天性の明るさが、陰惨な事件の結末へと私たちをぐ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

予定調和とか言う勿れ、とても素敵なラストです。

★★★Excellent!!!

とてもお洒落な文章。リズムに乗せられて一気読みしました。 全てのシーンが見どころ。ひたすら腹筋を震えさせられ、最後に柔らかな気持ちを残してくださる作品です。猫好きさんもそうでなく… 続きを読む

★★★Excellent!!!

その花の名を負ったおばあちゃんは、名に恥じぬお人柄。 さんぞくたちと同じ気持ちように、気がつけばおばあちゃんのペースに呑み込まれて、あなたの心持ちもきっと変わっていくはず。

★★★Excellent!!!

ハードボイルドに欠かせないもの。それは、キレ味鋭いアクションと、登場人物たちの美学。この作品にはそれらがちゃんとあります。 まだまだ物語は序盤ですが、「屋号屋」さんたちの鮮やかな… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ただの親切な紳士の話ではありません。 しっとりとした文章から、彼と彼女の戸惑いと葛藤と慟哭が聞こえてきます。 だからこそ、読んでみませんか? 最後、穏やかな溜め息をついてみません… 続きを読む

★★Very Good!!

★をつけた小説

きらきらひかる

★7 現代ドラマ 完結済 1話 1,830文字 2017年9月23日 00:00 更新

文学切ない