フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

レビューを書いた小説

ですが、私のいち推しキャラは仏理学者の碧川先生です。 このかた、恐ろしく人ができている。 ひとができているだけでなく、非常に信仰に篤く、その言動に一切の矛盾がない。 そんな徳の… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ラバール・ド・シャットのみ読了。 というのも、この短編をお勧めされたから。 内容は優しい。 柔らかで、読みやすい。 じつは以前、作者の別の作品を目にしていたのだが、格段に出来栄… 続きを読む

★★Very Good!!

エー、落語家がよく、芸の終わりに、おあとがよろしいようでと申しますな? 落語の席には、前座、二枚目、真打とありまして、あとに行くほど芸達者となっております。 そこで前座と二枚目は… 続きを読む

★★★Excellent!!!

特筆すべきは、その圧倒的な表現力である。 ときに擬音を、ときに古の言葉を、ときに外来の言葉を用い、巧みに組み上げられる物語は、まさしく極上。 到底真似できない筆致は、バトルを人情… 続きを読む

★★★Excellent!!!

無冠の帝王。 ありきたりだが、それが私についた不名誉なあだ名だった。 カクヨムがオープンしたその日から、第一回カクヨムコンに参加して、結果最終選考に残った。 そのあとも、コンテス… 続きを読む

★★★Excellent!!!

多くの方にも覚えがあるだろう。 若い盛り、俗に思春期と呼ばれる年代だったころ、私たちは死にとらわれた。 生きていたくない。 生きているのがつらい。 くるしい。 悲しいことばかりだ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

主人公は召喚勇者である。 彼は召喚されるたび世界を救う勇者である。 だが、この度彼を召還した相手は様子が違って── そんな流れで始まる異世界(といよりワンルーム)の記録。 万能… 続きを読む

★★★Excellent!!!

やぶにらみ、という言葉自体、初耳だった。 それに伴う不可思議なあれやこれ……これもまた、知ることが難しいことだ。 いわゆる心霊現象。 その現象の原因が、なににあるのかはいまだわか… 続きを読む

★★★Excellent!!!

この作品は、シャーロック・ホームズである。 いや、彼を扱った作品はあまたあるし、それをモチーフにしたものは星の数ほど存在するだろう。 だが、この物語は、間違いなくワストン君の手記… 続きを読む

★★★Excellent!!!

この物語は、ひたすらに読み手の不安をあおる。 時にシンプルに、ときに搦め手で、トキには現実感すら危うくさせて。 そして、その不安の極致で、私たちは迷子になる。 それまで手を引いて… 続きを読む

★★★Excellent!!!

この極上の、ダークファンタジーが。 ありとあらゆる称賛をもってたたえられるべき、幻想のミステリーが。 なぜ今だ、ほとんど無名なのか、私にはちっとも理解できない。 こんなにも心が躍… 続きを読む

★★★Excellent!!!

非常に本格的なハイファンタジーです。 しっかりとした骨子、作りこまれた世界背景。 綿密な描写からくる目を瞠る戦闘と。 なによりも、心が躍る詩。 この世界において、詩人はある強国に… 続きを読む

★★★Excellent!!!

人間というのは、多かれ少なかれ他人の顔色を窺って生きている。 相手が望んでいることをやって、相手から好意を勝ち得て、そして相手を支配しようともくろむ。 残念ながら、人間の本質とい… 続きを読む

★★★Excellent!!!

天才的な発想の剣技が出てくる。 いや、剣技というよりも、オカルト的な憑依術と表現するべきかもしれない。 日本刀には、いくつもの逸話がある。 例えば髭切は、触れただけで髭を切り落と… 続きを読む

★★★Excellent!!!

これを伝奇と呼ぶべきか、あるいはスーパーナチュラルと呼ぶべきか、私は迷うことになる。 しかし、明言できることもある。 この物語の主人公は、徹頭徹尾凡人だ。 肉体は超人で、それ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

よくある異世界転生ものかな? 異世界グルメものかな? そんな風に思って読んでいる時期が、私にもありました。 この物語は、主人公とかかわった人間たちが、次々に魅力的な気高さを覚醒… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ドリルとはロマンである。 すべてを貫くその威容は、破壊の権化である。 ドリルとは、破壊なのである。 ──この作品を読むまで、私はそう思い込んでいた。 違う。ドリルとは、それだ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

あまり好きではない表現に、まるで一本の映画を見終えたようだというのがある。そういう風に形容される作品を、あまり私は好まない。 しかし、このすぐれた作品は、そのようにしか表現できな… 続きを読む

★★★Excellent!!!

などと生ぬるい気分でいると、一瞬で正気を持っていかれます。 といいますのも、作者はカクヨムでも名の知れたクトゥルフ神話小説の旗手。その手腕は我々の予想をはるかに超えるものです。 … 続きを読む

★★★Excellent!!!

王道の筋書きと、しっかりとした知識を持つ主人公。 そして残念な娘。 悪くない物語です。 ただ一言。 あほの子じゃないかー!(笑)

Good!

フェイントに引っ掛かった浅はかな読者、私です! ありきたりなツンデレと思わせておいてからの、まさかの展開に思わずグッときました。 そしておまけでにやける。 これはよいツンデレ。

★★★Excellent!!!

非常に濃密な短編です。 ですが、世界設定を描き出す用語の数々は、すんなりと頭に入ってきて、とても豊かに情景を見せてくれます。 アイホートの雛の宿主になった主人公が、自らの意思で… 続きを読む

★★★Excellent!!!

爽やかさがにじみ出ている。 朝ドラというには少し泥臭いが、ならば夕方教育テレビでやってくれてもいい。そのくらいの清々しさだ。 野球というスポーツに打ち込んだことがある人間も、そう… 続きを読む

★★★Excellent!!!

とっつきにくい主人公が出てきたぞ? おまけに弁護士はキャラが異様に濃い。 本当に大丈夫なんだろうか……? きっと、はじめの数話を読まれた諸兄はそんな思いにとらわれることと思う。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

「あなたがわたしのお客さんっ?」 もう、最高です。 りつかちゃん可愛いです。 ああ、えっと……このままでは通じませんよね? だから、まずは作品を読んでみてください。 小さな女… 続きを読む

★★★Excellent!!!

どうか不謹慎な言葉から始める私を許していただきたい。 この小説は、純粋に読み物として非常に面白い。 興味深く、得るものがとても多いからだ。 面白いというのは、先に言った通り精… 続きを読む

★★★Excellent!!!

普通にスーパーロボットしていて驚きました。 一本気で豪快な主人公に好印象。 エンタメ小説として非常にレベルが高く、しっかり王道なポイントも押さえている。 まあ、細かいことはいい… 続きを読む

★★★Excellent!!!

強く心に残るメッセージが込められた短編集です。 私のお勧めは三話ですね、指揮と人の心のあれこれを上手く調和させている心の琴線をならすお話でした。 すこしだけ不可思議で、とても胸… 続きを読む

★★★Excellent!!!

初めに断言しておきます、これは愛の物語です。 その有様が歪んでいても、その至る場所が、もし本編と違っていても、これは間違いなく愛の物語です。 設定は魅力的、面白さは折り紙つき… 続きを読む

★★★Excellent!!!

一年越しに、この小説を読んだ。 当時はカクヨムの仕組みが解らず、ろくすっぽ応援することもできなかった。 だけれど今なら、声を大にして言える。 これは、怒涛のような物語であると。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

――これは新たなるヒーローの起源 そして、終わらない戦いの物語―― などと気取ってみたところで、「こまけぇこたぁ、いいんだよ!」と展開される、凄まじいヒーローの物語がそこにある… 続きを読む

★★★Excellent!!!

陰陽師である。 陰陽奇譚である。 見事である。 ……と、三行で終わらせるにはあまりに惜しい。 描き出される平安の世の中は、作者の咀嚼されたたぐいまれなる知識によってありありと描… 続きを読む

★★★Excellent!!!

毎日綴られる素敵な物語。失敗して、間違って、でも必死で歯を食いしばる愛らしい冒険者たち。 その姿がここに、ありありと刻まれている! そして迎えた最終回。 ちょっぴりしんみり、だ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ああ、言葉なんてない。 教室で黙って教授の言葉に耳を傾ける教え子の気分とでも言えばいいのか。 これが、傾聴とういうものなのか。 とにかく、必要なことがここに詰まっているのだとい… 続きを読む

★★★Excellent!!!

王道とはそのそれだ、騎士があり、竜があり、姫がある。それだ。 この物語を騎士物語として、それにケチをつける者など一つもいないだろう。 そもそもこのレビューすら蛇足でしかない。 言… 続きを読む

★★★Excellent!!!

かの哲学者は言いました、人は考える葦である。 かの哲学者は疑いました、我考える、ゆえに我あり。 これらについて、厳密性を求める人たちは、我考える、その考える我が考えるゆえに我があ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

泣きますって…… いや、いや……本当、泣いちゃいますから、ダメですってこういうの。 哀しいですし、決意は固いですし悲壮ですし。 そしてそれが必要なことだっていうのが、もうどうしよ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

約束された結末と、それに至る始点の物語。 少年の苦悩は陰鬱で、ありありと描写されている。 幾つもあるだろう少女たちの、そのひとつの物語もまた、綺麗なだけではないものだった。 しか… 続きを読む

★★★Excellent!!!

この物語に置いて、誰が誰であるということはさしたる問題ではない。 重要なのは、では〝なに〟が、誰を観測していたかということだ。 観測者の理論ではないけれど、おおむね世の中は見て、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

春は曙、子は鎹。 素敵な物語にはハッピーエンドがよく似合う。 SF要素はそこか!となり、はじめの人工知能さんはいったい……と、そわそわする。 途中でなんか、見覚えのある☆戦争的… 続きを読む

★★★Excellent!!!

これが四つのお題から作られているなど、私にはとても信じられない。 心の底からそう思えるほどに、この作品は人間について物語っている。或いは、問いかけている。 こんなことを書けば、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

絶望から逃げ出した。 希望を追いかけた。 世界の外側に希望があると思っていた。 でも、外と内は、表裏に過ぎないと、私たちはいつか気が付くのだ。 ……恐ろしいほど透徹された物語。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

物語の筋書きはシンプルでいい。 ヒロインがいて、悪い奴がいて、好い奴がいて、悪漢を懲らしめて、ハッピーエンド。 それでいいのだ。 ……こんなにももの哀しくても、切なくても、私た… 続きを読む

★★★Excellent!!!

物事は、視点によって変化する。 観測者によって、物事は多様な側面を見せる。 胡蝶の夢とは、まるで現実の儚さを哀しんでいるようで、実際は夢の素晴らしさを説いている。 現実と、夢。… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ひとは生き、人は必ず死ぬ。 それは例え最後の人類であっても同じ。 しかし、もし、その旅の果てが、歩んだ軌跡と共にあるのなら―― 奇蹟という陳腐な言葉では表現できない、そんな感動… 続きを読む

★★★Excellent!!!

レディース、エン、ジェントルメーン! 皆々様こちらの物語は怪盗の物語――ではなく、怪盗が物語を知るためのエンターテインメントショーになっております。 是非ともめかし込んで、し… 続きを読む

★★★Excellent!!!

北国というのは、実のところ私はあまり縁がない。 しかし、この作品に眼を通せば、おおよそ札幌というのがどんな街なのかなんとなくわかってくる。 そうか、雪虫はそういう生物なのか、ちょ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

誰かが自分のためにしてくれること。 それは、やはりとても嬉しいのです。 小さな親切、大きなお世話。それでも、好きな人の気遣いなら、嬉しいというのがひとの心。 これは、そんな繊細… 続きを読む

★★★Excellent!!!

とても丁寧に、そして鮮やかに想いや感情、感傷といったものが描かれていると思いました。 心にじんわりと沁み込む物語です。 多くを語る必要がないぐらい、素晴らしいお話だと思います。

★★★Excellent!!!

お正月だけでなく、私はよく神社に行く。 あの独特の、特有の、静かで清らかな雰囲気が好きだからだ。 参拝する理由というのは、きっと人それぞれだろうけど、心穏やかに、静かに祈ることが… 続きを読む

★★★Excellent!!!

その名称は非常に多岐にわたり、同時に多くの神性の集合ではあるのだけれども、しかし本質的に、神さまである点を忘れてはならない。 あらぶることのないように敬わなくてはいけないし、命じ… 続きを読む

★★Very Good!!

君の世界、僕の視界。

★4 SF 完結済 1話 2,297文字 2016年10月22日 08:00 更新

京都府

とにもかくにも本編を呼んでくれと言いたくなる一作。 おおくを語るとただのネタバレになってしまうので、一言だけ明言しておくとすれば、私はこの物語に心を〝射ぬ〟かれたのである。

★★★Excellent!!!

シンプルながら妹(※従妹です)同棲(※同居です)ものの要点を押さえつつ、しっかりとしたストーリーラインがある物語。 やたら丘陵が強調されているが、それはお約束というものだろう。 … 続きを読む

★★★Excellent!!!

土方歳三。 その生涯最後のワンシーン。 これにたいして、私のような輩が言えることはかけらもなく。 故にひとこと。 美事。 ただその言葉を贈る。

★★★Excellent!!!

……驚いた。 これは、漫画の原作という意味では随一の出来ではないだろうか? 絵として映える文章、表現の容易いアクション、斬新な設定。 まいったな、自信をなくしそうなぐらい――面白… 続きを読む

★★★Excellent!!!

これ以上期待を裏切らないガンアクションはないと思います。 一切の無駄を淘汰し、なおかつ最大限の表現をやる。 この作品には、小説の真髄とでもいうべきそれが体現されているように感… 続きを読む

★★★Excellent!!!

綿密に練られた構成。あらゆる無駄が省かれ、劇的に展開する物語。 ただでさえ完成度の高いこのお話に置いて、白眉であるのは〝ある瞬間〟である。 全てはその時のために積み上げられたと言… 続きを読む

★★★Excellent!!!

ダンスをこう解釈するかという驚き。 なかなか得難い読書体験である。是非たくさんの方に読んでほしい。

★★★Excellent!!!

この発想はなかったと素直に脱帽させられる。 本筋もさることながら、二重螺旋が生み出す物語の結末と、その幕引きに大いに驚かされることになる。 作者は頁を開いた時には目が点になる… 続きを読む

★★★Excellent!!!

粗削りな部分は正味多い。 しかし、それを十分補いうる情熱がこの作品には宿っているように思える。 まだまだ未知数な部分も多いが、行く末に期待したい。 ……と、偉そうな事を書いてみ… 続きを読む

★★Very Good!!

名著、玩具修理者を彷彿とさせる内容。 その恐怖描写は背筋粟立つものであり、まさにトワイライトな境界を挟んで彼岸と此岸を行ったり来たりする登場人物たちの魅力は計り知れない。 また、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

人生とは有限だ。限られた時間を、いかに過ごすかでしかない。 だけれど、もっとたくさんあるはずだと思っていた時間が、もうほんの僅かだと知った時、あなたはどうするだろうか。 行動を起… 続きを読む

★★★Excellent!!!

これ何かが起こります。私は詳しいんです。 どうやら作者様はこの続きを書かないような旨を申しておりますが、それはあまりに酷な事でしょう。 そこでここに作者様包囲網を作り、是非とも続… 続きを読む

★★Very Good!!

読んでいて、時に心が痛くなる。 続きを読むのが哀しくて辛くなったりもする。 それでも、読まずにはいられない。 これは、そんな物語。とても大切な思いのこもっている物語だ。 涙なし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

トマトである。 全てはその一言に集約される。それ以外一切の修飾は無意味である。この物語はトマトである。 ほんの軽い気持ちで覗いた短編は、気が付くと私の脳裏をトマト色に染めていた。… 続きを読む

★★Very Good!!

読み終える、物語の、そのタイトルの意味を知る。 ロミオとジュリエットを彷彿とさせる問答は、何処までも悲しく、そしてすべてが詰まっている。 さっくり読めるこの長さだからこそ表現でき… 続きを読む

★★★Excellent!!!

文章は穏やかで、かつ精緻。読みやすく、言葉の選びも美しく、テンポもいい。 なによりも展開が素晴らしい。 驚きの連続足るそれをここに書きだしてしまうと悪質なスポイルになってしまいか… 続きを読む

★★★Excellent!!!

……読めばいいと思うよ。 強要はしないしできない。でも、この小説に行きついた時点で、もう読むべきだとも思う。 というか、これから読む必要性に駆られるとも思う。 少なくとも電書ちゃ… 続きを読む

★★Very Good!!

読了と共に息が漏れる。 ああ、と。はぁ、と。 溜息にも似て、だけれどもっと様々な感情が入り乱れたそれは、きっと言葉にできなかった言葉の残滓――その集まりなのだ。 その短い文章の中… 続きを読む

★★★Excellent!!!

悪魔が出てきて天使が出てきてアルマゲドン。 あー、女神転生的な作品かな?と思ったそこのあなた、もっとすごいです。 兎に角登場人物(神物?)が魅力的! 戦闘の店舗も軽やかで、一切飽… 続きを読む

★★★Excellent!!!

プロローグ、ワクワクを感じた。 そのワクワクを糧に、読み進めていった。 初めはどこか重たさがある思っていたものが、どんどんと素敵な、胸躍る物語へと変貌していく。 これが作者の初め… 続きを読む

★★★Excellent!!!

取り得の無かった少年が、一つの夢をめざし艱難辛苦に立ち向かう青春ストーリー。 歓びを噛み締め、時に苦悩し、心が折れかけ、それでも立ちあがる物語はまさに王道。 純文学であるか、… 続きを読む

★★★Excellent!!!

冒頭一行の、その陳腐で在り来りな言葉にこの物語の心髄、そのすべてが凝縮されている。 ただその言葉だけが、中核となってすべてを彩り瞬かせている――暗い昏いその情念を。 長々と言… 続きを読む

★★★Excellent!!!

内容は、とにかく読みましょうとしか言いようがない。 しかし、この短い文章の中に押し込まられた、作者のツンデレへの偏執――もとい、愛情は相当なものである。 これを読めば、きっと皆… 続きを読む

★★★Excellent!!!

貴方はどんな小説を読むのだろうか? 或いは、どんな小説を書くのだろうか? 読んだ時、書いた時、何を思うのだろうか? この物語は、ひとりの小説家の物語だ。彼が何を思うか、感じるか、… 続きを読む

★★Very Good!!

期待を持って見守っていきたい、いまのカクヨムの歴史が記された文章。 今後、この文章が、カクヨムの問題点を端的にまとめてくれるだろう。 それはやがて歴史的な史料価値を持つに違いない… 続きを読む

★★★Excellent!!!

まるで著名なハリウッド映画を見ているように、その文章が映像として脳内に映える。 登場人物たちの会話が興味深くで、どんどん作品に引き込まれ、気が付くと予想外の展開とトリックをくら… 続きを読む

★★★Excellent!!!

もふもふ。もふもふである。 もふもふこそ真理である。 古の世界を未来に描く。今を踏襲し未来を形成しながら、その筆は過去をも写し取る。 この画期的な小説は、実に伝奇である。作者の… 続きを読む

★★★Excellent!!!

クトゥルフ神話TRPGをここまで小説で表現して見せるかという意欲作。 つかみからフルスロットルでTRPGであり、読者は探索者の気分で読み進めることができる。 内容も時に悍まし… 続きを読む

★★★Excellent!!!

読み始めたばかりであれば、きっとその独特のメカニズムに困惑するだろう。視点は次々に切り替わり、群像劇でありながらそれは非常に局所的な小さなコンビニの内部で展開される。 慌ただしい… 続きを読む

★★Very Good!!

最小限の描写を以て、最大限の表現をやってみせる胆力に感服。 人の心のありようを巧みに描き切る文章は秀逸の一言。 特異なる世界観が、その凡てを際立たせる。 無明の世界に極彩色が映え… 続きを読む

★★★Excellent!!!

三人の主人公たちは、考えることをやめない。考えを止めた時、そこにどうしようもない終りが待ち受けていることを知っているかのように。 三人の主人公、その視点は絡まり合い、やがて一つ… 続きを読む

★★★Excellent!!!

単なるお約束に凝り固まったミステリーを想定し読み進めれば、次の瞬間には頭を殴られるような衝撃と共に本質を理解することになる。 これはミステリーであり、同時に青春エンターテインメン… 続きを読む

★★★Excellent!!!

★をつけた小説