おい雄太、元気か。

作者 折内光哉