カミツキ姫の御仕事

作者 まじりモコ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全50話

更新

  1. 第一幕 カミツキ姫の御仕事
  2. プロローグ
  3. 真っ赤な世界へ
  4. 条件
  5. 地蔵の町編
  6. 登校準備
  7. 不穏昼食
  8. 平和な町
  9. 供物
  10. 晩餐
  11. ホウモツ
  12. お地蔵さま
  13. 町の人々
  14. 誰そ彼
  15. 土塊よりも
  16. 誘拐事件編
  17. 誰かの思惑につき
  18. 休日の風景
  19. 文明利器
  20. 埋め込まれた価値観
  21. 捕らえられた少年は
  22. おてつだい
  23. 突入と思惑
  24. それは油断だった
  25. 真っ黒な弾丸
  26. まだ願いは形にならないけれど
  27. 噴き出す闇編
  28. 真信サイド
  29. 深月サイド
  30. 彼女もやはり人間で
  31. 砂の城
  32. 眩しい満月だった。
  33. 静まり返った部屋
  34. 『いとおしい人』
  35. 突きつけられた現実
  36. 曝け出された思い
  37. 泥はあふれて決意となる
  38. 泥はあふれて願いとなる
  39. 交差する世界編
  40. 悪夢が起き上がる
  41. 見えぬ主張
  42. 無自覚
  43. 侵入
  44. 依頼主
  45. 誰の思惑だったか
  46. 救出意義
  47. 最後の決断
  48. 主従の形
  49. 絡まりゆく相互干渉
  50. エピローグ
  51. 序幕が終わり、未知が開く
  52. 第二幕 カミツキ姫の因果律
  53. 〈プロローグ〉
  54. 変貌と停滞編
  55. 深夜四時 前
  56. 深夜四時 後
  57. うつろいゆく歯車
  58. 背中