クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった

作者 たかた

7,265

2,529人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ありがどう!!面白いし、それに甘い。これは青春だよね~~!!
甘酸っぱいどころを見ながらベットの上でごろごろしているんだ、そして心の柔らかな場所が時々”ぎゅっ!”してくるんだ~~
大好きで、これからも応援し続ける!!

ちなみに、これは日本語を勉強している外国人だ。この作品、読む難易度がちょどいいと思う。内容の理解とか、日常単語、連用語も学ぶことができるんです!!

これからどんな展開があるの、十分期待してる!!

★★★ Excellent!!!

カクヨムを漁っていた時、見つけました。
とても読みやすく、内容もしっかりとしていてこれまで読んだラブコメのなかでも五指に入るぐらい面白いです。
書籍の方もイラストも最高でより頭の中でイメージが膨らみ2周目に突入しちゃうぐらいです。ラブコメに飢えてるなら、ぜひこの作品を!

★★★ Excellent!!!

この小説への思いを綴りたくなってしまい、急いでアカウントを作り投稿しています。初めてのレビュー投稿ですから、長くまとまりもなく参考にならないかもしれませんが、どうか投稿させてください。

11月末のことです。ちょうど中間試験直前で勉強しなければならなかったのに、TwitterのTLを漁っていると可愛らしく女の子がピースしてる書影が流れてきたのです。見た目がドストライクだったので詳しく調べてみるとこのページに辿り着きました。それからは、勉強など忘れて154話まで更新されてましたが一気に読んでしまいました。当然、試験は散々な結果に終わりましたが、それでも後悔はしない、それほどに惹かれてしまう作品だったのです。

この小説の最大の良さは「とても甘いのに、とても苦いこと」でしょう。甘いだけのラブコメも苦いだけのラブコメも、私の場合はどこかで読むのが辛くなってしまう。こんなに甘いはずはないのに、こんなに苦くなくてもいいのに...と。しかし、この作品は両者のバランスがきちんと取れているのです。また、割とありがちなパターンなのですが、何かすごい能力を持ってる人がいるわけではありません。みんながみんな、実在していそうな純粋な人間なのです。まとめると、現実味があり感情移入しやすい作品ということです。(もちろん、小説は小説ですから、100%丸々現実要素というわけではありませんよ?)
ただでさえ多感な時期の高校生、それぞれが抱える過去や背景、そして高校生たちを取り巻く人々...感情移入して、彼らの世界に飛び込むと、彼らの喜びや苦しみ、様々な感情が私の心に伝わってきて、ずっと見守っていきたいと思うのです。不思議なことに、自分が朝原のようになりたいとは思いません。ただ、朝原や朝凪をはじめとした「彼ら」には、自分自身で納得できる道を選び取って進んでほしい、そしてそれを見守っていたいと思うのです。

続きを読む

★★★ Excellent!!!

この作品を読もうとしてる時点で少なからずラブコメを通過してる人がほとんどだと思う。

だが、最近のラブコメ(甘々なやつ)は、主人公が酷いと言われる作品やストーリーの流れに違和感を覚えるものも多々あり、なかなか自分にとっての良作に巡り会えずきた。

そんな中この作品は久々にハマれる作品だった。

個人の好き嫌いはあるだろうが1度は読んで見てほしい。そしたら分かる。

これはそんな作品と思うだ。

★★★ Excellent!!!

出会いの所は?な感じでしたが真樹と海との関係と2人の考え方が似てる点や恋人にいたる経過も共感がもてて良かった。
真樹はボッチでオシャレでも無く容姿も普通だが海を一途に思う(考える)所はカッコよかった海の友達との関係の悩みの所もよく書かれていた。海は真樹との出会いで素の自分を出せる安心感や恋人に進展していく過程でのデレ感が凄く可愛いかった。
夕と海との関係もよく書かれている。
真樹と海と夕の関係が今後どうなるのか気になって仕方ないが3人とその友達との関係もそれぞれ書かれていているし真樹と海の家族関係も程よく記載があり邪魔にならないのも良かった。
未だ読んでいない人がいればおすすめしたい作品である。

★★★ Excellent!!!

正直導入だけで読むのを辞めようかと思ったが大きく気になったのはそこくらいで王道な読めるラブコメかな。
シリアスな場面も入ってきやすくとても読みやすい印象。
段々と作者が進化していくのが感じられて最後まで一気に読んでしまった。
これからも期待できそうな展開なので星3つです。

★★★ Excellent!!!

 【ネタバレあり】
 まさか、自分が泣くとは思いませんでした。前原くんが彼女の家族の食卓を囲んで食べるシーンで幼少期が思い出して、辛く切なくなってしまう主人公に凄まじい感情移入をしてしまいました。それでも、受けて止めてしまうヒロインの心って、、これ以上惚れさせてどうする気ですか。。
 主人公の離婚の理由のように、互いが好き同士だったとしても、離婚してしまうこともあるんだなと知りました。やはり、プライベートと仕事を両立にすることが第一だと思いますが、難しいものなんですね。。
 もうすぐ、100話突破というのに、主人公とヒロインが未だに付き合わないって、ここまで長い小説はそうそうないですよ。。
 PS:ラブ5割、シリアス5割と難しいバランスを保った作品だと思います。最高です。