カミツキ姫の御仕事

まじりモコ

第一幕 カミツキ姫の御仕事

プロローグ


 ――――遠く逃げ出してきたはずの、見慣れた光景が広がっている。


 夕暮れにも少し早い時間帯。大きな屋敷を訪れた平賀ひらが真信まさのぶは、予想しなかった景色を全身で受け止めた。


 澄んだ空気を汚す生臭さ。

 眼に突き刺さる鮮やかな紅色。


 慣れ親しんだ地獄を、真信まさのぶは冷静に分析する。


 人々の目から屋敷を隠す、高い生垣と木の柵に囲まれた広めの庭。余計な物がなく、唯一物干し竿ざおだけが生活臭を感じさせるそこには、いくつか血の池ができていた。


 目測だが、これほどの量だと幾人もの人間が必要だろう。しかし肝心の死体は一つのみ。それも、頭部がなく身体だけが人形のように倒れ伏している。


 そうして血だまりには、人間が他にもここに居たという証拠がいくつも残されていた。


(けど、あそこまで細かい欠片は見たことないな。どんな機械を使えばこうなるのか……)


 ああなってしまうと元が人間の一部であるとは考えつかない。広がる血だまりに浮かんでいるからこそ、それが“肉”なのだとわかる。


 この惨状を作り出したと思われる人間は、まだ真信まさのぶに気づいていないようだ。


 今のうちに逃げるべきか。


 音を忍ばせて右足を引く。そうして逃げの体勢を取る前に、真信はつい、唯一見慣れないに目を向けた。


 風景にぽっかり浮かんだ影のような黒いかたまり。影は煤の集合体みたいな姿をしていた。人間大より少し大きく、端から崩れていくのになぜか体積が減る様子はない。真信が少し離れた所から見ているせいだろうか。その影の形はどこか、犬の顔のように見えた。


 あれがなんなのか、真信にはわからない。けれど自分の常識では到底理解できない存在なのだとわかる。好奇心がうずくが、それは命あってのものだと自分に言い聞かせた。しかし、眼が引き寄せられるのはどうにも抑えることができない。


 真信の視線の先。影を従えているのは一人の少女だ。濡れ縁にぺたりと座り込んだ、着物を着崩した女の子。


 そう。真信は直感で理解した。


 彼女こそが、この惨劇を引き起こしたであろうこの屋敷の主なのだと。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る