雷獣の牙

作者 増黒 豊

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全66話

更新

  1. 第一部 天の智
  2. 第一章 乙巳の変
  3. 槻の下から
  4. 蘇我のこと、葛城のこと
  5. あにさま
  6. その日
  7. 時代が変わった日と、旧い時代の墓
  8. 第二章 大化改新
  9. 飼うために
  10. 雷光と猫
  11. 色のない顔
  12. 遷都
  13. 改新
  14. 第三章 吾が飼ふ駒を 人見つらむか
  15. 帰るところ
  16. 心のうち
  17. 鈴虫と蟷螂
  18. 悪を行う
  19. 第四章 獣となる
  20. 協力者
  21. 流れる
  22. 橙を受けて
  23. 葛城の弟
  24. 大海人
  25. 声、高らかに
  26. 獣の道
  27. 人の道
  28. 第五章 獣の王
  29. 閑話休題、筆者は語る
  30. 雲を追い越す
  31. 言葉にはせぬこと
  32. 母へ
  33. 生々世々、君王を恨みじ
  34. 第六章 白村江へ
  35. 流れる時
  36. 風を呼ぶ雷雲
  37. もう一匹の獣
  38. 行き、そして戻る
  39. 第七章 白村江
  40. 流れるもの
  41. 戦端、開く
  42. 王を得た
  43. ひかり
  44. 第八章 うつりゆくもの
  45. ともにある
  46. 死を受け、それを継ぐ
  47. 即位
  48. ひとつの死
  49. 雷獣の牙
  50. 第二部 天の武
  51. 第一章 獣を継ぐ
  52. 吉野の獣
  53. 霧と血
  54. 傍らの妻
  55. 紫陽花を見る男
  56. はじめの火
  57. 第二章 ときは壬申
  58. 雷電を呼ぶ
  59. 月を落とす
  60. 紫陽花と雷光
  61. また、獣
  62. 獣を知らぬ獣
  63. 第三章 不破
  64. 多品治
  65. 王が見るもの
  66. 牙の立つ先
  67. 誰が攻めるか
  68. 死が重なる谷
  69. 第四章 王
  70. 闇に潜む獣、それを知る人
  71. 飛鳥へ
  72. 瀬田橋の戦い
  73. 狂気の橋
  74. 雨の中の炎
  75. 牙、ここに立つ
  76. 光のもとで