第24話 ラブレター

 「さあ、やって参りました。抜き打ちカバンチェックのコーナー!! 最後の参加者は朝比奈涼介くんで~す」


 「はっ?」


 「さあ、これを見てください? これがみなさんのカバンの中身です」


 ちゃんなかが俺にデジタル写真を見せてきた。

 奴が証拠品押収のために撮ったものだろう。

 

 ち、地球のできたて?

 みんなのカバンの中はことごとく汚かった。


 「箱ティと1,5ペットボトルをカバンに隠してたのは、何を隠そう、そうグリムくんで~す!!」


 「いや、言わないでぇぇ?! くだしゃんせぇぇ!!」


 こ、こんなはずかしめを受けるのかよ?

 グリムは死神なのに、なかなかのダメージを受けてる。

 

 「しかもですよ。ペットボトル本体とキャップが別の種類。写真を見てボトルのラベルとキャップのロゴを違いを楽しんでくださ~い。もう、この鑑識泣かせ!! グリムくんはなんてズボラな男なんでしょう」


 「キィィ!! サイケデリックにキィィィ!!」


 グリムはハンカチを噛みつづけた。

 自分かっこいいフィルターがかかってるために汚いカバンを許せないんだろう。


 まあ、ブスの中ではカッコイイ男だと思うぞ俺は。

 となると日本一カッコイイブスということになるな。


 だが、ちゃんなかが振り回した自分のカバンから便箋のようなものがポロっと落ちた。

 ……ん?

 おっ、あっ、リアルガチに慌てた、そしてなにか隠した。

 

 はは~ん墓穴掘ったな。

 あれを奪いとればこっちのものだ、形勢逆転ってことになる。


 「おい、隠すなよ?」


 ちゃんなかは、その便箋の上に覆いかぶさり、必死に手をシャカシャカ動かしてる。


 「カ、カバーしたんだよ」


 「何のカバーだよ?!」


 「……ん? なんのこと? 僕知らな~い」


 「シラを切るな」


 「カバーと言えば、それはオリジナルをカバーする以外にはあるまい」


 「意味がわかんねーな」


 「ええーい、そこをどけーい」


 俺はお代官ふうに言った。

 ちゃんなかはトボけたままでその場を動こうとしない。


 「いつまで、そのお手紙と触れ合いコンサートしてんだよ?!」


 「いや、はや」


 「いやはやなんて、言う人間いるんだな?」


 「さんざん俺らをもてあそんだんだ。髑髏山と寮長はどうした?」


 「お、お部屋で泣いております」


 「なんて極悪非道な。よく見ろ? グリムなんてまだハンカチ噛んでるぞ?

さあ。その便箋の中身を読め」


 「いやです」


 「おまえのタイミングでいい」


 「わ、わかった。長縄跳びに入るときのタイミングでいいか?」

 

 「いつだよ。それ」


 「俺って長縄跳び苦手だから、しばらく山で修行してくる。それからだ」


 「そんなに待てるかっ!!」


 すると、ちゃんなかは手でねりけしをネリネリしはじめた。

 ほんと手癖の悪い奴だ。


 「いや~なんか、ねりけしって、でっかくなるにつれて硬さがウェルダンになってくよな~」


 完全に現実逃避してる。

 確かにねりけしってときどきダイヤかってくらい硬くなるよな。


 「おい、何してんだ。早く読め」 


 「心が大型連休で読めそうもない」


 「じゃあ、代読決定!!」


 俺はちゃんなかからその便箋を奪い取った。

 意外や意外わりとすぐに手渡した、なんだみんなへの罪の意識があるのか。

 その手紙の内容は、人気声優YURAに当てた手紙だった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 はじめましてYURA様。

 僕は中村賢二といいます。

 職業は社長。


 仕事の内容は、よくいる四天王を派遣するお仕事です。

 世の中の四天王は、たいていが非正規雇用だと覚えておいてください。


 ご要望があれば、事情2じじょうつう事情3じじょうすりーの貸出しも行っています。

 週刊誌等で使いたいときは、ぜひうちの事情シリーズをご愛顧あいこくださいね。


 中学校に入学するときに、数え切れないほどの思い出を作ろうと決意しましたが、 数えるほどしか残せませんでした。


 それを校長に相談すると「人生の道に迷ったら、帰っておいで」というから高一のときに本当に帰ったら、渋い顔されて以来、僕は誰も信じていませんでた。

 でも、それを変えてくれたのがYURAさんです。


 家族構成ですが、僕は男ばかりの兄弟。

 ライト兄弟は右なので、僕らは地元でレフト兄弟と呼ばれていました。


 あの戦国末期に浪人たちが暴れた”浪人の乱”を抑え込んだのは僕のおじいちゃんに当たるような人です、知ってましたか?


 特技はナイル川横断と天の川三段です。


 尊敬する人はレスリングのグレコローマンです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 俺はそれを声をだいにして読み上げた。

 あまりの内容にグリムにも復活の兆しが見られる、ちゃんなかの手紙はそれほどの破壊力があるということだ。


 内容の大半は自分を大きく見せた上で、かつ泣ける要素をふくめYURAの心を掴もうって魂胆が見え見えだった。

 内容は全部うそだけど。


 「そ、それは書き損じバージョンだ」


 ちゃんなかがゴマカシはじめた。


 「じゃあ、本気バージョンのをだせ」


 ――そうだ。そうだ。


 グリム、こ、小声の援護射撃。

 じょじょに回復してきてるな。


 「きょ、今日のところはこれくらいで許してやる」


 ちゃんなかはジャブていどのダメージを受けつつ撤退てったいしてった。



 ある日、ちゃんなかの郵便受けに見知らぬ人物からの手紙が届いてた。

 中村賢二様と書かれたピンク色の一枚の便箋。

 なぜか定型外サイズ。


 「おい、なんだそれ?」


 「な、なんでもないって」


 「目泳ぎすぎ……往復してるぜ?」


 「えっ、いや俺の目、最近暑いから泳ぎに行ってんだよ」


 目を泳がせつつも逃げるようにちゃんなかは部屋に戻った。



 ちゃんなかが部屋に戻ったのを確認した俺と寮長とグリムと髑髏山の四人。

 俺が代表である物・・・を広げた。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 突然のお手紙ゴメンなさい。

 けれどあたしの気持ちを届けたくて、どうしても我慢しきれなくて書いちゃいました。


 あなたの手紙を読んでからどれくらい日にちが経ったのかわかりません。

 それくらい頭の中があなたでいっぱいです。


 そしてようやく、あなたの名前と住所を知ることができました。


 賢二君アナタが、ス・キです。

 あなたを奪い去りたい 。

 あなたの必須アイテムYURAより


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 「ぬうぉぉぉ!!」


 ちゃんなかの部屋から、そんな叫び声が聞こえた。

 俺たちはちゃんなかの部屋の前でそれを読んだ。


 「そなたら、なぜ、この手紙の内容を知っておじゃる?」


 言葉が平安時代なりつつ、ちゃんかは顔をのぞかせた。


 「だって、それ書いたの俺らだし」


 「な、な、な、おのれぇぇぇたばかりおったなぁぁ!! をどこまで愚弄する気じゃぁぁ!!」


 怒かり狂うちゃんなかはグリム部屋のドアを蹴った。


 「俺の手紙で舞い上がるとは、ご飯オカズにご飯食うようなもんだな?」


 グリムの一撃。


 「そうだ。犯人みつけて110番ひゃくとうばんする刑事と同じだ!!」


 髑髏山の一撃。


 「実家に帰って寮の自分に年賀状だして――あっ、俺に年賀状一枚きてるっ!!ってのと同じだよね~」


 寮長の一撃。


 「てか、グレコローマンは人じゃねーよ」

 

 俺はあのときの手紙の隙をついた。


 「そのけんは掘り下げんなや?!」

 

<25話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます