第2話 はじまり

 俺は電車の窓から心躍らせて街の景色を眺めた。

 日本の鉄道は優秀だ、よほどのことがない限りは、定時で目的地へ到着する。

 いまだって、わずか数十秒の誤差で着いた。

 今日から、はじまる新天地での生活。

 ドキドキが止まらない。


 ※

 

 なんてことはないふつうの構内を眺めて、なんてことはないふつうの改札を通りぬけた。

 あっ、寮長が改札口で待っててくれてる。

 おお、ありがたい、新生活に期待を寄せてるとはいえ、見知らぬ町は不安いっぱいだからな。

 寮長が手招きしてる。


 「朝比奈くん。こっち、こっち」


 「あっ、はじめまして」

 

 寮長の顔は写真でだけ見たことがあった。

 寮長はザ・普通という青年だ。

 じつは俺はこの町に一度もきたことはない、なんたって、滑り込みで入寮を決めたから。

 

 「はじめまして。僕は寮長で、ふだんでも寮長って呼ばれてるから朝比奈くんも寮長って呼んでね」


 「は、はい。では僕も寮長と呼ばせていただきます」


 「うん。呼んで。呼んで。じゃあ行こうか?」


 「はい」


 俺はさきを行く寮長のあとを歩く。

 駅の扉をぐわんと開くと駅前の繁華街が見えた、だが目の前はロータリーになってて、バスやタクシーふつうの自動車が走ってた。


 なるほど、これじゃあここは渡れない、俺ち寮長は歩道橋の階段へ足をかける。

 待ち望んでたひとり暮らしが、このさきにあるのか。

 そんな思いで階段を登る。


 「朝比奈くん、我が町にようこそ」


 「お世話になります」


 「うん。楽しい寮生活にしようね?」

 

 俺と寮長が話すたびに、階段を登るコツンコツンという足音も加わる。


 「はい」


 「僕ね、この前、百点満点のカラオケで百三十点だしたんだよ~」


 なぜだか、寮長が誇らしげに武勇伝を語りはじめた。


 「へ~凄いっすね!」


 どうやら寮長はの笑いのセンスはじゃくだ。

 けど、まあそんなことがどうでもいいくらいに、人当たりがいい。

 顔も声も穏やかだ。


 「あと、この歳でもう天下あまくだり!」


 「マ、マジっすか? キャリア組ですね!」


 おっと、またスベった。

 寮長の上の階級はなんなんだ、管理人か? 大家か? 


 でも寮長は優しい、そう優しいんんだ。

 スベるのがなんだってんだ。

 どんなにスベっても優しさにはかなわない。


 ローターリーの上から、下を見るとこの町はなかなかカオスな感じがした。

 ガンマンが決闘するときに転がる、謎のシャモシャモが転がってる。

 あのシャモシャモの正体はなんなんだ?


 そうこうしていると、俺らがくだるであろう付近でシャモシャモが溢れて、あたりを埋め尽くしていった。

 どっかにシャモシャモの水源地でもあんのかな?

 

 その中にひとつにだけ、ラッキーシャモシャモがあった。

 あの“当たり”をつかんだらどうなるんだ?


 ――三つ集めるとふつうよりも一回り大きい、ちゅうシャモシャモがもらえるよ。

 寮長に心読まれた。

 ちゅうになったところでなんの意味が……。


 穏やかだった、町中に風が吹きはじめた、ビュービューと風は強まる。

 その風にあおられてシャモシャモは飛んでいった、さよならシャモシャモ、さよなら、一個だけのラッキー。


  ……綿毛のように飛んでいくシャモシャモのなかに、ふたつ目のラッキーを見つけた。

 でも、どうでもよかった、三つ集めてもちゅうが当たるだけだし。


 「風がやんできたね。これはなにかが起こる予感。それも神事しんじのようにとても荘厳そうごんなことが」


 「えっ、本当ですか?」


 「おっ!!」


 寮長がめずらしく声をあげた。

 なんだ?

 モーセの十戒のように、残ってたシャモシャモが左右に割れた。

 この量が砂漠で転がってたらガンマンの邪魔になるよな。


 「朝比奈くん。この町の二大総長が対峙してるよ。そっか、さっきの風はこの前触れだったか」


 寮長がどこかを指をさした。


 「えっ?」


<3話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます