第18話 バトル散歩

 さあ、今日は土曜日、学校も休みだし朝の散歩でも行くか。

 俺は朝からプリンをダブルストローしながら歩いていた、これが朝のバランス栄養食だ。

 ちなみにプリンのダブルストローとはプリン一つに対して二本のストローでプリンに挑むたしなみだ。


 さきにカラメルをいただくのはいただけない。

 そこはカラメルソースと本体を一緒にいただく、これが正攻法のダブルストロー。


 寮の周辺の人たちは、朝でもこの辺りを散歩してる。

 つい、さっきすれ違ったのは、煮詰まった様子の志後さんだった。


 ――はじめたときからオワコン。というオワコンを復活させるという逆説。


 そんな悩みを俺に吐露してきたが、俺には難しくてわかんなかった。

 ただ悩んでますのぅ、ずいぶんと。

 

 そしてそこの道の曲がった角に謎の人影が。

 もうすでにシルエットからして怪しい。


 「おい、俺の前でダブルストローとはいい度胸だな?」


 こんな爽やかな朝なのに、ちゃんなかが張り合ってくる。

 それはいつぞやのことだった、学校に傘を持っていく日は、傘振り回す系登校か?傘バット系登校かでモメた。


 傘振り回す系登校は傘をグルングルンさせながら登校するスタイル、傘バット系登校は道の要所要所で傘をバットにしてフルスイングする登校スタイルだ。


 それ以来、奴は朝、俺に絡んできたりする。

 ちゃんなかは腰にぶっとい茶色のベルトを巻いて鼓笛隊なのか?っていう支柱つきの鉄琴を支えてる。


 「俺はトライアングリアンだからな」


 そのかっこうで朝の散歩してるなんて日本初じゃね?

 練り歩くのか、その金属音を鳴らして。

 てかそれトライアングルじゃなく、鉄琴だけどな。


 「朝っぱらからキンカン、キンカンうるせーよ?! 甲高かんだけーんだよ!!」


 「俺はこの時代に警鐘けいしょうを鳴らす役目があるからしょうがねーだろ。この中村賢二をみくびるなよ」


 リアル、警鐘か。 

 そういや警鐘を鳴らすって言っても、本気の警鐘ならしてる奴はみたことがなかった。

 警鐘とは、その腰鉄琴のことだったのか勉強になったぜ。

 だが、その日の朝、ちゃんなかはめずらしく静かに引き下がっていった。

 


 翌日。

 俺は今日もプリンにダブルストローで挑む、これが日本で流行れば、俺が発祥ということになるが基本的にエージェントは顔出しNGだから悩むな。

 そこはギャラ交渉ということになるかもしれない、マネジメントもケンタゴンだろう。


 顔バレしたら、敵対組織に情報が流れて俺が不利になってしまうだろう、すこしヘコむな。


 さっき、ハカセもすこしヘコみながら散歩してた、なんでも原稿が全没になったらしい――前とテイストが同じなんだよね。って一言でKO。

 あの、ハカセでさえ、そんなダメージを受ける世界だ、まあ楽しく行こう。


 ただ、おかしい。

 今日に限って辺りが静かすぎる、と思ったのが間違いだ。

 奴は奴でヨーグルトのトリプルストローで対面から歩いてきた。


 「俺のマネすんなよ?」


 「いいだろ別に。あんま偉そうにしてるとおまえを厳重に処罰するぞ!!」


 「そもそもちゃんなかはラクトフェリン摂りすぎなんだよ!!」


 「その物質は体に良いんだろう……たぶん」


 さてはヨーグルトにラクトフェリン入ってんの知らねーな?

 ちゃんなかはヨーグルトを地面に直置きすると、舞い散る木の葉を人差し指と中指で一枚挟んだ。

 な、なんだ、こいつ?


 そして地面のヨーグルトからストローを一本抜き、――ふっ!!っと軽く息を吹きかけ、ヨーグルトで木の葉になにかの文字を書いた。

 おもむろに目をつぶって、さらに指で五芒星を宙に描く。

 

 「オンキリキリ・オン ・キリギリス。 オンキリキリ ・オン ・キリタンポ 。オンキリキリ ・オン ・キリガミネェェ!!」


 陰陽師ふうの技を俺にかけてきた、グリムリスペクトかよ。

 だが俺にはなんの変化もない。


 「オンキリキリ・オン ・キリギリス。 オンキリキリ ・オン ・キリタンポ 。オンキリキリ ・オン ・キリガミネェェ!!」


 奴と目が合った。


 「くそっ、ひとつトーンを上げるか」


 おっ、まだやる気か。

 

 「オンキリキリ・オン ・キリギリス。 オンキリキリ ・オン ・キリタンポ 。オンキリキリ ・オン ・キリマンジャロォォ!!」


 ちゃんなかは勝手に唱え疲れて、ひとりグランドフィナーレを迎えようとしてた。

 とりあえずトドメ刺しとくか?


 俺も地面にプリンを置き、ゼロ式のデコピンを見舞った、ゼロ式の場合は溜めなしでデコを弾くことができる。

 おっ、ばっちーんと良い音したな。


 「ぐぬぅ!!」


 ちゃんながデコを押さえながら俺を見る。


 「デコがニュイ~~~ンってなったっぺよ?!」


 「それが俺の必殺技だ」


 「涼介。おまえは貧血で倒れた生徒を見ても、なお話しつづける校長か?! 教頭になっておしまい!!」


 もう一発、お見舞いしてやるか。

 行くぜ、ゼロ式デコピン。 

 お~クリーンヒット、きたぁぁ!!


 「ぐはぁぁ!! ロープレなら三ターンは動けないほどの威力」


 「三ターンか。下手したら戦闘終了だな?」


 「その後、五ターンぶん麻痺した」


 「それって下手したらボス倒せるな?」


 「そ、う、だろ、つーか、ガタガタうるせーんだよ!!」


 おっ、逆ギレかよ?


 「ちゃんなか、それは俺の部屋にきて冷蔵庫に言ってやってくれ?」


 「そうそう冷蔵庫って真夜中にブ~~~ンってなってガタガタって鳴るからね。って違~~~う!!」


 おう、今度はノリツッコミか。


 「涼介。俺は忘れてねーぞ。先週、俺のミルクコーヒーにシェービングクリームを入れたことを。あの苦さだけは忘れねー。寮にきたばっかりの日は大人しい奴だったのに猫被ってやがったな? 猫は被るのか?踏むのか?はっきりさせろやぁ!!」


 猫踏んじゃったのことか?

 そもそも猫は人類すべてででろよ!!


 「ちゃんなかだって、スゲーカプチーノって言って飲んでたじゃねーかよ!!」


 「あれが大人の味だと思って我慢して飲んだんだよ。けどあの苦さは間違って洗顔で歯磨きしたときと同じ味なんだよな~」


 「シェービングも洗顔も結局石鹸類だ、我慢しろ。それに俺はあのあとすぐに砂糖入れてやっただろ!!」


 「よく言うよな? おまえはあのとき新種の砂糖とか言いながら葛根湯かっこんとうを入れたんだよ。わかるか、かっ、こん、とう。それがまた中国三千年の漢方の味で苦げーのなんのって。俺はあの日、何食っても苦みしか感じなかったぞ」


 「おまえなんて元からバカ舌だろうが? 砂糖のとうも葛根湯のとうも同じ”とう”だ」


 「そうなの? 葛根湯のとう砂糖とうの真逆にあるくらいの苦さだったぞ?! しかもあの日、俺が弱ってるのをいいことに髪型をフレミングの法則ふうセットにしたろ。俺の髪の毛は三方向にビュンだ」


 「ハカセがリアルフレミングしてたから試してみたかったんだよ」


 そう俺が言ったとき、ちゃんなが謎のデッドボールを受けた。


 「ぶほっ!!」


 なんだ? でっかいスイカが飛んできた。

 推定、約十五インチ?

 セリか? ついに初セリがはじまったか?


 「あいつです」


 この辺りの住民がちゃんなかを指さしてる。

 ちゃんなかは、謎の反射神経を発揮して逃走した、なんだ心当たりあったのか。


 住民の後方からお巡りさんが駆けてきた、俺は住民の人が持ってる回覧板を見てようやく謎が解けた。


 【朝から、鉄琴を鳴らす。変出者が出現してます。ご注意ください】


 けっきょくは警鐘を鳴らしてた、ちゃんなかのほうがヤベー奴ということで町内全域で警鐘を鳴らされていたということだ、まあ、自業自得か。


 けど、あの人、良いスイカ玉たま投げるな。

 ちょっと落ちたよな、スライダーかな?


<19話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます