第21話 レンタルホラー

 今日のセットリストは1爆雪ばくせつ、2雷、3雨、4強風、アンコールは雪、雨。

 ラスト竜巻たつまき、そんくらい天候が変わる日だった、だが結局は暑い。

 フェーン現象か?


 こんなときはやっぱ、部屋に戻って静かにDVDを観るに限る。

 俺はセルフレジにて前回借りたのDVDを大政奉還した。


 さあ、今日は何借りて帰るかな~こんな暑い日はホラー系映画が呼んでる気がする、いやまさか逆に呼ばれてるとか……お~怖っ!!


 てか、このレンタルビデオ屋で映・画次郎作品を探してみたが、まったく置いてなかった、地元の店にないってどういうことだよ?


 確か、映画館のポスターには【日本9000万人が泣いた感動の映画】ってあったよな? 

 ほぼすべての日本人が泣いてんのにレンタルもされてねーって怪しいホラーすぎるぞ映・画次郎。


 やっぱり鑑賞した人って九千人なんじゃね?

 それとも最初は数館で上映したが、それが口コミで大ヒットしたパターンか?

 まあ、ないものはしょうがない。


 俺はさっそくジャンルを示す札を確認しながら、ホラーコーナーへ出向く。


 そこにはアーケード商店街にいた、映画通ガジロリアンの二人がいた。

 おっ、なんだ彼らはホラーもたしなむクチだったのか。

 俺は耳をそばだてる。


 「あれ観た? この前、新人賞とった若手映画監督の最新作」


 「えっ? なんてタイトル?」


 「タイトル忘れたけど。ほら、成仏に至るまでの過程に密着したセミドキュメンタリー映画」


 「ああ、二泊三日しないと成仏しない悪霊を日帰りで成仏させれるかどうかのやつだ」


 「そうそう、その監督が撮ったSFホラー超大作」


 「ああ!! 思い出した、あれでしょ。AIエーアイを搭載したヒゲソリのが殺人シェーバーの中でただただスゲ―早く動くやつ」


 「あれって、現代文明へのアンチテーゼだよな」


 でたよ。

 映画好きな人が使う、アンチテーゼ、俺は残酷な天使しか知らん。


 「結局映画の中ではすごくよくヒゲが剃れて、それが商品として大ヒットして、オブザイヤーになるんだよな」

 

 「そうそう」


 ガジロリアンたちに幸あれ、俺はそう願った。

 そこに、いつもの聞き覚えのある声が二つ聞こえてきた。

 

 「なあ、咲子、今日の夜は怖いDVD観ようぜ~?」


 まさか、俺としたことが、ちゃんなかと同じ思考回路とは、まったく悲しいぜ。


 「え~やだぁ。咲子が怖いの嫌いなの知ってるくせにぃ!! 賢ちゃんホントいじめっ子なんだから~」


 「けど、そっちのほうが咲子の峠攻めしやすいべ?」


 「もう~。また今日も峠越え~?」


 ……。


 「おじいさんが山に芝刈りに行って、おばあさんが川へ洗濯しに行くくらい当たり前だろ。じゃねーと日本昔噺界にほんむかしばなしかいは絶滅するからな」


 「咲子わかんな~い。でも賢ちゃん、もう全国制覇したでしょ?」


 「ああ高校時代のメモリアルファイトのことか? 友達の部屋に出現する悪霊をゴーストバストしてヘッドハンティングした」


 「そうそうそれ。賢ちゃんって、むかしっから闘いばっかり……」


 「咲子。心配か?」


 「ううん。咲子、それでもいいの。賢ちゃんが無事でさえいてくれるなら……もし賢ちゃんが傷ついたときはね……」


 「おう、なんだ言ってみろ?」


 「うん。咲子、言う。咲子はナイチンゲールの職がなくなって、その後ハローワークに通い詰め、それでもつぎの職が見つからず、生まれ故郷の片田舎に引っ越すくらい看病のいしづえになる」


 「さ、咲子、俺は感動した」


 「ううん。咲子そのものが看病になる。なんなら看病というひとつの病気になってもいいの!!」


 花咲子は、ちゃんなかに惚れすぎで戦場に旅立つ男を待つ女になった。

 奴のどこにそんな魅力が?

 心臓に爆弾でも埋め込まれてんのか?


 そして、そのスイッチをちゃんなかが隠し持ってるんだなきっと。

 そうじゃなきゃ、この状況が説明できない。


 ちゃんなか、そのうち就寝中に仕留められるかもな。

 花咲子の女スパイ疑惑はまだ晴れてねーし。


 「さ、咲子、そこまで俺のことを。咲子はもうイチンゲールじゃなくて、ルチンゲールだな」


 そんな会話をしながら、奴らはコーナーの角を曲がった。

 俺もその後を追う、って俺はなぜ奴らを尾行けてしまうのか?


 「おっ、咲子、なに潤ませてんだよ? この棚のビデオが怖いのか?」


 「えっ…ううん」


 花咲子は首を横に振った。


 「強がんなくてもいいんだって」


 「えっ、ホント? 咲子ちょと怖いの。でも観たいの」


 「この、やっぱりカワイイんだからよ~咲子。俺がいるから安心しろ。キャッチャーがホームを守るよりも守る!!」


 「け、賢ちゃん、ありがと。咲子は大丈夫だから、バックホームに気をつけてDVD選ぼう?」


 花咲子、なかなかできる野球監督になりそうだ。


 「だな」


 ちゃんなかは棚から一本のDVDを手に取ってタイトルを眺めた。


 「怖さを東京ドーム何個分で例えられても、俺らじゃドームの大きさを理解できねーんだよな? どれくらい怖いか俺の靴下で例えてほしいぜ」


 世の中の靴下にそこまで背負わせんなよ。

 なんだかんだ、俺はエージェントの仕事で奴らを張ってる感覚になった。

 また棚からつぎのDVDをとりだした二人。

 

 「じゃあこれは『ももひきの上から白タイツ』…これって恐いのか?  いや、ある意味恐えーな…」


 ちゃんなかはひとり起承転結した。


 「う~ん、それなら咲子はこっちの『白タイツの下から ラクダのももひき』がいいな」


 「……それも恐えーか。シリーズ物だな」


 どうやら、この棚のDVDは怖さ星ひとつのゾーンみたいだ。

 だが奴らの散策はどんどん進む、スピードを早めたか?


 まさか、ここでなにかの取引が?

 エージェントとしてはますます目が離せねー。


 「『火の玉 チャカマン』…ヒーローものか? これ棚、間違ってんじゃねーの?」


 ちゃんなかが、そのDVDを棚に戻す。


 「賢ちゃんじゃあこれは? 『止まったはずの心電図、電源消しても消えなくて裏ぶたを開けたら電池式、えっ?! 単三アルカリ四本格納? 電池を抜いても消えない、青いアナタが自家発電。恐怖におののく看護師はついにソーラパネルを持ちだした、集めた光で浄化しようと思ったら、逆に充電しちゃったよ。結局、消えない電源。そのとき聞えた誰も居ない部屋のすすり泣き……と思ったらアラームだった、えっ、アラームまでついてんの…?』フゥ~長いタイトル」


 花咲子は一息ついた。


 「バカ長いタイトルだな、。ホントムチャクチャすんな!! 怖さのためなら手段選ばねーんだな」


 ちゃんなかの率直な感想、同感だ。

 そしてそれを全部読む花咲子も褒めて遣わす。


 「咲子、なんつーの…これはタイトル長くしてサスペンスタッチで怖さをアピってるとこが気にいらねー。なんか怖く見せようとする会社の戦略見え見えなんだよな~」


 「えーそうかな…でもこの帯見てよ、怖そうだよ?」


 花咲子、怖いの嫌いだとか言ってたのに、より強い刺激を求めはじめた。

 これが暑い日特有のホラーマジック。


 「なんだよ……パッケージに帯までついてんのかよ?」


 不機嫌そうな表情で花咲子の手からDVDを受け取ったちゃんなか。

 その帯とは『脈打つ鼓動がドリフトを繰り返す。タイヤも心臓もバースト寸前。今宵こよいアナタの恐怖にピットイン!!』


 「きょ、恐怖にピ、ピ、ピットイン……チョー恐ぇぇぇぇぇぇぇ!! こ、今宵は早すぎますよ~せめて一日、心の準備をぉぉ!!」


 拳を握り締めたちゃんなか。

 ――早すぎますよ~。は、まるでデビュー半年で卒業を発表したアイドルにかけるような言いかただった。

 それがなぜだかちゃんなかに好奇心の火をつけた。


 「咲子、これ借りようぜ、ぜってー恐ぇぇって!! 帯がヤベー!!」


 「うん、わかった。賢ちゃんとなら咲子観れる気がする」


 DVDを小さなカゴに入れ、レジ方向に向かう二人。


 「咲子。『秋晴れ、ネタバレ、 血の雨だれ~悲鳴のさみだれ~』。これもいっとくか?」


 「はいな」


 レジ前のイチゴ大福をついで買いするようにDVD追加すんなよな。

 ちゃんなかは、その行動と同時にこっちを振り返った。


 「あっ?」


 ヤバっつ?! 見つかった。

 俺の尾行スキルもまだまだだな、これじゃあFBIのスカウトも遠いな。


 「涼介。ここまでついてくるとは」


 「いや、その」


 「さては俺の往年のファンだな?」


 「偶然だ」


 「それともムード壊し家か?」


<22話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます