第22話 怖い話 

 俺は奴らをはぐらかして、また距離をとった。

 そう、――邪魔しちゃ悪いから。と理由をつけて。

 ちゃんなかは花咲子の手前、納得せざるを得なかったようだ。


 ちょうど店員がDVDを棚に補充するために歩いてきた。

 店員はちゃんなかたちに声をかかける、俺はその隙に真逆に歩く。

 いったん撤退だ。

 これを勇気ある撤退と呼んでくれてかまわない。


 「あっ、お客さんたち棚に置いてない、恐怖系の裏DVDの裏の表の裏の裏があるんだけどどうですか?」


 なんだ、セールスレンタルで声をかけたのか。

 店員よ、結局それは表か裏か?

 ちゃんなかはジェットコースターの出口付近で撮られた写真のような表情を見せた。


 花咲子はちょっとカワイイ感じを演出する。

 俺は裏の棚の隙間からその様子を観察する。

 依然として尾行を続行中だ。


 「けど、それ観た人はみんな失踪しちゃうんですけどね」


 よく噂になる、見たら死ぬとか、行ったら二度と帰れないっつー地元の先輩の恐怖体験かよ!!

 二度と帰れないのにどうやって帰ってきたんだよ。


 「け、賢ちゃん。怖気おじけづいた感じ?」 


 「バ、バカか。俺はアマゾン川でも鼻栓なし二時間シンクロが可能なほど怖いもの知らずだぞ。親も知らないうちに親知らず生えてたし」


 水が入って――鼻いってー!!ってなることよりも水中にいる恐怖生物たちの楽園を恐れろ!!


 「あの~そのチラシがあるんですけど。これ」


 店員がちゃんなかになにやらチラシを手渡した。

 なにが書いてあるんだ?

 隙間からでも読めるほど、大々的な文字で書かれてる。


 『恐怖の瞬間最大風速が世界を巻き込むサイクロンと化す。グランドスラム級のネオホラー!!  スリル満点 !! 怖さ100点 !! 全国30店。 ぜひご覧ください!!』


 「けどなんか宣伝がSF寄りだな」


 ちゃんなかがすこし不満を覚えてる、ここで恐怖を弾き返すとはなんて強靭な心。


 「うん。咲子もそう思う。なんかスゴイ超大作を気取ってて、いかにもアカデミーノミネートされましたっぽい」


 花咲子も同意する。

 こいつら世の中の大ヒットには踊らない系か?


 「だろー?」


 「うん」


 「最後のはなぜか全国チェーンだし。全国で三十はそこまで多くないよな?」


 「賢ちゃん。きっとこのコピー書いた人、疲れてたんだよ」


 小比井雷太か、ここで小比井が絡んでくるのか。

 奴もまたこの町の住人、いや厳密には市営住宅の住人。

 俺くらいのエージェントになると小比井雷太の現住所を把握するのはワケないぜ。


 「店員さん、またの機会ってことで」


 「そうですか。じゃあ、店頭にそのDVDを観た人の感想もありますので、ぜひ持って帰って検討してみてください」


 「ちゅーす!!」


 ――ちゅーす。で返すな。



 俺はそのあと『廃車に満タン!!』と『三十人三十六脚』をレンタルしてから、ひとり寮に戻ってきた。

 『廃車に満タン!!』は廃車なのにガソリン入れちゃう系のホラーで、心理的恐怖を掻き立てる作品だ。


 『三十人三十六脚』は王道の作品、脚の数大杉おおすぎって作品。


 帰り際、店頭にあったチラシをチラ見すると、心惹かれる言葉が満載だったので一枚いただいてきた。

 あの店員がちゃんなかにオススメしてたやつの感想だ。


 結局――裏DVDの裏の表の裏の裏をつけることで、人の興味をそそるらせる戦略の作品だろう。

 チラシの内容はそのDVDを絶賛する内容で埋まってた。


 【業界騒然&世界激震の一品】


 チラシにはそのDVDを視聴した人たちの感想がある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 1、思わず、お気に入りのナイトキャップで顔を覆ってしまいました。

彼のために買ったせっかくの勝負キャップが私の恐怖の涙で台無し、でも見終わった後は私が隊員で彼が隊長になってくれてチョーハッピーでした!!


 ペンネーム:ダーリン警備隊 20代。 OL


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 勝負キャップってなに? どうやって勝敗つくの? ドローとかあんの?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 2、観たその日にまるで柔術で固められたほどの金縛かなしばりに遭いました。

 いまもその後遺症で首関節がキまってます。


 腕も腕挫十字固うでひしぎじゅうじがためされたような痺れがいまだに続いてます。

 

 この投稿を書くのにも3時間かかりました。

 それほどの作品でした。


 ペンネーム :山を荒してないのにヤマアラシ。 30代 会社員


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 リラクゼーションお祓いに行ったほうがいいぞ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 3、進学校のビリより普通高のトップそんなモノに意味はない。

  進学校のトップそんな怖さがありました。


  ペンネーム: ロン毛の一休さん 。 大学4年生


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 う~ん。高学歴!!

 さすが大学生は頭いいぜ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


有名人たちのコメント


 『この衝撃はまさにホラー界のオーストリッチ!!  by 大物俳優A』


 『眠っていた恐怖の解体新書  by 某医科大学名誉教授B』


 『私の長い人生で味わったことのない恐怖が、七十年物のウィスキーのように深い味わいで染み込んできました。 by 大物女優C』


 『この戦慄と恐怖。まさに神の<しょぎょう>無常の響きあり  by 全日本寺協会総本山住職D』


 『寒くなりたきゃコレを見ろ!!!  私の人生のマニフェスト by 大物政治家E』


 『体中の鳥肌たちが、いま羽ばたく  by ベテラン 鳩のエサまきおじさんF』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 有名人たちが大絶賛、これは今度レンタルせねば!!



 なにやら、廊下がまたまた騒がしい。


 「よし完徹で行くぞー!!」


 そう、拳を振り上げてるのは、ちゃんなかだ。


 「完徹って?」


 寮長が訊いた。


 「完全徹夜」


 四文字熟語ふうに言うなよ。


 「ああ、そういうことね。じゃあ完全徹夜でみんで怖い話をしようと……」


 「そうよ。寮長」


 百物語やる気か?

 けど、廊下には寮長とグリムと髑髏山と、ちゃんなかしないないけど。


 花咲子は帰ったのかめずらしい、そ、そうかグリムが固まるからか。

 百物語でひとりがオブジェと化すと、負担が多くなるからな~。


 「ねえねえ、グリムくん、あの話は本当なの?」


 寮長がグリムの肩を叩く。


 「なに寮長?」


 「セアカゴケグモとヒョウモンダコに刺されてもミミズ腫れくらいですんだって話?」


 「ああ、ほんとほんと。まあ、毒を以て毒を制すってやつ」


 さすが死神。

 もう人を越えたろ、それ?


 「スゲー」 


 あの、ちゃんなかでさえ驚いてる、髑髏山もはしゃいでるし。


 「芽殖孤虫がしょくこちゅうはどうよ?」


 オカルト大好き髑髏山の質問のセンスはパねーな。

 FBIの潜入捜査官でもあるけど。


 「さすがに致死率100%の寄生虫は無理だっぺよ」


 グリムでもダメなのがあるみたいだ。


 ※


 しばらく時間が経過して、髑髏山が怖い話をはじめると言う。

 なにを隠そう俺は自分の部屋の扉の隙間から、このイベントをのぞいてる。

 今回ばかりは、巻き込まれずにラッキーだ。

 

 「おっ、ビビってんのか?」


 グリムが、ちゃんなかをからかった。

 奴は怖い話が好きなのか嫌いなのかよくわからん、あるいはあのとき花咲子がいたからイキってただけかもしれない。


 「バ、バカ登山で偶然でくわした、月のマグマにもビビらなかったこの俺が」


 「それ月の輪熊わぐまな?」


 さっそく髑髏山の話がはじまった。


 「さあ、俺の町に伝わる七不思議の話をしよと思う。それよりもキミたち、こんな時間にここに集まってくるなんて暇なのかな? 今日休み?」


 ありきたりな掴みだ。


 ――プチ家出。

 

 ――体験入学!!

 

 ――ベースキャンプ。

 

 ――慰安旅行、ほかのみんなは愉快な仲間たち。


 返事がひとつ多い、なんか呼び寄せたか。

 最後のやつが怪しいな、まあ、廊下で怪談やってるんだから自業自得だわな。


 「それでは地元の七不思議を語りま~す!!」


 みんなの声援があがる。


 「まずひとつ目、年中無休なのに毎週土日と祝日と店主のおっさんの誕生日は休む個人商店。ふたつ目、漏れなく・・・・と言いながらも一名様にしか当たらない町内会の景品の温泉旅行」


 そこで髑髏山は一呼吸おく。


 「みっつ目。いつなんどきでもホットの飲み物しか出てこない百円の自動販売機。よっつ目、全部の信号が同時に青に変わる信号機」


 「おまえの生まれ故郷は遺跡か?」

 

 開いた口が塞がらない、ちゃんなか。


 「もしやまだ縦穴式住居やら貝塚やら前方後円墳があるんじゃ?」

  

 寮長もあきれてる。

 

 みんなの意見を吹き飛ばす髑髏山の勢いは止まらない。

 いや、勢いでこの微妙な空気を変えようとしてる。


 「まだまだ続くぜ。いつつ目、行くぞー!!」


 ――おー!!


 みんなもテンションの高い返事をしてガッツポーズで応えた。


 「ビンテージの二十五万円のGジャンを着る。町内会長ぉぉぉぉー!!」


 「おーしつぎだ、つぎこーい?!」


 ちゃんなかのフォローが入った。


 「で、でも町内会長のGジャンってXO醤エックスオージャンだぞ。サイズOなのにGジャンがXO醤エックスオージャン


 「話そのものが迷宮入りしてるから、つぎ行け、つぎ」


 ちゃんなかふたたびフォローする、それはきっと正しい。


 「お、おう。むっつ目ぇぇ。玄関入ってから風呂通をらないと茶の間に行けない、父ちゃん手作りの家」


 「なんだよ。ついに身内ネタかよ~しかも嘘まじり」


 グリムはすこしガッカリして肩を落とした。


 「ラスト期待してるよ髑髏山くん!!」


 寮長は期待を寄せる。


 「任せとけって!!」


 自信有り気な髑髏山、そして――ラストー!! と最後にみんなをあおる。


 ――オー!! とみんなの掛声。


 髑髏山、地元の最後の七不思議がスタート。


 「町の真ん中に架かる橋。その横五メートルに架かるもう一本の橋!!」


 「…うーん。イマイチかな…」


 見事、髑髏山に期待を裏切られた寮長。


 「微妙だな…てか、おもしろくねー」


 ちゃんなかも苦い表情をした。


 「俺的には年中無休が一番かな~」


 グリムは真顔で髑髏山を見てる。

 その表情はつまらなさそうだ。


 「えー俺は”漏れなく”かな~」


 ちゃんなかもそう言って髑髏山を見た。

 反応の薄い、みんなを見て髑髏山のプライドは傷ついたようだった。


 「ちょ、ちょっと待て。じゃあコレどうよ? 野球中継の――一部の地域を除き放送を延長します。で、テレビが入らなくなるうちの実家」


 「マジで~あれ入らなくなるんだ。はじめて聞いた」


 てかFBIの潜入捜査官なのに個人情報バラしすぎだろ。

 そもそも話すべてが、あんまり面白くなかったな。 


 「じゃ、じゃあ。PC解体後になぜか余ったネジが翌日発見される俺のPC。捜索には地元の有志も参加したんだよ」


 もはやみんな無反応だ。

 髑髏山ほんとにFBIの潜入捜査官なのか?

 俺は一抹の不安を覚えた。


 「なんか微妙な感じになっちゃたね。じゃあ僕が借りた『大雨洪水で溢れた呪いの古井戸~二度目の窒息死~』と『幽霊列車VS魔道列車 湾岸デッドヒート 』でも観ようか?」


 寮長もホラーDVD借りてたんかい!!


<23話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます