第23話 冷やし中華はじめました。

 最近は季節が進んだせいか暑い日が多い。

 俺が寮に帰ってあの蜂の巣になった玄関扉を開けるとすぐに【冷やし中華始めました。】の文字がデカデカと掲げられてた。


 それは髑髏山の部屋の入口に暖簾のれんのようにある、今回は髑髏山が巻き込まれてるのか。

 しょうがねーさ、この寮に住んだ者の宿命だ。


 しかも手書きかよ?

 マジックで【冷やし中華始めました。】って書かれてたら食べる気なくすんだよな~。

 まあ、この寮の廊下はときどき出店でみせもでるしどうってことはない。


 「へ~いラッシャーイ!! お客さん何にしやすか? 冷やし中華もしゃかりきに冷えてますぜ!!」


 ちゃんなかは自前で用意した露店の中で手薬煉てぐすねをひいてる。

 脇に置いたラジオが本物っぽさを演出してた、そのラジオからはなにかの番組が垂れ流しにされてる。


 「冷やし中華をしゃかりきに冷やしてどうすんだよ。ふつうはビールだろ」


 俺はまず、ツッコむことからはじめた。


 「まあまあお客さん。仕事でストレスたまってんね~。それじゃビルの裏手でも行ってゴミ箱の二、三箱蹴り倒してきたほうがいいよ~。スカッとするから~さ。そんときの叫び声は青春ドラマ風に――ウォォォォ!!& WOWWOWウォウウォウWOWWOWウォウウォウね。じゃないと嘘くさいから」


 それも嘘くさいな、いまの時代はドライだからさ。

 声もださずに後ろからザクっだよ、いまは。


 てか、WOWWOWウォウウォウWOWWOWウォウウォウいるか?――ウォォォォ!!の余韻にしては大袈裟すぎる。


 「おっと。ひとつ忠告。ゴミ箱倒れたからってそれでやめちゃダメよ。中身が宙に舞うくらいさらに蹴って蹴って蹴っぱぐる。もうボッコボコに蹴ったほうがイイよ。これぞリアリティ!!」


 「どうでもいいけど。突然、冷やし中華をはじめんなよ?」


 「うるせーやい。冷やし中華をはじめたかったんだよ。つーか冷えてねー中華って何だ? 答えろ涼介?」


 「あっ、それを俺に訊くのか。冷えてない中華はあつし中華だろーよ」


 「涼介。どこのアツシよ? この町内の角にある『中華喫茶 ラーメンルージュ』のひとり息子のアツシくんか?」


 「アツシくんは最近悪い連中とお付き合いしてるってお母さんが

なげいてたな――年頃の男の子は~もうヤンチャなんだから。ってアツシくん暖簾のれんを弁慶のようにグルングルン振り回してた」


 「なんかアツシくんに言わせれば――中華なのに喫茶ってどういうことよ?!ってことらしい」


 ちゃんなかも、そこそこ町の事情通だな。


 「ああそういう理由だったの。ちゃんなかよく知ってるな? 俺はてっきり単純反抗期だと思ってたがまさかの複雑反抗期だったとは」


 「俺もおかしいと思ってたんだよ。店のネーミング。それに――ラーメン屋なのにルージュとかそんな西洋風の名前つけんな?! って叫び声も以前聞こえたぜ。ってテメー話しがどんどんずれてんじゃねーかよ!」


 そのちゃんなかの言葉に、な、なぜだか俺が追い込まれてる。


 「だったら“冷たくも熱くもねー中華は何よ?”」


 また、ちゃんなかは上から目線できた。


 「それは中華だろ!! 中華!!」


 「中華の正体がわかんねーよ?! 麺までが中華なのか上のオプションまで入れてこその中華なのか?」


 「そんなの店に訊け?!」


 俺は話しを丸投げした。


 「ちゃんなか。おまえも冷やし中華はじめたんなら店ポジションだろ?」


 「えっ、あっ、あん? ええ、おおう、おう、な、な、な、なんだって」


 動揺がスゲー。


 「ちゅ、中華っつーのはなラーメンやチャーハン果ては必須アミノ酸たちの代表取締役のことだわかったか?!」


 丸め込もうとしてるな。


 「ちゃんなか。話をずらすなよ? この偽店主にせてんしゅ


 「ああ~ついに言ってしまったな。涼介にこの壮大なスペクタルロマンはわかんねーだろうな? 一国一城の主に憧れない男なんて冷やしてない中華と同じだ!!」


 「なに言ってだよ。論点ずれてんだよ」


 「むかし社会の教科書に載ってたんだよ。“家ギリカットが失敗したら冷やし中華を始めなさい“ってな!!」


 ちゃんなかは出店でみせをでて、俺に詰め寄って顔の真ん前で言ってきた。


 「おまえも適当なことばっか言ってんじゃねーぞ。教科書がそんなもん載せるかってんだ。ちびっこがマネしたらどーすんだ? お母さんに髪切られて失敗した人間はみんな冷やし中華をはじめんのか?」


 「そっちのほうが将来行列のできる冷やし中華店になる率が高けーんだよ!!」


 「家の前に行列が出来たら、近所迷惑なんだよ!!」


 こいつは勢いに乗ると謎の理論をぶつけてくるからな。

 ……ん?

 そこに寮長が無言で歩いてきた。


 しかもオ、オレンジ色のパンツを穿いてるなんの決意だいったい?

 て、てかあんな色のパンツはそうそう売ってねーぞ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 【寮長の御誓文ごせいもん


 みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 さて、ここに寮長直伝の武家諸法度ぶけしょはっとをグランドオープンたてまつりそうろう

 よって、これにて退散つかまつる。てかこれ守ってね☆


 寮長の御誓文ごせいもん


1、勝手に“冷やし中華”をはじめてはならない!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 寮長ってば口ベタなんだから。

 そこに帰ってきたグリムと髑髏山が御誓文を眺めてる。


 「あ~あ、ちゃんなか特別警戒体制とくべつけいかいたいせい発令されてる」


 「最初のぶん何が言いたんだかわかんね~な」


 グリムは寮長の貼り紙にダメだしした。


 「なんか江戸チックなのにしたかったんだけど、文法わかんなかったんだろうきっと」


 髑髏山ものっかる、併せ技だ。


 「いかがお過ごしですか?って一緒に住んでんじゃんかよ」


 二人はいまだ寮長の御誓文ごせいもんを前にああだこうだやってる。

 そこにちゃんなかが――チッ、冬になったらチャンコはじめてやる。っとと呟く。

 無言で部屋に戻ってった寮長。



 わずか数分後に寮長が戻ってきた、今度はドパープルのパンツ穿いてる。

 寮長の怒りなのか?

 そして新たな貼り紙が出現した、そこには文が追加されてる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 【寮長の御誓文ごせいもん


 みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 さて、ここに寮長直伝の武家諸法度ぶけしょはっとをグランドオープンたてまつりそうろう

 よって、これにて退散つかまつる。てかこれ守ってね☆


 寮長の御誓文ごせいもん


1、勝手に“冷やし中華”をはじめてはならない!!

2、勝手に“チャンコ”もはじめない

(注) つーか料理系、勝手にはじめるな!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ふふ、ちゃんなか、これで全方位封鎖されたな。

 露店の脇のラジオからニュースが流れてきた。


 「先日、お伝えしたチュパカブラ情報ですが、サーベルタイガーの牙の化石であるということが判明いたしました。では現地の人の話しをお聞きください」


 「いや~アレはどうみたってチュパカブラじゃ~ね~よ~。あんなデッケー牙はサーベルタイガー以外考えられねーべさ? それに化石になってんだもんよ。よく考えればわかるべさ~」


 「サ、サーベルタイガーだと、そんなもん道歩けばいつでもどこでも歩いてんだろ!!」


 ちゃんなかが思いのすべてでツッコんだ。

 サーベルは歩いてねーよ!!

 

 「ちゃんなか。おまえこそビルの裏でゴミ箱蹴ってこいよ? WOWWOWウォウウォウWOWWOWウォウウォウって言ってこいよ」


 「くぬぅぅ!!」


 「あっ『BB弾を作りだした男達の栄華と破滅』BSで五夜連続放送だからさっそく録画準備しようっと」


 髑髏山、やっぱエージェントっぽいの観るねぇ。


 「おいおい、それぜってー夜の無駄遣いだって夜を五回も使う必要なし!!」


 そう、ツッコんだグリムだったが、ケンタゴンの俺からすれば、グリムもまだまだお子様よのぅ。


 後日、わかったことだが寮長は冷やし中華の、あの酸っぱいような甘いようなしょっぱいような味が苦手だということだった。


<24話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます