第16話 恋愛イベント

 昨日は金曜日で今日は土曜日だから、ゆっくり寝ようと思ったんだ。

 なのになぜ、俺の頭の横でシャカシャカ音がするのか。


 これはまるでデッキブラシで床を擦ってるような感じ。

 そんな場所で俺は寝たか? いや、俺は確かに自分の部屋で寝た。

 

 目を開くと見慣れない風景のようだが……見慣れた光景でもある、不思議だ。

 まだシャカシャカいってる、これはなんの音だ?


 俺はじょじょに体温の変化に気づく、さ、寒っ?! 

 か、風の冷たさが、完全に布団の防御力を超えてる、殺人未遂の寒さとはこのことだ。

 布団よ、あなたの存在は偉大だ。


 それにしても、ここは……。

 見慣れない風景であり、見慣れた光景というのはどういうことか? そう、ここが寮の廊下だからだ。 

 ただ、なぜ自分の部屋で寝たてただけなのに廊下の天井が見えてるのか?


 そして、シャカシャカしてる音の正体にも気づく、やっぱデッキブラシか。

 俺が横を向いた顔の真ん前を漬物石がサーっと通りすぎてった。


 この状況を観察してみる、俺は布団ごと廊下にだされ枕元で廊カーリング・・・・・・されてるってことで間違いないだろう。

 どうやら布団の周辺も廊カーリングの道具の一種である、漬物石に見舞われてるようだ。


 だが、俺はこんなことでは驚かない、いや驚かなくなってた、それはここの寮生でもありエージェントだからだ。

 何かの人質になっても、これくらい冷静じゃないとクライアントの信用は得られないからな。

 

 「どうやって俺の部屋に?」


 俺はそう声を発した。

 

 「気にすんな」

 

 「するわ。バカが。つーか告訴も辞さない」

 

 こんなときは上の立場から言ったほうが効果的だろう。

 相手は誰かって、そうさ、いつものあいつさ。


 「辞してくれっ!! これ以上この寮の中で物議を醸していいのか? 涼介おまえの立場が悪くなるぜ?」


 ちゃんなかは自分がしたことを棚に上げて、俺を丸め込もうとしてきた。

 わざとらしい嘘だ。


 「醸すに決まってんだろうが?!」

 

  「涼介そんなニュースチックに言うなよ!! たかが管理人に鍵借りたくらいで」

 

 パフェ盛りババア、ヤツが犯人か。

 それはどうでもいいけど、誰にでも貸すんだな。

 逆に誰になら貸さないのか?


 気軽に寮生の鍵を寮生にレンタルしてんじゃねーよ。

 このご時世、そんな簡単にフランチャイズ展開できるのか?

 軽く義理の兄あにさんの影が見え隠れした。

 

 「賢ちゃん、咲子ね。パリス行きた~い」


 こいつもいるのか? いや、いて当然か。

 

 「咲子、パリスってどこだよ?」

 

 「だからパリス。ピーエーアールアイエス


 また、このバカたちは……。

 スマホをちゃんなかに披露する花咲子。


 「おう。ほんとだパリスって書いてあるな」

 

 「うん。あるよ~。咲子嘘つかないも~~~ん」


 だから”~”が多いんだって。

 

 「フランスにそんながあったんだな。俺、知らなかったぜ」

 

 「咲子も知らなかったけど昨日ね、隠れ地名・・・・見つけたの」

 

 「咲子、よくそんなの見つけたな。偉いぞ~」


 おまえらが新しい国を発見しようがしまいがどうでもいいんだよ。

 感情をデフォルメしすぎなんだよ。

 

 「ちゃんなか。まず、この状況を説明しろ?」


 俺は問う。


 「おう、その前に」


 ちゃんなかはそう言って、デッキブラシでゴシゴシ廊下を擦った。

 ……なんだよいったい?


 「よし。良い感じだ。咲子、休憩入るぞ。何飲む?」


 「咲子はボタニカル系しか飲まないよ~」

 

 花咲子、ずいぶん話がぶっ飛んだな?

 おまえの好みなどどうでもいいんだよ。


 いつものようにこのバカたちが廊下でイチャついてるだけじゃないのはよくわかった。

 俺も、ようやく布団から体を起こす。

 


 なんだかよくわからんが、寮長とグリムと髑髏山が玄関前で正座したまま、ちゃんなかの話を聞かされてる。

 いや、ほぼ説教だ、だが、なぜ、みんなここまで静かなのがわからない。


 花咲子は、魔王が座るような椅子で足を組んでる。

 どういう状況だよ。


 「俺は思った。勤労(金郎)が感謝されて休みになってんのに、俺が感謝されないわけがねー!! 銀郎が休みになるその前にまず俺が休日になる」


 はっ? ああ、勤労感謝の日のことか、おまえごときと比べんなよ。


 「涼介、とりあえず、おまえも座れ」


 「いやだ」


 「くぬぅ」


 「いいから座れ」


 「だから、やだ」


 「座んなきゃ話がつづかないだろ」


 「でも、やだ」


 「始球式で百五十キロのツーシームを投げたという伝説アイドルのサイン入りボールをやる」


 「いらねー」


 「そのアイドルが一塁に牽制してボークになったときのサインボールもつける」


 「いらねー」


  ――ほら。朝比奈くんも、僕の横に座って。


 なぜか寮長がちゃんなかに味方する、悔しいが寮長の一言には逆らえない。

 だって寮長は良い人だし、引っ越しの初日親切にしてくれたし。


 「わかった。寮長がそうい言うなら。座るよ」


 しかたなく俺もその列に並んで正座した。

 正座までする必要があるのかはわからないけど、なんとなく寮長が背筋を正して座ってるから、そうした。


 「よしよし。あなたの暮らしを見詰める中村おれからすれば、おまえらの将来が心配だ」


 そのコピーは小比井雷太こぴいらいたのか?

 てか、ちゃんなかは何の心配してんだ? 


 「俺は高校生のときはモテてモテてしょうがなかった。第二ボタンがなくなりすぎて第二ボタンキラーなどとも呼ばれたこともある。またの名をボタン供養中村」


 第二ボタンのストック何個あんだよ。


 「そこで俺は考えた。よく聞けぇぇ!! 下等生物どもがぁぁ?!」


  生物的にはオマエも同じだろうが。

  よくそこまで上からイケるな?


 「髑髏山。おまえは下等生物だ。以下同文」


 省略は許すけど、俺らをにすんな。


 「はい」


 髑髏山が素直に返事をするとは珍しい、はは~ん、何かのミッション中だな。

 なるほど、じゃあ俺も乗っかる必要があるな。


 「っとその前に僕の生い立ちから語ろうと思います」


 その生い立ちこそ略せや!!

 なんでだが静かな拍手がおこった、しゃーねー俺も叩いておこう。


 「おお、みんなありがとう。そうかそうか、そこまでして俺の人生を知りたいか」


 謎が解けたあかつきにはドタキャンしてやる。

 ちゃんなか、おまえの部屋の中で土壇場キャンプだ、突然のキャンプに恐れおののけ!!

 だが、なにかあったら壁を突き破ってくる奴だ、効き目うすかもしれない。


 「父は工事現場の”ご迷惑おかけしてます”のモデルだったために僕はその印税で何不自由なく暮らしてきました。工事すればするたびに、あの看板が立てかけられ、毎度毎度ミリオンです」


 ちゃんなかはわざとらしく両手で顔を覆った。


 「そんな生活のため、僕は少々悪い道にも入ってしまいました。危険なので良い子のみんなはマネしないでをマネするほどの悪い子です」


 ――ああ。


 なんだ?

 寮長が感化されて泣いてる。

 ちゃんなかめ寮長の良心につけ入るとは、このクズ。


 「――ごめんあそばせ。というマダムの”ごめん”を無断で遊ばせてみたり」


 ――なんで、そんな悪い道に。


 寮長の涙腺が崩壊してる。


 「ヤドカリの家を代わりに借りてやると言って、狩ってやったり」


 ――この人でなし!!


 寮長、それは正しい。


 「テレビ局にお邪魔しに行って本気で邪魔したこともあります」


 ――この極悪人。


 寮長、もっと言ってやれ!!

 ……ん? ちゃんなかの目が泳いでる。


 「おい目が泳いでるぞ。目泳ぎ世界選手権に出場するか?」


 俺は言ってやった。


 「お、お、おい。そのことについて実家に電話すんなよ。担当者不在でお答えできないからな」


 これでわかった全部、作り話だな。

 最初からわかってたけど。


 「つ、つぎは花咲子さんとの出会いを語ろう。俺はバニラが木になるか、土になるかを悩み、五ヘクタールほどハゲたのを助けてくれたのが花咲子さんでした」


 グリムよ。――わ~花咲子の過去知れて良かった~みたいに目輝かせんな!!

 

 「俺は心のカートに花咲子さんを入れたけど、すぐに購入はしませんでした。古風だろ?」


 早くレジ行けや!!

 グリム、うなずくなや!!


 「そこで俺は思ったんだ。世界はLOVE&PEACEだと。彼女のいないおまえら下等生物にも愛を知ってほしいと!!」


 そういうことか。

 だから寮長たちは彼女のいない弱みから、ここで正座させられてるのか。

 おまえだって花咲子という珍獣じゃなきゃ、そんな奇跡は起こってねーし。


 「愛のアンバサダー中村賢二がいまから出会いのイベント、愛とモンテスキューを開催する。開催と言うより、もうおこすね。勃興ぼっこうだね。参加する者は自薦推薦は問わない」


 問えよ。



 町のとある坂にきた。

 ちゃんなかがマイクを握って司会進行をしてる。


 「さあ、坂道フルーツ開始です。転がるリンゴ、オレンジ、レモンなどを拾ってください。そしてフルーツを落とした彼女の元へと盛大に掛けて行けぇぇ!! フランパンを拾った者はスタンプ一個で~す!!」


 紙袋にフランスパンとかフルーツ入れて坂道歩く人っているんだ。

 つーか、そのスタンプ貯めればどうなるんだ。


 「さあ、ご覧あれ、彼女が待ってるぞー!!」


 俺らはいっせいに坂道を凝視した、するとそこには管理人の妹が。

 くっそ!! ちゃんなか人件費を安くあげたな。


 結局ちゃんなかは、しこみスタッフを管理人の妹でカバーしたためにイベントそのものが頓挫したのだった。

 その前に妹はサルエルの義理の兄あにさんにしかなびかねーし。


 「で、では次回は中村賢二プレゼンツ。クリスマスケーキ上のサンタ争奪戦にてお会いいたしましょう~」


 無理やり締めやがったな。


<17話につづく>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます