【漢文超訳】襄陽守城録―最前線に着任したら敵軍にガチ包囲されたんだが―

作者 氷月あや

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全14話

更新

  1. 一.四月。兄貴が襄陽を守ることになった。
  2. 超訳
  3. 原文
  4. 二.十一月三日、五日。敵軍は五十万、オレらは頑張っても一万。
  5. 超訳
  6. 原文
  7. 三.十一月七日。全兵力を襄陽に集結させたら、ヤバいのもいた。
  8. 超訳(一)
  9. 超訳(二)
  10. 原文
  11. 四.十一月十一日。隣組を作って火事対策をした。
  12. 超訳
  13. 原文
  14. 五.十一月十七日。敵の大将はタコ金のお偉いさんだった。
  15. 超訳(一)
  16. 超訳(二)
  17. 原文
  18. 六.十一月十八日。兄貴は手紙で絶交宣言した。
  19. 超訳
  20. 原文

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!