某書物のある壱頁より抜粋。

作者 益田 彩人

フォロー 1話目から読む

「どれが物語で、どれが嘘だ。」妄想する、オムニバス短編集。 益田 彩人

 「~より抜粋。」といくつもの書物から抜き出し複数の人物が文章を描いた抜粋物を、
まとめたかのように展開される、疑似体験型の、オムニバス短編小説集。
ショートストーリ、断片、書、著作、詩、落書きなど様々な体を成した、様々な人々の文章作品を掲載。

 ※この作品は、作者の虚構に基づく完全なフィクションであり、登場する団体、職名、氏名その他において万が一符合するものがあっても、創作上の偶然であることをお断りしておきます。

此ゑ出版より発行。
妄想する
オムニバス短編集、創刊。

●本書についての注意書き;
 この本はある日忽然蒸発した作家の失踪現場に残されていた、手閉じの私本である。
 誰が何の為に纏めたもの何かは不明であり、そもそも巻末情報に何一つ真実がない事から、誰が一体何の為に纏めた物なのかは分かっていない。

 唯一確認されている事実は、現在本の編集者である「益田 彩人」氏の安否も生存も一切不明であるという事だけである。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

某書物のある壱頁より抜粋。

@fuganeugier
執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
残酷描写有り
タグ
体験小説 短編小説 言葉遊び 多ジャンル
総文字数
58,388文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
3人
応援コメント
0件
小説フォロー数
2

アクセス数