某書物のある壱頁より抜粋。

作者 益田 彩人