わたし、‘わたし’、“わたし”。

作者 雪星/イル

257

96人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

人工知能によって人間らしい人格を再現された少女と、脳の損傷によって人間らしい人格の欠落した少女の奇妙な対話によって紡がれる物語。

人間性とは何なのか、記憶とは何なのか。自己同一性はどうやって証明するのか。

そして様々な記憶を元に、本人の意思とは関係なく遺族によって勝手に人工知能を使って人格を再現されてしまう未来とは……。ある意味、これもディストピアかもしれません。

いろいろと考えさせられる作品でした。

★★★ Excellent!!!

――

ある日、突然の自殺をした「わたし」。その瞬間を、もう一人の「わたし」が辿っていく。
哲学的なテーマで繰り広げられるSFストーリー。読んでみると……何か不思議な感じがしたものです。
「わたし」と「わたし」の対話によって見つかる、新たな発見。それが良い事か悪い事なのか分かりませんが、とにかくもう一人の「わたし」がいないと見つかる事はなかったと思います。

こういった哲学な小説はあまり読まなかったですが、完読すると深い余韻が生んでいきます。これ程の大作は他にはないかと。
自分を見つめ直したい方には、オススメの逸品です。

★★★ Excellent!!!

――

様々な形でこの世に「生」を成す事となった「わたし」。
様々な近未来的な要素を物語に交えつつ、「わたし」=自分自身という存在を探る長い日々の中で巡り会う真実。

周りを取り囲むものはどこまでも冷たく、でも確実に暖かな炎が静かに燃える、そんな独特の世界観に一気に引き込まれる、読み応えある「サイエンス・フィクション」です。

★★★ Excellent!!!

――

もしも、自分が分裂したら。
ある日、自分がふたりになっていたら。
それはどちらも自分なのか、あるいはどちらも自分ではなくなるのか。
この哲学的な問いかけに対するひとつの答えを、SFという形にすとんと落とし込んでいます。
哲学のわからない自分でもなんとか理解できるような平易さと、豊かなストーリー性と共に。

★★★ Excellent!!!

――

SF、サイエンス・フィクションの本質とはなんだろう。

未来への希望を喚起するもの。
科学技術や理論偏重の世界に警鐘を鳴らすもの。

そして、ある科学的な思想や技術から導き出される、人間と人間社会、その文明の本質を描き出すもの。

人間という存在の本質、普遍的な真実を描くことが文学の要件なのだとすれば、これは紛れもない文学であるはずだ。


ある日、自殺したわたし。
その人格を電子的に再現した‘わたし’
そして、奇跡的に蘇生し、その代償としてあるものを喪った“わたし”。


人間が人間たる本質はどこにあるのか?

近年では、ハヤカワSFコンテスト大賞作品の「ニルヤの島」、古くはフィリップ・K・ディック「ユービック」など、現代社会の科学技術や資本主義にまみれた生活の中で、その認識をアップデートしようという試みは、SF文脈の中で繰り返し行われてきていますが、この作品は間違いなく、その最新版です。


科学技術が「社会」と結びつき、インターネットを生み出した後、21世紀にはそれが個人の意識と結びつきました。それがソーシャル・ネットワーク。

それを踏まえればこそ、この作品は、個人の意識の問題につあて、過去のSF作品が踏み込み得なかった領域にまで踏み込むことに成功しています。



なんでこんなすごい作品がしれっと転がってるんですかw
現代日本のSF文壇の最高峰レベルですよ!!

この時代に生まれ、この作品にリアルタイムで出会えたことを感謝します。

★★★ Excellent!!!

――

個人の記憶や人格を死後に再現できるようになった世界。
それは喪失感を和らげて、最終的にちゃんと死者と別れるためのステップ。
もしもこういう社会になったら、きっと他にも、この「わたし」のような秘密を抱えて終わる人がいるんだろう。

作り込まれた世界観、「わたし」の死の真相を追うストーリー。
哲学的でもあり、なるほどと唸りました。
法とは決して善ではない。

読んで、得るものがある良作です。

★★★ Excellent!!!

――

読み終えたあとの深い余韻。この衝撃は言葉にし難いけれど、少し文章にしてみよう。

人間よりも人工知能が人間らしいというのは皮肉だ。「意識」を失ったわたしと会話する「わたし」はわたしの自殺の真相を探してゆく。
いろいろなことを考えさせられた。

もしかしたら、このさらに先の未来ではいつの間にかみんないなくなって、ダイアローグAIだけが残っている。そんな情景がふと浮かんだ。

★★ Very Good!!

――

中編でババッと読めて、哲学的で、どんどん便利になっていく社会の未来の姿を暗示していて、そしてテーマがちゃんとあってそれに収束していくラスト。
「わたし」とは一体なんなのか?
哲学的ゾンビなんて言葉が浮かんだり、現代社会への警鐘もあって、読後感が良い。
しっかりした知識があるから説得力がある。
世界が思い浮かぶ。
大変素晴らしい。面白かったです!

★★★ Excellent!!!

――

読み終わって、ああ、これは自分の好きなネタだなと実感したのですが、何が良いかと言われると、すまぬ、語彙力の関係上上手く言い表すことが出来ないのだ!となってしまって今非常に苦労しています。なんていうか、新鮮なネタと自分の好きなガジェットが組み合わされている感じなんですね。
美意識というか、センスが凄い好みな部分もあるんですけれど、「センスが良い」ってそれ以外にどう言い表せば良いのよぉ〜〜〜ッ!説明が難しいんだよおおお!って感じです。

途中の「意識」の話、自分は当初救急隊員が反応を見るために使う「意識確認」レベルの話かと誤解していたのですが(意味のある言葉を発するとか、腕を顔の上に落とすと避けるとか)、読み進めているうちにああこれは「自由意志」の方に近いんだろうなと。

昆虫に意思はあるのかという話があります。彼らはただ、外部の刺激に合わせて予め用意されたプログラムによって体を反射的に動かしているわけで、何かをしようと思って動いているわけではないという話です。実際どうなっているのかに対しては解釈が分かれますが、丁度この小説で描かれている話も似たようなものかなと感じました。

わたしは関数。関数であるのなら答えは決まっているわけで、それは決定論的な世界であることを意味する。同時に途中から出てくる彼女にも自由意志というか、意識を統合する葛藤がないわけで、外から見れば人間に見えても、実は昆虫の様にただ機械的に体を動かし、答えているのかもしれない。大体オリジナル部分は結構失われているわけですしね。

そういう意味では決定論的な登場人物が多いわけで、そこには両方とも意思なんて無いのかもしれません。

なーんてことを色々と考えながら読んでたんですが、すみません。それがテーマではないですね。脱線しました。ただこういう話が好きな人はオススメです。途中あたりは続きが気になってスルスルと読めま…続きを読む

★★★ Excellent!!!

――

最後の最後まで読んで、きっちり落ちる。
完璧に計算された、完全な世界観がここにある。

'わたし'と"わたし"が失ったものは何だったのか、
その原因となった事象は何だったのか、
それらが鮮やかな筆致の中に、見事に埋め込まれている。

未来の技術と、伝統的な事象との対比も華麗だ。
「位牌」との比較など、ゾクッとくるものがあったほどだ。

詳しい所はほかのレビューや本編をじっくり読み通してもらうとして……。

この作者、タダモノではない。
文字列に対する経験値が、恐ろしく高い。
このレベルの作品には、そう簡単には出会えないと思う。

★★★ Excellent!!!

――

SNSの代わりに『バイオローグ』という新しいメディアが誕生している近未来――人は全ての情報を、経験や感情までを含めて『バイオローグ』に記録することで、その人物の人格すら再現できるようになっていた。

これは自殺をしたわたしを巡る、‘わたし’と“わたし”の物語で、お互いの対話を通じてオリジナルに近づこうとする、欠けた者同士の対話の物語。

哲学的であり、思索的であるのだが、それを複雑になり過ぎず、難しくなりすぎないように、一人の女の子の物語に落とし込んでいる。掲げらてたテーマに臆することなく最後まで読み進めてほしいと思う。そして、ラスト二話に込められら作者のSF的思考、社会への警鐘、技術やテクノロジーへの可能性に胸を震わせたり、背筋を凍らせたりしてほしい。

正直なところ、僕は震えてしばらく物語の余韻から帰って来れなかった。けっして長くはない物語の中に、新しい社会と、新しい未来の姿や形を確かに感じることができて、いつまでも物語の世界に浸っていられるような気さえした。

物語の中では素晴らしい未来や可能性だけが描かれているわけはなく、しっかりと欠点や悪意、技術やテクノロジーの恐ろしさが描かれているのだが、それでもそれが絶妙なバランスをもって――素晴らしくもなり、悪くもなる可能性を秘めた不安定な未来を描くことに成功していると思った。

最後に、夭折の作家・伊藤計劃氏の息吹と萌芽を確かに感じるのだが――この物語は計劃氏より少しだけ優しく、そして未来の可能性に満ちている!

★★★ Excellent!!!

――

この作品の特徴は、レビューされた方のレビュー文の長さに現れていると思います。
自己の存在、尊厳、そんなものを考えさせる秀作だと思います。
作者は文系の院生なんですね。読んでいて、理系の方かと思い込んでいました。でも、第5章は文系らしいですね。ダイアローグAIを取り巻く社会を詳述していて、文系出身の私は最も熱心に読みました。
ダイアローグAIの余韻を残した終わり方も、理系っぽく理屈が付いていますが、やっぱり文系のセンスだと思います。
余談ながら、この作品を読んで、宇宙戦艦ヤマト2199の古代守の記憶メモリーの仕組みはこういう事だったのかもと、喉の痞えが取れました。真田技師長の「発展しきった科学は魔法と同じかもしれない」コメントだけでは物足りなかったので、ありがとうございます。
念の為に書いておくと、ダイアローグAIのアイデアは作者オリジナルだと思います。
最後に。論文、頑張ってください。

★★ Very Good!!

――

誰かが言った。
進化の対義語は退化でなく、停滞だと。
人類の倫理は技術に合わせて進化するのか、それとも停滞を選ぶのか。

読み物としては難解で複雑だが、そのぶん哲学に富んだ非常に考えさせられる中編。
伊藤計劃の名前を上げているレビューもあったが、確かに雰囲気的に近いものを持っている。
人を選ぶ作品であることは間違いない。
しかし、読める人にとっては相当に興味深い一作なのではないだろうか。

★★★ Excellent!!!

――

記憶、人格、意識、身体。
心、魂、命、体。
ひとりの人間を形づくるパーツとネットワーク、それらのあり方。

近未来のリアリティを突き付けられる。
‛わたし’と〝わたし〞の対話が、生者と死者の尊厳のありかを炙り出していく。

SFであって、哲学。
けれども、堅苦しくなくて正直。

拡張現実と仮想現実が普遍のものとなった近未来。
けれども、秘密と死の意味は、きっと昔から不変。


素晴らしい作品に出会いました。
もっと読んでいたいくらいの、素敵な世界観でした。

★★ Very Good!!

――

一人語りが中心となり、SF的であり哲学的な内容で、さらに、わたし、‘わたし’、“わたし”、彼女、ミキを把握するのにちょっと手こずりましたが、二話目ぐらいにはハッキリと区別する事が出来ました。わたし、‘わたし’、彼女、ミキを上手に使い分けていて感服しました。途中首をひねる内容でしたが最後の最後で納得出来ました。読むなら最後まで読む事を強くオススメします。

★★★ Excellent!!!

――

なぜわたしが自殺をしたのか、 ’わたし’ は真相を “わたし” と共に追求していくという核があり、近未来を舞台に語られていきます。

一見、「ややこしそうだな」と引かないでください。
ラストで大きく溜飲が下がると共に、感嘆のため息がもれることでしょう。

わたしを模った ’わたし’ の語りはどこか儚げであり、 “わたし” よりも感情移入できる人間くささを残しております。
静かな水面をゆっくりと風が揺らし、その波紋が徐々に広がっていくさまを畔で見るような物語です。でもその波紋はきっと読み手の心にも共鳴していくと思います。

★★★ Excellent!!!

――

ダイアログによってすべてが記録され過ちが決して消えず、許されない世界。
その中に横たわる重い秘密。”わたし”の心にあったものとは?

 良作です。

お勧めできる理由としては、
・「自己」まつわるSFは数多ありますが、良くも悪くも哲学方面に傾斜してしまいがちです。
 しかし、この物語は難解な言葉を使わず、ほぼ女子高生の対話と自問自答と言う形を取って進みます。

・第1話が終わる頃にはこの二人の性格の違いが明瞭に読者に浮かび上がる仕組みになっており、このあたり、大変な構成力です。
また、物語で最重要の冒頭の牽引力は最後まで衰えません。
(ただ、若干の戸惑いを覚えた読者のかたは、作者様の近況ノートである程度の方向性を確認するのも良いでしょう)

そして明かされる謎。
一瞬感じた意外性も、読了と同時に霧散していきます。
「彼女」は許さなかったのか。許されなかったのか。
「彼女」は救ったのだろうか、救われたのだろうか。
 その答えは読者によってさまざまでしょう。
 読み返すごとに答えが変容することもあるかも知れません。

忘却だけが許しになる「ことも」ある。不滅の意識にはある意味、救いがないのかもしれない。
ゆえに最終章の語りには思わず涙しました。
私はこう思ったのです。
……彼女はこの物語に登場する誰よりも強く、人間らしい人間である、と。

★★ Very Good!!

――

 ぜひ『その先』が、読みたいです。

 死んだ脳神経細胞を再生できれば! コンピュータの記憶容量や処理速度を向上させたうえ、記憶を要約・整理して『忘れる』機能も与えられれば! そして、両者をもっと緊密にリンクさせられれば!

 アニメ『楽園追放』のように、中央頭脳の仮想世界で現実にはとても出来ないような遊びをしたり、人格を生体や機械の人工体にダウンロードして、無線バックアップを取りながら安全に現実の世界を楽しんだりできます(←仕事もしろよ!【笑】)。恒星間移住も夢ではなくなるかもしれません。

 ぜひとも、お医者さんや技術者さんに頑張っていただきましょう! でないと私のような残念人生の者は、死んでも死にきれませぬ(泣)!
実現できなきゃ、マシンがなくても化けて出てやる~っ!(←あんまり残したくない種類の人格【笑】) 

 ありうべき解決の、そのまた先の課題をも考えられるところまで来ている、という現実味のある希望の物語として読めました。

 

Good!

――

それぞれ人間として欠けてはならないものを持たない二人の人格、しかも記憶を共有した人格が登場するという、想像を絶するはずの状況をここまで説得力を持たせて語れるというのは専門的な知識や発想力にとどまらない、ただならぬ才能を感じます。驚きと尊敬を持って読みました。
専門用語や造語、技術的、理論的な話題がふんだんに盛り込まれているにも関わらず、消化不良を起こさせないのは、文章力、構成力のなせる技でしょうか。
また、全編を通してほぼ二人(ひとり?)の対話とAIの心理描写で成り立っていて、なおかつここまで読ませるというのは、やはりテーマとシナリオが知的好奇心を鷲掴みにするようなものだからでしょう。私は拡張現実やSNS、いわゆるlifeloggingの未来を想像するのが好きで、いつかこれらをテーマに作品を作りたいと思っています。なので、本作を読んで「やられた!」と思うと同時に、好みがどストライクな作品に出会えた喜びを感じています。
さて、ここまで良いことばかり書きましたが、一つだけ残念なことがあります。それは、物語の中核とも言える、わたしが自殺した理由についてです。確かに、伏線と呼べるようなものはありました。誰もが優等生になった社会という下りがあり、バイオローグについても丁寧に描かれています。しかし、それでも自殺の理由に納得がいきませんでした。これは今の世の中とは全く違った場所で、私の持つ社会通念や常識が通用しないのは分かります。だからあえて納得がいかないような理由にしたというなら、それはそれで読者の私は受け容れざるを得ないのかもしれません。しかし、ここまで精巧に練られた作品なのに、この部分が弱いがために作品全体の良さが消されてしまっているような気さえします。
わたしを自殺まで追い込んだ「事件」をもう少し重量感のある出来事にするか、あるいは、そんな些細なことで全てを壊してしまうほどの完…続きを読む

★★★ Excellent!!!

――

近未来のSF的な世界で、二人の「わたし」が読者に問いかけてくるのは、人としての本質。意識とは、幸せとは、矜恃とは、苦悩とは、死とは、そして自分らしさとは――。
透明かつ繊細なタッチで描かれる作品の世界観が、とてもよかったです。

★★ Very Good!!

――

 こんな世界死んでも住みたくないなあ、と俗っぽいことを漏らしつつ。

 よい思考実験でした。
 SFにはあまり明るくない俺であるが、「社会vs自己」というありふれたテーマを、前提を弄りながら展開していくのがSFの醍醐味のひとつなのだろうなあと思った。
 社会が幾ら自分には合わない"呪い"のようなものであるとはいえ、生きていく以上は何らかの形で融合しなければならない。大変難儀なことです。
 特によかったのは、自殺の理由が腑に落ちるものとしてきちんと機能してるところかな。ああ、まあ、そりゃあねえ……と。
 案外、これを単純な娯楽としてでなく、読みながら自分の社会へのスタンスを考え直したりする人もいるんじゃなかろうか。ともあれ自信を持って人にオススメできる小説でした。

★★★ Excellent!!!

――

物語の主軸は近未来にありえる技術。そしてその結果生まれた3人の「わたし」。どうか最後まで読んでください。その最後は決してひとごとではないから。物語は未来であっても「彼女」は現実にありえることだから。

★★★ Excellent!!!

――

SFには、想像力を開放してエキセントリックな体験をさせてくれるものと、技術的な背景に基づいて陰鬱な内省を迫られるものと、二種類ある。

この『わたし、‘わたし’、“わたし”。』は、完全に後者だ。
デカルト哲学あたりまで、「自己とは何か」と言われれば「それは自己だ」と答えれば完結したのだが、どうも1900年代前半の実存主義の敗北あたりからそうとも言い切れないことが判明する。

そして今、とうとう我々は「自己ではない自己」を創造するテクノロジーを手に入れようとしている。人工知能を巡る議論は、機械に仕事が奪われるなどという極めて低俗なレベルにとどまっているが、本質は、「自己ではない自己が、自己に問う、『自己とは何か』という問題」なのだ。

最初に「陰鬱な内省」と書いた。この極めて暗く難解で、謎に満ちたテーマを物語として成立させるのは至難の業だが、著者の、しっかり芯を持ちながらも軽妙で清潔な文体が、それを可能としている。

こういうものを書いてくれる人が現れるのを待ってました。