わたし、‘わたし’、“わたし”。

作者 雪星/イル

251

94人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

人工知能によって人間らしい人格を再現された少女と、脳の損傷によって人間らしい人格の欠落した少女の奇妙な対話によって紡がれる物語。

人間性とは何なのか、記憶とは何なのか。自己同一性はどうやって証明するのか。

そして様々な記憶を元に、本人の意思とは関係なく遺族によって勝手に人工知能を使って人格を再現されてしまう未来とは……。ある意味、これもディストピアかもしれません。

いろいろと考えさせられる作品でした。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ある日、突然の自殺をした「わたし」。その瞬間を、もう一人の「わたし」が辿っていく。
哲学的なテーマで繰り広げられるSFストーリー。読んでみると……何か不思議な感じがしたものです。
「わたし」と「わたし」の対話によって見つかる、新たな発見。それが良い事か悪い事なのか分かりませんが、とにかくもう一人の「わたし」がいないと見つかる事はなかったと思います。

こういった哲学な小説はあまり読まなかったですが、完読すると深い余韻が生んでいきます。これ程の大作は他にはないかと。
自分を見つめ直したい方には、オススメの逸品です。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

様々な形でこの世に「生」を成す事となった「わたし」。
様々な近未来的な要素を物語に交えつつ、「わたし」=自分自身という存在を探る長い日々の中で巡り会う真実。

周りを取り囲むものはどこまでも冷たく、でも確実に暖かな炎が静かに燃える、そんな独特の世界観に一気に引き込まれる、読み応えある「サイエンス・フィクション」です。

★★★ Excellent!!!

――

もしも、自分が分裂したら。
ある日、自分がふたりになっていたら。
それはどちらも自分なのか、あるいはどちらも自分ではなくなるのか。
この哲学的な問いかけに対するひとつの答えを、SFという形にすとんと落とし込んでいます。
哲学のわからない自分でもなんとか理解できるような平易さと、豊かなストーリー性と共に。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

SF、サイエンス・フィクションの本質とはなんだろう。

未来への希望を喚起するもの。
科学技術や理論偏重の世界に警鐘を鳴らすもの。

そして、ある科学的な思想や技術から導き出される、人間と人間社会、その文明の本質を描き出すもの。

人間という存在の本質、普遍的な真実を描くことが文学の要件なのだとすれば、これは紛れもない文学であるはずだ。


ある日、自殺したわたし。
その人格を電子的に再現した‘わたし’
そして、奇跡的に蘇生し、その代償としてあるものを喪った“わたし”。


人間が人間たる本質はどこにあるのか?

近年では、ハヤカワSFコンテスト大賞作品の「ニルヤの島」、古くはフィリップ・K・ディック「ユービック」など、現代社会の科学技術や資本主義にまみれた生活の中で、その認識をアップデートしようという試みは、SF文脈の中で繰り返し行われてきていますが、この作品は間違いなく、その最新版です。


科学技術が「社会」と結びつき、インターネットを生み出した後、21世紀にはそれが個人の意識と結びつきました。それがソーシャル・ネットワーク。

それを踏まえればこそ、この作品は、個人の意識の問題につあて、過去のSF作品が踏み込み得なかった領域にまで踏み込むことに成功しています。



なんでこんなすごい作品がしれっと転がってるんですかw
現代日本のSF文壇の最高峰レベルですよ!!

この時代に生まれ、この作品にリアルタイムで出会えたことを感謝します。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

個人の記憶や人格を死後に再現できるようになった世界。
それは喪失感を和らげて、最終的にちゃんと死者と別れるためのステップ。
もしもこういう社会になったら、きっと他にも、この「わたし」のような秘密を抱えて終わる人がいるんだろう。

作り込まれた世界観、「わたし」の死の真相を追うストーリー。
哲学的でもあり、なるほどと唸りました。
法とは決して善ではない。

読んで、得るものがある良作です。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

読み終えたあとの深い余韻。この衝撃は言葉にし難いけれど、少し文章にしてみよう。

人間よりも人工知能が人間らしいというのは皮肉だ。「意識」を失ったわたしと会話する「わたし」はわたしの自殺の真相を探してゆく。
いろいろなことを考えさせられた。

もしかしたら、このさらに先の未来ではいつの間にかみんないなくなって、ダイアローグAIだけが残っている。そんな情景がふと浮かんだ。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

中編でババッと読めて、哲学的で、どんどん便利になっていく社会の未来の姿を暗示していて、そしてテーマがちゃんとあってそれに収束していくラスト。
「わたし」とは一体なんなのか?
哲学的ゾンビなんて言葉が浮かんだり、現代社会への警鐘もあって、読後感が良い。
しっかりした知識があるから説得力がある。
世界が思い浮かぶ。
大変素晴らしい。面白かったです!