第36話 少ない武装を補うもの。

 「歩行、走行、跳躍、パンチにキックときちんと操作できているじゃないですか」

 「伊達に総理やっていないんだよ。それにしても武器が飛び出す両腕に両目光線に胸の波動砲だけっていうのはあまりにも少な過ぎやしないか?」

 「はあ、技術員の話ではもう少し時間と予算が欲しかったとのことです」

 「そんな弁解は罪悪だと思え」


 「そういう事情があったせいなのか作業員の間では一つのスローガンを掲げて実作業に当たっていたそうです」

 「どんな?」

 「え~と”足りないものは勇気とガッツで補うんだ!”とかいうらしいです」

 「そんな”非現実的な根性論”なんぞで補えりゃ苦労しねえよ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます