第3話  国民決戦投票。

 「こんな意見ばかりじゃ、いったいなんの為に国民の意見を聞いたのかわからないな」

 「ほんとですね」


 「早急な決断が必要とされているというのにまったく仕方ない、ここは危ないミサイルとは違うミサイルにするか。他国も大半はミサイルにしているようだし」

 「しかし、総理、それだとまた国民の意見を無視したとして、非難されてしまいますよ」

 「なら、どうしろっていうんだ?」


 「ここは国民決戦投票を行いましょう」

 「どの意見とだね」

 「巨大ロボットと美少女です。投票は前回のように持ち戻りが無いようインターネットにすれば問題無いかと思います」

 「極端過ぎだろ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます