第16話 技術員の名にかけて。

 「武器はどうなっているのかね。まさか素手で殴り合うだけってわけじゃないだろ」

 「殴り合いも想定に入れていますが、手持ちの武器として、剣、槍、斧、ハンマー、銃器が予定されています」

 「いかにも戦闘兵器っ感じだな。他には何かあるのか?」

 「内蔵兵器を搭載する予定だそうで、目からレーザー、胸には波動砲、それと両腕を飛ばせるようにするとのことです」

 「随分ぶっ飛んだ仕様だけど、ほんとにそんなことできんの?」


 「技術員の名にかけて、必ず実装してみせると豪語しているとこのことです」

 「どこぞの探偵のパクリみたいなこと言うな!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます