第29話 輸送手段。

 「それで、どうやって巨大ロボットを敵地まで運ぶんだ?」

 「専用の輸送機を使い、敵地に着いたところで降下させます。さすがに巨大ロボット自身を飛ばすには時間が足りなかったそうでして」

 「なるほど、建造したのは防衛庁の航空部隊か、あそこも中々やるじゃないか」

 「いえ、開発にはスポンサーの多大な協力があってのことだそうです」


 「スポンサーってどこの?」

 「Am○zonです。彼等に言わせれば『自分達に運べないものはない』とのことです」

 「通販レベルかよ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます