このエントリーをはてなブックマークに追加

list

参加作品数

147

参加受付期間

  • 終了

企画内容

 自称「純文学」、あるいは「文芸」などの作品を募集します。
 なろうには「文芸」という大ジャンルがあるのに、なぜカクヨムにはないのか? 純文学作品はどこへ落ち着けばいいのか。そんなルサンチマンを込めて。
 どうぞ「ジャンル:純文学」の代わりに選択してください。


以下、僕的には主にこんな作品を思い浮かべています

・作品のジャンル選択がどうもしっくりこない。「純文学」/「文芸」ジャンルがあればいいのになぁ、という作品
・タグに「純文学」や「文芸」の項目をつけている
・地の文の美しさを味わってほしい
・人間の一側面を掘り下げ、分析し、問いかけている
・意味が分かると作品の深みが増すアレゴリーや記号のてんこ盛り
・国語/現代文の教科書やテストで読解問題に使われても構わない


 もちろん、「純文学」のイメージは人それぞれだと思います。こんなものは純文学の要件じゃない、と感じる方もいると思うので、当てはまらなくても構いません。
 文字数・話数の制限なし。
 連載中/完結済の別は問いません。
 読み合い企画ではありません。
 ゆるく集まりましょう。

 類似企画も散見されますが、条件もそれぞれ異なりますし、乱立していた方が純文学界隈が元気に見えてよい気がします。
 たくさん並べて勢力をアピールしたい。したくない?


各種お問い合わせは下記ノートまでお願いします。
https://kakuyomu.jp/users/R-Maekawa/news/1177354054891439192
 

参加方法

参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「自称「純文学」の書架」を選択してください。

運営より

  • 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません
  • イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります
  • イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です

参加作品一覧

このイベントに参加している作品の更新順です。

このイベントに参加する

このイベントの参加受付は終了しました。ありがとうございました。

主催者

別名さつきとう。 文学、軍事、現代SFをガチガチの縦書き文体で書きます。 雰囲気やディテール、哲学をお楽しみください。アイデアや展開の思いつきがいい人間ではないのです。 簡単な語彙で難しい話をしたい…もっと見る

近況ノート

参加者 106